グルメ杵屋グループ[9850]の株主優待券を利用して天丼ランチタイム。同社の『どんぶりキッチン』にていただきました。 - 高配当株で配当金生活

グルメ杵屋グループ[9850]の株主優待券を利用して天丼ランチタイム。同社の『どんぶりキッチン』にていただきました。

首都圏では良く見かける天丼屋さんの『てんや』。首都圏にこれだけ出店しているんだから、当然全国どこにでもあるんだろうと思っている方も多いと思うのですが、実はこのてんやは首都圏以外にはぽつぽつとしか出店しておらず、我が家から食べにいこうとすると、電車で30分も揺られて大阪・なんばまで行かないといけないんですよね。

それはそれとして、今回は地元・関西地盤の[9850]グルメ杵屋の運営するどんぶりチェーンであるどんぶりキッチンをご紹介することにしたいと思います。このお店、500円程度で食べられるカツ丼はまあまあ美味しいと思うのですが、久しぶりに食べた500円強の天丼はどうなのでしょうか?

グルメ杵屋[9850]の株主優待(3月9月/年2回)

自社系列店舗で使える株主優待券500円券
■ 1,000株以上:20枚(10,000円相当)
※ 優待券1枚で水間鉄道乗車証(電車)、2枚で同乗車証(電車・バス)と交換可

グルメ杵屋の株主優待券

参考:グルメ杵屋[9850]の主要指標(2016年2月23日現在)

■ PER:28.65倍(予想)
■ PBR:1.59倍(実績)
■ ROE:4.2%(実績)
■ 配当利回り:1.20%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:6.5→87.0→-6.2→28.0→34.9(2016/03予想)
■ 直近5期の配当推移:0→12→12→12→12(2016/03予想)

[9850]グルメ杵屋 どんぶりキッチンで天丼をいただきます。

どんぶりキッチン 天丼

どんぶりキッチン 天丼:さて、どんぶりキッチンは金券方式のお店となっていますので、優待券を使う場合はおばちゃんにお願いして優待券+現金を支払うことになります。ファーストフードタイプのお店なので、天丼も注文してからスグに提供されますね。今回の天丼は海老が2尾に野菜が3つの組み合わせでした。味は悪くはないんですけれども、記事の冒頭で紹介した『てんやの天丼』に比べるとややイマイチかなと思います。てんやの想い出を美化しすぎの可能性もありますけどね。

どんぶりキッチン おつけもの

どんぶりキッチン おつけもの:こちらは、どんぶりキッチンで何かを頼むといつもついて来る『おつけもの』です。昔はおつけものの壷が目の前に置いてあり、取り放題となっていたのですが、いつの間にかそういうサービスは無くなってしまいました。兵庫県南東部だとそういう取り放題のサービスがあると、本当に取り放題してしまう人がいるからなのかもしれませんね。

どんぶりキッチン お味噌汁

どんぶりキッチン お味噌汁:優待券をキレイに使い切るという観点から言えば、今回は天丼だけをいただくべきだったのですが、天丼だけのランチというのも寂しいので、今回は+50円を支払ってお味噌汁を追加しています。そして、ここは[9850]グルメ杵屋グループらしい所なのですが、もう少し追加でお金を支払えばこのお味噌汁をミニうどん・ミニそばに変更することも可能なのです。お腹が空いている時は天丼とミニうどんのセットがオススメですね。

ということで、今回は[9850]グルメ杵屋の株主優待券を利用しまして、同社系列のカツ丼・天丼屋さんである『どんぶりキッチン』に行ってまいりました。神戸市内のこのお店は、向かい側が吉野家、横がすき家という非常に厳しい立地にありながらも、ランチタイムにはそれなりに人が入っているように思います。私は3社とも株主なので、それぞれが利益が出るように等しく応援していきたいですね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ