1/15(金)15:00まで抽選の申込を受付中。1年・1.42%の高利率が魅力的の債券『SBI債』に限度額いっぱい申し込みしました。 - 高配当株で配当金生活

1/15(金)15:00まで抽選の申込を受付中。1年・1.42%の高利率が魅力的の債券『SBI債』に限度額いっぱい申し込みしました。

今年に入ってから、毎日毎日下がり続けていた国内株式も一旦は小康状態となっていますね。短期的に株価がドカンと下げてしまうのは、これくらいの幅であれば年に1回以上は見かける定番行事だと思うんですけれども、それでも精神的には辛いという方は少なくないのではないかと思います。

そういう方には、元本を毀損してしまう可能性が小さいと思われる『国内債券』がオススメですね。国内債券の中で一番ベタな投資商品といえば個人向け国債ということになりますけれども、個人向け国債は今月2016年1月の発行分で10年・変動のものであっても0.17%の利率でしかなく、いくら手堅いと言ってもさすがに利率が低すぎるだろうという方も多いのではないかと思います。

SBI債

第33回SBI債 受付中:個人向け国債ではちょっと物足りないという方にご紹介したいのが、今日からSBI証券のウェブサイトにて抽選申込が開始されたSBI債です。この債券の発行体であるSBIホールディングス株式会社はR&Iの格付がBBBということですし、個人向け国債の発行体である国に比べると信用に欠けてしまうという事は致し方ないのですが、その分利率などの条件は魅力的になっていますね。

第33回SBI債 主要な条件まとめ

■ 正式名称:SBIホールディングス株式会社2017/1/26満期1.42%円建社債(第33回SBI債)
■ 発行体:SBIホールディングス株式会社
■ 期間:約1年
■ 格付:BBB(R&I)
■ 利率:年1.42%(税引前)
■ 申込単位:額面10万円以上、10万円単位

今回販売される第33回SBI債は、その利率が1.42%となっています。一見、最近発行されたものよりも利率が低めになっているように思えるのですが、実は今回の債券は期間が1年と普段よりも短めになっているんですよね。この債券に対する意見は色々あると思うのですが、個人的にはこれくらいの条件であれば、ドーンと買ってみても良いのではないかと思っています。

第33回SBI債 申込します

第33回SBI債 申込します:ということで、SBI証券のウェブサイト上で早速申込をしてみることにしたいと思います。ただ、この債券はあまりにも希望者が多い為かいつもいつも抽選での販売となってしまっているんですよね。この抽選をくぐり抜けるのが実際は非常に困難でありまして、私はこの債券が抽選販売になってからまだ1回しかゲットしていないのです。

第33回SBI債 240万円分申込ました

第33回SBI債 240万円分申込ました:さて、第33回SBI債の申込は1人1,000万円までとなっていますので、ここは一気に1,000万円分申込しておくべきだとは思うのですが、最近私のサブバンクのジャパンネット銀行に残高が入っておらず、SBI証券に即時入金できるお金が200万円台しかなかったんですよね。

つまり、今回のSBI債を1,000万円申込するには、メインバンクの三井住友銀行まで寒いなか足を運んで、ジャパンネット銀行の口座の残高を増やす必要があるのです。『専業投資家ならそれくらいやれよ!』とツッコミされそうですけれども、私は寒いのが苦手なので、今回はおとなしく240万円分だけ申込しておくことにしたいと思います。

個人向け社債は、以下の2証券会社が個人的にオススメです。

SBI証券
■ 『SBIホールディングス社債』の魅力的な利率
■ ただし、抽選が行われるため買えるとは限りません
■ 募集回数は比較的多め。口座は準備してチャンスを伺いたいですね


資産運用始めるなら!マネックス証券
■ 今の所抽選がなく申し込めば買える『マネックス債』
■ 前回の期間5年で1.5%という利率はまあまあの好条件!?
■ 発行回数が少なめ。前回の発行は2013年12月でした

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ