国内高配当株式トップ10(2016年1月8日現在)防災装置で有名な[6870]日本フェンオール。今年も7円の増配見込みではじめてのランクインです。 - 高配当株で配当金生活

国内高配当株式トップ10(2016年1月8日現在)防災装置で有名な[6870]日本フェンオール。今年も7円の増配見込みではじめてのランクインです。

今回は2016年1月8日時点での国内高配当株式のトップ10を概観したいと思います。このランキングでは、私なら投資しても良いかな〜と思える独自のスクリーニング基準を使って、基準に当てはまった銘柄の中から上位10銘柄をご紹介しているランキングです。本編に入る前に、今週の私のツイートに関する雑談からスタートです。

今年に入ってから世界的に株価が大荒れとなってしまっておりまして、毎日気が気でない方もいらっしゃると思います。私も正直な所、全く気にしていないという訳ではないのですが、普段から国内株式・米国株式については業績が景気に連動しにくい銘柄を中心に購入しているつもりなので、株式市場全体の流れに引っ張られて株価が下落しても過度には気にしない事にしています。

さて、上記のツイートでご紹介しているように、私は『景気に連動しにくい』独自の動きをする銘柄を好む傾向にあるのですが、そんな私が注目している銘柄の1つが[2706]ブロッコリーです。

同社は、下記のリンク先でご紹介しているうたのプリンスさまっに代表される女性向けのアニメ・ゲーム作品で有名な会社でありまして、看板作品に関連したライブについてはチケットを手に入れるのが大変だと言う事なんですよね。直近の業績はややイマイチ気味な推移ですが、この業界の銘柄は『宝くじ』みたいなものだと思っていますので、株価が低迷する場面でポートフォリオに加えたいと思っています。

by カエレバ

たっちゃんのツイッターをフォローお願いいたします。

さて、今更ではありますが、実は私たっちゃんはTwitterのアカウントを持っております。アカウントをオープンして2年間の間は記事の更新情報を垂れ流すだけだったんですけれども、それではフォロワーさんの興味を惹き付けられないかなと思いまして、最近はそれ以外の事もはつぶやくようになりました。

私自身ののんびりした性格が災いして、このブログは『速報性』に欠ける所があるんですけれども、その『のんびりさ』についてはTwitterで速報を流す事にしてフォローしていきたいと思っています。

また、自分の保有している銘柄関連のニュース、本日の経済ニュースから自分の面白いと思ったもの、株主優待券を利用しての外食やお買い物などもご紹介したりもしています。そういうネタが面白いと思える方は、是非ともフォローをしていただければ幸いです。コメントなども出来るだけお返しするようにしておりますので、ボケつぶやきに面白いツッコミなどございましたら、お気軽にお願いします。

配当金生活向けの高配当銘柄ランキング。ランクイン基準は?

PERが20倍以下であること:タコ配傾向の銘柄はランクインしません
ROEが7%以上であること:資本コストは7%以上だと思うので
時価総額が50億円以上であること:極端な小型株は流動性の観点からカット
経常利益が前期比+であること:利益マイナスは嫌な感じがしますよね
自己資本比率が50%以上であること:財務が良い会社は安心できます

このランキングでは以上の5点を満たす銘柄を配当利回りが高い順にランク付けしています。なお、データ作成にはSBI証券のスクリーニングデータを用いています。

過去のランキング1位・2位・3位が気になる方は!?

第159回(2015/12/18):ピックアップ [2458]夢テクノロジー
いちよし証券(4.90%)/夢テクノロジー(4.44%)/デクセリアルズ(4.19%)
第158回(2015/12/11):ピックアップ [8854]日住サービス
いちよし証券(4.78%)/黒田電機(4.11%)/デクセリアルズ(4.07%)
第157回(2015/12/04):ピックアップ [4750]ダイサン
いちよし証券(4.62%)/黒田電機(4.06%)/デクセリアルズ(4.06%)
第156回(2015/11/27):ピックアップ [4718]早稲田アカデミー
いちよし証券(4.68%)/デクセリアルズ(4.11%)/黒田電機(3.96%)
第155回(2015/11/20):ピックアップ [3439]三ツ知
いちよし証券(4.72%)/日本バルカー工業(3.82%)/デクセリアルズ(3.79%)

2016年1月8日現在のランキングです

1(ー):[8624]いちよし証券:5.11%(+0.21%)
2(ー):[2458]夢テクノロジー:4.44%(+0.00%)
3(ー):[4980]デクセリアルズ:4.41%(+0.22%)
4(ー):[7517]黒田電機:4.40%(+0.22%)
5(ー):[7995]日本バルカー工業:3.96%(+0.00%)
6(+1):[6384]昭和真空:3.93%(+0.19%)
7(ー1):△[7551]ウェッズ:3.77%(-0.02%)
8(初):[6870]日本フェンオール:3.63%(-)
9(+1):☆[4718]早稲田アカデミー:3.58%(+0.01%)
10(再):[4973]日本高純度化学:3.56%(-)
※ 参考:上記のうち現在たっちゃんが保有している銘柄には☆印を、過去に保有していた事のある銘柄には△印が付いています。

今週のランキングを見てみたいと思います。今年に入ってから大荒れとなってしまっている国内の株価。その事を思うと、このランキングに登場する銘柄の株価も軟調に推移するのが当然の帰結かなと思ったのですが、実際の所は前回のランキング比で大きく株価を下げているのは[8624]いちよし証券、[4980]デクセリアルズ、[7517]黒田電機、[6384]昭和真空の4銘柄に留まっていました。まあ、4銘柄でも多いじゃない!?というツッコミはありそうですけどね。

さて、今回はランキング初登場の銘柄となる[6870]日本フェンオールをご紹介することにしたいと思います。私はこの銘柄自体の存在は知っていたのですが、今までは高配当銘柄ランキングにランクインするほどの高配当という訳ではなかったので、全くのノーマークでした。

同社のランクインの要因となったのが、昨年12月18日に発表された同社の『45円→52円』への増配です。この増配発表をきっかけに同社の株価は一旦上昇しましたけれども、それ以降は株式市場全体の流れにおされる形で、むしろ増配発表前の株価水準にまで下がって来ています。

同社のメインとする商材は『防災設備』『産業用の制御装置』などです。このうち、防災設備についてはこれからも社会的な需要が高まるのではないかと個人的には思っておりまして、景気が良い・悪いに関わらず一定の需要が得られるのではないかと期待しています。全社で見て業績安定とまでは言い切れないとは思うのですが、こういう社会的に貢献する事業の銘柄は私好みですし、最低単位から様子見で投資をスタートしても良いのかもしれませんね。

日本フェンオール[6870]の主要指標(2016年1月10日現在)

■ PER:7.15倍(予想)
■ PBR:0.93倍(実績)
■ ROE:12.8%(実績)
■ 配当利回り:3.63%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:43.5→132.2→148.4→171.4→200.2(2015/12予想)
■ 直近5期の配当推移:27→36→40→45→52(2015/12予想)

では、最後に日本フェンオール[6870]の主要指標をご紹介しておくことにしたいと思います。同社の最近の業績は、1株あたり純利益ペースでは堅調でありまして、さらに最近は連続増配を継続してくれています。その割には、指標面でかなり割安に見えてしまうのは同社が東証2部上場のマイナー企業であるが故なのでしょうか。

業績が拡大傾向にある銘柄の指標が割安に見える時は『業績減速のサイン』で、いつの間にかEPSは低下、配当も減配なされてしまっていたというのは今までに何度も見て来た光景ではあるのですが、多くの銘柄に投資しているとそういう銘柄に遭遇してしまうのは仕方ないもの。私のような素人は、実際に業績が減速するまではその兆候を見破る事ができませんので、余り気にしすぎずに割安そうに見える銘柄については、どんどん投資するようにしたいと思います。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ