世界の不動産に投資する[RWX]SPDR® ダウ・ジョーンズ・インターナショナル・リアル・エステートETFから分配金。ついに過去5年間の株価推移がマイナスに。 - 高配当株で配当金生活

世界の不動産に投資する[RWX]SPDR® ダウ・ジョーンズ・インターナショナル・リアル・エステートETFから分配金。ついに過去5年間の株価推移がマイナスに。

国内の投資信託市場でも一世を風靡しましたので、読者の皆様の中でも保有している方が多いと思われる『海外のリート』。私は普段から述べているように『不動産好き』ですので、当然ながら海外のリートもポートフォリオに加えています。

さて、海外のリートに投資する時、その対象国をどこにするかで迷う方が多いと思います。個人的には海外リートに投資する時はアメリカ1本でも悪くはないのかなと思うのですが、実際はアメリカは保有比率を全体の半分までに抑える事にしています。この選択が吉と出るか凶と出るかは長い時間が経ってみないと分からない事ですけどね。

さて、今回の記事でご紹介する銘柄は[RWX]SPDR® ダウ・ジョーンズ・インターナショナル・リアル・エステートETF(長いので以降[RWX]ダウ国際不動産ETFと記します)です。

ダウ・ジョーンズ・グローバル(除く米国)セレクト・リアル・エステート・セキュリティーズ指数の価格と利回りに、経費控除前で、連動する投資成果を上げることを目標とします。(SPDR公式ウェブサイトから引用)

[RWX]ダウ国際不動産ETFは、上記にあるようにアメリカを除く『不動産関連の指数』に連動するように組成されているETFです。この銘柄は、ポートフォリオ上では『海外リート』として投資しているんですけれども、実際はリートばかりが含まれている訳ではないようでして、それ以外に『不動産開発系の会社』が3割台含まれています。国内で言うと[8801]三井不動産のような会社がそれにあたりますね。

RWX 業種別構成比率
※ 上記画像は[RWX]ダウ国際不動産ETFの公式ウェブサイトから引用

[RWX]ダウ国際不動産ETF 主要組入銘柄:さて、ここで[RWX]ダウ国際不動産ETFの主要組入銘柄を見ておく事にしたいと思います。上記の表を見ると、2番目にMitsui Fudosan Co. Ltd.とあるのが分かると思います。これは、つまりは[8801]三井不動産の事なんですよね。国内で泣く子も黙る大手である同社ですが、世界的に見てもこういうETFの上位に組み込まれるべき規模の会社という事なんですね。

RWX 株価チャート
※ 上記株価チャートはグーグルファイナンスのウェブサイトから引用

[RWX]ダウ国際不動産ETF 過去5年間の値動き:続いて[RWX]ダウ国際不動産ETFの過去5年間のチャートを見ておきましょう。最近の世界的な株価の下落の影響を受ける形で、[RWX]ダウ国際不動産ETFの投資口価格も下落しておりまして、2016年1月8日を起点とする過去5年間の価格推移はついにー5%程度と赤字圏内にまで下落してしまいました。

これは、直近の世界の不動産系の株価推移がイマイチという理由も1つにあるでしょうし、また最近は米ドル高が進んでいる事から、米ドルベースで『アメリカ以外の資産』の価格を見た時に伸び悩むという理由もあるんでしょうね。逆に考えると、今が相対的に買い場であると言えるのかもしれませんね。

[RWX]ダウ国際不動産ETFから分配金です。

RWX 分配金

さて、今回は[RWX]ダウ国際不動産ETFから1口あたり0.240474$分の分配金をいただきました。保有口数は339口でありまして、個人での源泉徴収税などを差し引いて、実際に受け取った分配金の金額は62.21$という事になりました。この記事を書いている段階での為替レートを掛け合わせますと、実際に受け取った配当金の金額は7,291円です。

[RWX]ダウ国際不動産ETFの過去1年間の分配利回りは2016年1月中旬現在で4%前後となっています。この銘柄を『リート』と見るのであれば物足りない水準かもしれませんが、それほど高配当とはいえない『不動産関連銘柄』も含まれている事から、分配利回りは妥当な所なのかなと思いますね。PBRに注目しても投資銘柄全体で1倍前後と適度な水準である事から、ここから1〜2割ほど下がる事があれば、果敢に買い向かっていきたいですね。

米国ETFの購入には、以下の2証券会社が個人的にオススメです。

資産運用始めるなら!マネックス証券」
■ 他大手ネット証券より安い手数料
■ 特定口座対応で確定申告の煩わしさなし
■ 私も外国株・外国債券取引で愛用中


この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ