円高・株価の下落で米国高配当株への投資チャンス到来!? 利回り4%も視野に入る[DVY]米国好配当株式ETFから分配金をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

円高・株価の下落で米国高配当株への投資チャンス到来!? 利回り4%も視野に入る[DVY]米国好配当株式ETFから分配金をいただきました。

このブログのタイトルは『高配当株で配当金生活』なので、当然ながらその記事の内容のメインは『高配当株式』ということになります。さて、数年前までは国内株式でも米国株式でもそこら中に『高配当株式』が転がっていたのですが、最近は国内株式については一時期と比べると株価水準が大きく上がってしまっておりまして、以前のように高配当利回りがゴロゴロという状況ではなくなってしまいました。

その一方で、アメリカの方は未だに高配当株式があちこちに見られる状況です。リーマンショック以降、日本の株式もアメリカの株式も株価が大きく上昇しているという点では両者ともに共通しているんですけれども、その増配ペースは日本の株式よりもアメリカの株式の方が早いように思えるんですよね。日本株も増配している所が多い事には違いないんですけれども、それ以上に株価の上昇ペースが早く『高配当株式から陥落』というものが多いように思います。

それはさておき、今回はアメリカの高配当株式にまとめて投資できる『ETF』という商品の1つである[DVY]iシェアーズ好配当株式ETFから分配金をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。前述のように、米国市場には高配当株式がゴロゴロと転がっておりまして、個別で投資するのもアリだとは思うのですが、いちいち考えるのが面倒だという方はETFを通じて高配当株式に投資するのも戦略の1つと言えるでしょうね。

国内で購入出来る高配当系のisharesETF
■ [DVY]iシェアーズ好配当株式ETF
■ [HDV]iシェアーズ・コア米国高配当株ETF

さて、私の配当金生活のポートフォリオで『高配当系』のETFとして保有しているのが上記の2銘柄になります。同じ運用会社から2種類の『高配当系』のETFを上場して意味はあるのか!?と思えてしまう事もあるのですが、それぞれ目標としているインデックスが異なっているため、両者の投資対象としている銘柄は必ずしも共通しているという訳ではないようです。

年間の運用経費に当たる『信託報酬』を見てみると、[DVY]iシェアーズ好配当株式ETFの場合で0.39%、[HDV]iシェアーズ・コア米国高配当株ETFの方が0.12%と大きく差がついてしまっている事から、直感的には[HDV]iシェアーズ・コア米国高配当株ETFの方がお得であるようにも思えるのですが、[HDV]iシェアーズ・コア米国高配当株ETFはエネルギー系の株式への投資比率が高い事から、必ずしもHDVが良いとは言い切れないのではないかと思います。

業種別の投資状況
※ 上記の表はisharesの公式ウェブサイトから引用

[DVY]iシェアーズ好配当株式ETF 保有上位業種:[DVY]iシェアーズ好配当株式ETFが2016年1月上旬現在で保有する上位業種を見ておきます。基本的には業績の変動の小さい『ディフェンシブ系』の銘柄を好む私ですが、上位の業種を見てみると1位が公共事業、2位が生活必需品といずれも一般的には『ディフェンシブ』だと言われている業種が並んでいます。この投資傾向は私好みであると言えますね。

米国会社四季報2015秋冬号 2015年 10/21 号 [雑誌]: 週刊東洋経済 増刊

東洋経済新報社 2015-10-13
売り上げランキング :
by ヨメレバ

個人的に[DVY]iシェアーズ好配当株式ETFは良いETFだとは思うのですが、それでも米国のETFの中ではちょっと高めの信託報酬が気になるという方もいらっしゃるのではないかと思います。そういう方は、この[DVY]iシェアーズ好配当株式ETFの保有上位銘柄を個別で米国会社四季報などの本で検索しつつ購入するというのもアリだと思いますね。

ただ、保有銘柄数が少ないと個別の要因で資産額が大きくぶれる事になりかねないので、1銘柄50万円程度、20銘柄程度分散投資できるという方にこの戦略をオススメすることにしたいと思います。適当に20銘柄ほど分散投資すれば、平均して4%程度の分配利回りも夢ではないのかなと思いますね。

米国好配当株式ETFから分配金をいただきました。

DVY 分配金

さて、今回は[DVY]米国好配当株式ETFから1株あたり0.69296$分の分配金をいただいています。保有株数は470株でありまして、各種税金を差し引きますと実際に受け取った分配金の金額は248.53$という事になりました。この記事を書いている段階での為替レートを掛け合わせまして、実際に受け取った分配金の金額は29,406円です。

[DVY]米国好配当株式ETFの過去1年間の利回りは2016年1月現在で3.6%程度となっています。前述のように、20銘柄ほどピックアップして分散投資するのであれば4%台の平均利回りも夢ではないのですが、そこまでするのは面倒だという方は、株価の崩れる局面で[DVY]米国好配当株式ETFを徐々に買い増しというのも悪くはない戦略なのではないかと思います。私自身も、米国株は個別株をメインにしつつも、この[DVY]米国好配当株式ETFも保有し続けたいと思っています。

米国ETFの購入には、マネックス証券が個人的にオススメです。

資産運用始めるなら!マネックス証券」
■ 他大手ネット証券より安い手数料
■ 特定口座対応で確定申告の煩わしさなし
■ 私も外国株・外国債券取引で愛用中


この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ