中国株などの大コケで投資口価格はかなり軟調に推移しています。[1582]iシェアーズ・エマージング株ETFから分配金をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

中国株などの大コケで投資口価格はかなり軟調に推移しています。[1582]iシェアーズ・エマージング株ETFから分配金をいただきました。

配当金生活のポートフォリオの保有銘柄を調整する時に常に心がけているのが『逆張り精神を大切にすること』です。つまりは、株式が下がっている時は勇気を持って買う、そして株式の中でも『とりわけ下がっているものを買う』というのが私の基本的な方針なのですが、時には落ちるナイフを掴んでしまう事もある訳なので、いつもいつもうまくいくとは限らないのが難ですよね。

さて、今回はそんな『落ちるナイフ』でもあるように思える『新興国株式』に投資する商品である[1582]iシェアーズ・エマージング株ETFから分配金をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。

この銘柄は、取り立てて高配当という訳でもありませんので、本来であれば投資対象外ということになるのですが、かといって配当金生活のポートフォリオの中で新興国株式への投資が0というのも寂しいですので、気持ち程度だけポートフォリオに組み入れているものになります。

iシェアーズ・エマージング株ETF 保有国別資産構成
※ 上記の画像はiシェアーズの公式サイトから引用

[1582]iシェアーズ・エマージング株ETF 保有国別資産構成:さて、[1582]iシェアーズ・エマージング株ETFの投資する『エマージング株』とは具体的にはどこの国の事をさすのか見ておきたいと思います。上記の画像によると、中国・韓国・台湾が上位3カ国となっておりまして、この3カ国への投資比率は5割を超えています。これは好き嫌い分かれる所だと思いますね。私は中期的には中国・台湾については成長すると思っていますので、目の前の株価が下がっていても我慢する事にしたいと思っています。

[1582]iシェアーズ・エマージング株ETFから分配金です。

1582 分配金

さて、今回は[1582]iシェアーズ・エマージング株ETFから1口あたり56円の分配金をいただきました。保有口数は83口でありまして、法人での源泉徴収税を差し引きしますと、実際に受け取った分配金の金額は4,358円ということになりました。

今回の分配金計算書を見て気付いたのですが、米国ETFの国内上場銘柄の場合、アメリカで10%の源泉徴収がなされているのは米国でETFを買った時と同じなのですが、国内の源泉徴収税を合わせて15.315%になるように調整が行われているようなんですよね。

米国市場で同じETFを買った時は、アメリカ・日本別々に源泉徴収がなされ、最後に確定申告で精算ということになりますので税金の計算が多少面倒になるのです。私の場合は、どちらにしろ税理士さんにお願いしているので手間は同じなんですけれども、この事を思うと一般の方は米国・日本と重複上場しているETFを買う時は米国ではなく日本で購入した方が良いのかもしれませんね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ