ハワイに移住はできなくても、ハワイの高配当銘柄に投資して移住気分!? [HE]ハワイアン・エレクトリックから配当金です。 - 高配当株で配当金生活

ハワイに移住はできなくても、ハワイの高配当銘柄に投資して移住気分!? [HE]ハワイアン・エレクトリックから配当金です。

個人的にはいつかは移住してみたいと思っている『ハワイ』。当ブログのご覧の読者の皆様の中にも、同じ意見をお持ちだという方はたまにいらっしゃるのではないかと思います。投資雑誌やクレジットカードの会社の機関誌などを見ていると、ちょくちょく『ハワイの不動産』の勧誘の広告が掲載されているのですが、関西エリアの不動産相場に慣れた私からするとビックリするほど高く、私くらいの資産額であればまだまだ『ハワイ移住』は遠い夢だと言わざるを得ません。旅行なら年に1回は行けるんですけどね。

さて、今回は米国株に強い資産運用始めるなら!マネックス証券」でも購入する事ができる、ハワイ州の電力会社[HE]ハワイアン・エレクトリック・インダストリーズから配当金をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。

実際に、ハワイに移住することはできなくてもこの[HE]ハワイアン・エレクトリック・インダストリーズなら、1株から投資することが出来る訳ですので、簡単に株主になる事が可能ですよね。国内のネット証券で購入した場合は、株主総会などに出られる訳ではないので『株主総会ついでにハワイ旅行』という訳には行かないのですが、この株を保有する事で少しは『ハワイ気分』を味わえるのではないかと思います。

ハワイアン・エレクトリック・インダストリーズ
※ 上記画像は[HE]のトップページから引用

[HE]ハワイアン・エレクトリック・インダストリーズのトップページ:実は、将来的には米国電力株大手の[NEE]ネクステラ・エナジーに吸収合併されると言われている[HE]ハワイアン・エレクトリック・インダストリーズ。既に発表されてから1年以上も経つのに、未だに同社の株式が上場廃止にならないようなんですよね。

疑問に思って、海外のページを検索してみるとどうも『この合併は実行されないのではないか』という懸念もあるようなのです。海外のあるブログ記事によると[NEE]ネクステラ・エナジーには他に優先すべきディールが2つあり、さらに大手銀行のウエルスファーゴによると、実際に合併がなされる可能性は50%くらいではないかという記述もありました。私は[HE]ハワイアン・エレクトリック・インダストリーズはそのままで上場し続ける事を期待したいので、個人的にはこの合併は流れてほしい所ですね。

株価チャート
※ 上記株価チャートはグーグルファイナンスのウェブサイトから引用

[HE]ハワイアン・エレクトリック・インダストリーズの過去5年間株価推移:2014年末に[NEE]ネクステラ・エナジーとの合併のニュースが報じられてドカンと跳ね上がった[HE]ハワイアン・エレクトリック・インダストリーズの株価は、昨年1年かけてジリジリと下がっていきまして、現在は合併の発表前の水準まで戻って来てしまっています。今後も基本的にはまったり推移が続くとは思うのですが、合併の進展状況によっては大変動の可能性も0ではないでしょうね。

[HE]ハワイアン・エレクトリック・インダストリーズから配当金です。

HE ハワイアン・エレクトリック・インダストリーズ 配当金

さて、今回は[HE]ハワイアン・エレクトリック・インダストリーズから1株あたり0.31$の配当金をいただきました。保有株数は230株でありまして、法人での源泉徴収税などを差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は54.46$でした。この記事を書いている段階での為替レートを掛け合わせますと、6,383円を受け取った事になります。

[HE]Hawaiian Electric Industriesの主要指標(2016年1月18日現在)

■ PER:19.6倍
■ PBR:1.6倍
■ ROE:9.57%
■ 配当利回り:4.43%(実績)
■ 直近5期のEPS推移:1.21→1.44→1.42→1.62→1.64(2014/12実績)
■ 直近5期の配当推移:1.24→1.24→1.24→1.24→1.24(2014/12実績)

では、最後に[HE]Hawaiian Electric Industriesの主要な指標をチェックしておく事にしたいと思います。長年のまったりとした業績推移に、1株=1.24$の鉄板の配当水準が魅力的な同社。今回の合併が流れ、さらにいずれ配当利回りが5%程度に達する場面がありましたら、ハワイに移住するかの如き心持ちでドーンと買い増しを行いたいと思っています。ドーンといっても1銘柄に投資するのは最大で200万円分程度までですけどね。

米国個別株式デビューには、マネックス証券が個人的にオススメです。

資産運用始めるなら!マネックス証券」
■ 他大手ネット証券より安い手数料
■ 特定口座対応で確定申告の煩わしさなし
■ 私も外国株・外国債券取引で愛用中


この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ