最近の投資口価格の下落で分配利回りはついに6.5%の世界へ。[PFF]米国優先株式ETFから分配金をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

最近の投資口価格の下落で分配利回りはついに6.5%の世界へ。[PFF]米国優先株式ETFから分配金をいただきました。

日銀の『マイナス金利』導入をきっかけに大荒れとなってしまっている国内の金融機関の株価。上がったり下がったりと非常に激しい値動きをしているので、銀行株を大量に保有しているという方は気が気でないという方もいらっしゃるのではないかと思います。

金融株の長期の株価推移を見てみると、他の業種と比べてリーマンショック前後以降の値動きがかなりイマイチであることが分かると思うんですよね。そう思うと、逆張り大好きの私としてはどうしても買いたくなってしまうのですが、今保有している4銘柄【みずほ・三井住友・日本郵政・HSBC(イギリス・香港)】以外には手を出さないようにしておきたいと思います。

そうなると、今回の記事でご紹介する[PFF]iシェアーズ米国優先株式ETFは、一見そういった『金融株』の話題とは関係ないように見えてしまうのですが、実はこの『優先株式』という種類の株式を発行しているのは『金融株』が大部分をしめているんですよね。こういうややこしい種類の株式を率先して発行するのは、この系統の会社が多いということなんですね。

優先株式(ゆうせんかぶしき)とは、利益もしくは利息の配当または残余財産の分配およびそれらの両方を、他の種類の株式よりも優先的に受け取ることができる地位が与えられた株式である(会社法108条1項1・2号)。※ Wikipediaから引用

さて、今回の記事でご紹介する[PFF]米国優先株式ETFは、上記の説明で分かるように『配当・残余財産の分配』などを他の株主に優先して受け取る権利のある株式のことを言います。普通の投資家が一般的に購入するのはこのうち『配当に優先権』があるものと考えてよいでしょう。

優先株の一例
※ 上記の画像はエイチ・エス証券のウェブサイトから引用

優先株式の一例:一般的に優先株式は『債券に近いもの』とされることが多いのですが、それは上でご紹介している『エイチエス証券』で販売中の優先株の一例を見ると分かるのではないかと思います。優先株式においては、一般的には事前に『利回りが確定』しているものが多いんですよね。上記の債券の場合は、2024年10月までは6.1%の配当が支払われることになっているようです。オーバーパーでの販売なので、実際は5%台の利回りになってしまいますけどね。

PFF 過去10年間の株価
※ 上記のチャートはグーグファイナンスから引用

[PFF]米国優先株式ETF 過去1ヶ月の株価チャート:上記のような性格を持っているので、あくまで米ドル建てでは普段の[PFF]米国優先株式ETFの値動きはまったりとした傾向にあります。ただ、直近のドイツ銀行の事例のように金融関係でちょっと大きめのニュースがあると、[PFF]米国優先株式ETFの投資口価格は一時的に崩れることもあるんですよね。基本的にはそういう時は買い時ではあるのですが、リーマンショックの時のようにビックリするほど崩れることもあるので、どこで買うかは難しい所ですよね。

[PFF]米国優先株式ETFから分配金をいただきました。

さて、今回は[PFF]米国優先株式ETFから1株あたり0.174528$の分配金をいただきました。保有株数は1,373株でありまして、各種税金を差し引きしますと実際に受け取った分配金の金額は182.94$でした。この記事を書いている段階での為替レートを掛け合わせますと、21,001円を受け取った事になります。

元々、高分配で知られている[PFF]米国優先株式ETFですが、直近の投資口価格がやや下落している影響でその分配利回りは2016年2月中旬時点で6.5%程度まで上昇しています。これからも長期に渡って安全とは言い切れないのですが、ドーンと下がる場面がありましたら、勇気を持って買い増しできるようにしたいですね。

米国個別株式デビューには、マネックス証券が個人的にオススメです。

資産運用始めるなら!マネックス証券
■ 他大手ネット証券より安い手数料
■ 特定口座対応で確定申告の煩わしさなし
■ 私も外国株・外国債券取引で愛用中


この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ