最近は煙の出ない新型タバコにも力を入れています。超ディフェンシブ高配当銘柄[PM]フィリップ・モリス・インターナショナルから配当金です。 - 高配当株で配当金生活

最近は煙の出ない新型タバコにも力を入れています。超ディフェンシブ高配当銘柄[PM]フィリップ・モリス・インターナショナルから配当金です。

先月末に日本たばこ産業[2914]が発表した『プルーム・テック』というタバコ。このタバコはなんとビックリなことに火を使わなく、煙が出ないたばこという事なんですよね。禁止されていない場所であれば、街中でたばこを吸うことは悪いことではないとは思うのですが、中にはめっちゃ嫌がる方もいらっしゃると思います。それでもこういう『煙のないたばこ』であれば、全く他の人に迷惑はかけませんよね。

さて、今回は世界最大級のたばこ会社の1つである[PM]フィリップ・モリス・インターナショナルをご紹介することにしたいと思います。ちなみに、今回の記事でご紹介するフィリップ・モリス・インターナショナル系のフィリップ・モリス・ジャパンでも去年9月から煙の出ないたばこを全国で販売しています。楽天市場でもちょくちょく取り扱いがあるようですので、興味のある方はページをチェックしてみてくださいね。

by カエレバ

さて、今回の記事でご紹介する[PM]フィリップ・モリス・インターナショナルは、アメリカ『以外』の世界各国でフィリップ・モリスなどのブランドを展開している会社です。同ブランドをアメリカで展開している[MO]アルトリアグループとは元々は一緒の会社だったのですが、今はスピンオフされて別々の会社として上場していますね。アメリカでは良くあるパターンではありますけどね。

ということで、[PM]フィリップ・モリス・インターナショナルはアメリカの会社でありながら、アメリカ以外を事業フィールドにしているので『米ドル高』であれば、米ドルベースでは業績は苦戦ということになってしまいます。こればかりは仕方ないと思うのですが、それでもたばこの需要自体はそう変わらないと思いますので、長い目で見守っていきたい所ですね。

フィリップモリス株価チャート
※ 上記株価チャートはグーグルファイナンスから引用

[PM]フィリップ・モリス・インターナショナル 過去1年間のチャート:[PM]フィリップ・モリス・インターナショナルの過去1年間の株価推移を見ておきたいと思います。業績は手堅い同社ではありますが、しかしながら米ドル高などの影響を受ける形で前年度比でヨコヨコ〜微減程度の推移が続いています。それでも、その業績の安定さが評価されてなのか、その株価は2016年2月18日を起点とする過去1年間で10%強の上昇ということになっていますね。

[PM]フィリップ・モリスから配当金をいただきました。

PM フィリップモリス 配当金

さて、今回は[PM]フィリップ・モリス・インターナショナルから1株あたり1.02$の配当金をいただきました。保有株数は59株でありまして、現地での源泉徴収税、国内での源泉徴収税を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は50.95$ということになりました。この記事を書いている段階での為替レートを掛け合わせますと、実際に受け取った配当金の金額は5,763円ということになります。

[PM]フィリップ・モリスの主要指標(2016年2月19日現在)

■ PER:20.7倍
■ PBR:----倍
■ ROE:----%(参考:ROAは約20%)
■ 配当利回り:4.46%(実績)
■ 直近5期のEPS推移:4.85→5.17→5.26→4.76→4.42(2015/12実績)
■ 直近5期の配当推移:2.82→3.24→3.58→3.88→4.08(2015/12実績)

では、最後に[PM]フィリップ・モリス・インターナショナルの主要な指標をチェックしておくことにしたいと思います。同社は昔から自己資本が小さいことでおなじみでありまして、2014年12月期でもその期末の残高はマイナスとなってしまっています。そのため、PBRとROEは算出なしということになっていますね。

国内株では購入する時の基準を『自己資本50%以上』としている保守的な私ですが、米国株についてはそこまで気にしないようにしています。米国株は資本調達コストよりも利益率が高い会社が多く、それを前提にするのであれば自己資本は小さければ小さい方が理論上は良い訳ですからね。業績が揺れ動く会社であれば心配ですが、同社のような手堅いタバコ系であれば問題ないでしょう。

米国個別株の購入には、マネックス証券が個人的にオススメです。

資産運用始めるなら!マネックス証券」
■ 他大手ネット証券より安い手数料
■ 特定口座対応で確定申告の煩わしさなし
■ 私も外国株・外国債券取引で愛用中


この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ