ついに個人向け国債の利金も雀の涙ほどに!? 野村證券で投資している20,000,000円分の個人向け国債の利金をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

ついに個人向け国債の利金も雀の涙ほどに!? 野村證券で投資している20,000,000円分の個人向け国債の利金をいただきました。

2016年に入って、世界的に株式・リートなどが波乱の展開となってしまっておりまして、どうしてもこういう時は『個人向け国債』などのほぼ元本保証の商品に逃げたくなってしまうものですよね。

ただ、投資においては基本的に『みんなの逆』を行く事が王道であると思っている私は、こういう時はポートフォリオのリバランスルールに従って『個人向け国債売却・株式購入』のリバランスとなってしまう事が多いのです。この取引が結果的に成果をおさめるかは、数年経ってみないと分からないんですけどね。

さて、今回はそんな個人向け国債の利金をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介しておくことにしたいと思います。現在、配当金生活のポートフォリオの『国内債券クラス』の8割程度が個人向け国債で占められていますが、このうち8割程度の個人向け国債は野村證券で保有しています。今回はその国債の利金をいただきました。

野村證券で投資中の個人向け国債の利金をいただきました。

個人向け国債(1)

個人向け国債(2)

今回いただいた個人向け国債の利金のまとめ
■ 第57回個人向け国債(変動10年):1,000万円分 利率0.3%
■ 第63回個人向け国債(変動10年):1,000万円分 利率0.3%

画像の方では、第63回の個人向け国債が500万円分+500万円分に分かれてしまっていますが、これは入金のタイミングの関係で500万円分ずつ別々に購入した為です。私のメインバンクの三井住友銀行のウェブバンクで制限をかけているために、一気に同行からお金を1,000万円出す事ができないんですよね。

さて、今回は上記2銘柄の個人向け国債から税引後で合計23,907円の利金をいただきました。1,000万円分一括で買った第57回の方の利金が11,953円、分割で購入している第63回の方は11,954円と分割で購入した方がお得になっているんですよね。つまり、1万円ずつ1000分割で買えば端数処理の関係でさらにお得になると思うのですが、私はそこまで徹底する勇気がありません。勇気のある読者の方はチャレンジしてみてくださいね。

野村證券の個人向け国債キャンペーンをご紹介します。

野村證券 個人向け国債キャンペーン
※ 上記の表は野村證券のウェブサイトから引用

野村證券 個人向け国債キャンペーン:さて、野村證券に限らず大手証券会社では個人向け国債の購入に対しキャンペーンを実施しています。そのキャンペーンのキャッシュバック額は大手証券会社の場合、1,000万円以上の購入で0.5%というのが基本線になっていますね。

今月、2016年1月に発行される個人向け国債は10年・変動であっても0.17%というビックリするほど低い利率になってしまっています。ここまで低くなってしまうと、個人向け国債自体にはあまり魅力を感じなくなってしまうのですが、その一方でこのキャッシュバックは国債の利金の1年半分のキャッシュバックとなっておりまして、かなり魅力的であるように思えるんですよね。私も今年2,000万円分ほどは新規で国債を購入する予定です。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ