モスフードサービス[8153]から中間報告書と中間配当金。軽食付きで魅力的な『IR説明会』の案内もいただいています。 - 高配当株で配当金生活

モスフードサービス[8153]から中間報告書と中間配当金。軽食付きで魅力的な『IR説明会』の案内もいただいています。

個人的にはハンバーガーチェーンの中で一番のお気に入りでありまして、長年個人100株+法人100株の計200株の株主として応援してきた[8153]モスフードサービス。私は今でも同社の事が好きだという事には変わりはないんですけれども、それでも最近の同社の業績推移に比べて株価が堅調に推移しすぎていると思いますので、先日のリバランスで保有株数を100株に初めて減らしました。

モスフードサービス モスの株主通信

[8153]モスフードサービス モスの株主通信:さて、今回はそんな[8153]モスフードサービスから同社の第44期中間報告書にあたるモスの株主通信と中間配当金をいただいていますので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。同社の株主優待券については、この郵便に先行していただいていますので、そちらに興味があるという方は下の記事でご紹介している過去記事をご参照いただければと思います。

モスフードサービス[8153]の株主優待 (3月9月/年2回)

「株主ご優待券」(500円券)
■ 100株以上:2枚(1,000円)
■ 500株以上:10枚(5,000円)
■ 1,000株以上:20枚(10,000円)

■ >>> ヤフオクでも大人気の[8153]モスフードの株主優待券の相場チェックはこちら
■ >>> 株主優待ゲットにはまずは口座の開設から。私が利用している口座を紹介しています。

8153 モスフードサービス 株主優待券

株主向けIR説明会

[8153]モスフードサービス 株主向けIR説明会:さて、[8153]モスフードサービスの恒例のイベントと言えば株主向けの『IR説明会』です。同社は業績はともかくとして、IR関係のイベントは積極的に行ってくれる傾向にありまして、その観点からは好感が持てる会社であると言えるのではないかと思います。私は2014年10月に大阪で開催されたイベントに参加しておりますので、その内容が気になるという方は下記の記事も合わせてご覧ください。

モスフードサービス モスのネット注文

[8153]モスフードサービス モスのネット注文:[8153]モスフードサービスのお店で最近サービスが開始したサービスが『モスのネット注文』ですね。普段、ほとんどの場合で1人でモスバーガーのお店に行っている私は、1人分だけネット注文するというのもどうか?と思いまして、このサービスの存在は知ってはいるものの、今までに利用した事がありません。家族皆でモスバーガーを食べると決まっている日であれば、役に立つサービスなのかもしれませんね。

モスフードサービス 海外8カ国・地域に展開中

[8153]モスフードサービス 海外8カ国・地域に展開中:台湾旅行に行くとビックリするくらいの頻度で見かける[8153]モスフードサービスのお店。上記では、海外の展開店舗数が紹介されているのですが、やはり台湾への出店が240店舗と圧倒的な規模でした。上記の写真を見ると台湾で『モスライスバーガーお好み焼き』、シンガポールで『モスライスバーガー鰻』というメニューを販売していたようですね。『ご飯にお好み焼き』なんてメニューを考えたのは、間違いなく関西人なのでしょう。

[8153]モスフードサービスから中間配当金です。

8153 モスフードサービス 配当金

さて、今回は[8153]モスフードサービスから1株あたり11円の配当金をいただきました。保有株数は個人で100株、法人で100株でありまして、それぞれの源泉徴収税を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は1,807円ということになりました。

モスフードサービス[8153]の主要指標(2016年2月5日現在)

■ PER:74.71倍(予想)
■ PBR:2.35倍(実績)
■ ROE:1.6%(実績)
■ 配当利回り:0.67%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:59.1→49.3→56.6→21.8→43.7(2016/03予想)
■ 直近5期の配当推移:20→20→22→22→22(2016/03予想)

では、最後に[8153]モスフードサービスの主要な指標をチェックしておくことにしたいと思います。同社の今期・2016年3月期の業績は、前期比で言うとかなり盛り返して来てはいるのですが、それでも前期のスタートラインが低いため、PERなどの主要な指標で言うとかなり割高であると言わざるを得ません。

それならば、株主優待制度が魅力的かというとその優待利回りは年1%を切ってしまっておりまして、配当+優待の利回りを算出しても1%台中盤でしかないんですよね。その一方で、最近の株価はかなり好調に推移していましたので、記事の最初で述べた通り保有株数を一旦100株に減らしています。いずれ、株価が軟調になればまた買い戻す予定ではあるんですけどね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ