液卵の販売で国内2位。『たまごギフト券』の株主優待券も面白い[2924]イフジ産業から中間配当金と株主優待です。 - 高配当株で配当金生活

液卵の販売で国内2位。『たまごギフト券』の株主優待券も面白い[2924]イフジ産業から中間配当金と株主優待です。

基本的にはその業績が景気の波の影響を受けにくいとされている『ディフェンシブ銘柄』に好んで投資する傾向のある私。今回の記事でご紹介する[2924]イフジ産業も個人的にはそんな『ディフェンシブ銘柄』の1つであると私自身は考えています。

イフジ産業 中間報告書

[2924]イフジ産業 中間報告書:さて、今回はそんな[2924]イフジ産業から同社の中間報告書、中間配当金、株主優待券の3点セットをいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。[2924]イフジ産業は、読者の皆様もほとんどの方が毎日食べているのではないかと思われる『タマゴ』をメインとしている会社なのでして、同社の優待もそのたまご関係の商品ということになりますね。

[2924]イフジ産業の株主優待(3月/9月 年2回)

たまごギフト券(100円)
■ 100株以上:3枚
■ 1,000株以上:12枚

イフジ産業 たまごギフト券 2015年9月権利確定分

[2924]イフジ産業 たまごギフト券 2015年9月権利確定分:さて、私は[2924]イフジ産業の株式を500株保有しておりますので、今回は同社から300円分のたまごギフト券をいただいています。厳密に考えると、今保有している500株は個人と法人に散らばらせた方がお得ということになりますね。そのことに今更気付きましたので、この記事を書いた後、法人300株+個人200株と保有株を分散させました。

たまごギフト券 利用出来るお店

[2924]イフジ産業 たまごギフト券 利用出来るお店:普段の生活で『たまごギフト券』など見たことがないという方も多いと思うのですが、実はこの券は以外にあちこちのスーパーマーケットで取扱いがあるんですよね。私の済んでいる関西地区で扱いのあるのは上記のチェーンたちとなっています。私の使うスーパーのうち、いくつかもこの中に入っていますね。

イフジ産業 鶏卵高が逆風です

[2924]イフジ産業 鶏卵高が逆風です:一般的には『たまごは物価の優等生』とよく言われると思うんですけれども、実は最近は鶏卵の値段があがっておりまして、[2924]イフジ産業の仕入れ価格に影響しているんだそうです。それをキチンと価格に転嫁すれば、上記のように増収減益ということもないんでしょうけれども、実際はなかなか価格に転嫁するのは難しいということなのかもしれませんね。

[2924]イフジ産業から配当金です。

イフジ産業 中間期配当金

[2924]イフジ産業 中間期配当金:さて、今回は[2924]イフジ産業から1株あたり7円の配当金をいただきました。保有株数は500株でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は2,964円ということになりました。

イフジ産業[2924]の主要指標(2016年2月16日現在)

■ PER:10.79倍(予想)
■ PBR:1.00倍(実績)
■ ROE:9.8%(実績)
■ 配当利回り:2.38%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:52.0→63.9→28.3→46.6→46.7(2016/03予想)
■ 直近5期の配当推移:14.7→16.7→16→11→12(2015/03予想)

では、最後に[2924]イフジ産業の主要な指標をご紹介しておきたいと思います。同社の業績は特に売上高ベースでは増益基調にありますので、悪くはない数字であると思うんですけれども、それでも一時期に比べると業績は減速しておりまして、それに応じてきっちりと減配がなされてしまいました。昔は高配当株式だと思って購入したのに、今となってはそこそこの配当+優待株式ということになってしまいましたね。

最近は、業績の減速が影響してか株価はかなりイマイチな推移となってしまっています。それでも、同社の『液卵』を中心とするビジネスは基本的には手堅いと思っておりまして、株価が下がって高配当株式に再突入する場面がありましたら、きちんと買い増しをするように努力していきたいと思っています。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ