ミスタードーナツの[4665]ダスキンから3,000円分の株主優待券。創業の地大阪・吹田にダスキンミュージアムを開設ですね。 - 高配当株で配当金生活

ミスタードーナツの[4665]ダスキンから3,000円分の株主優待券。創業の地大阪・吹田にダスキンミュージアムを開設ですね。

今回は、掃除用具のレンタルを主力事業としている[4665]ダスキンをご紹介することにしたいと思います。同社の掃除部門の売上高は全体の3分の2程度となっておりまして、この面から考えると同社はどう考えても『掃除用具のダスキン』なんですけれども、実際は一般の目につきやすい『ミスタードーナツ事業』が同社のメインと考えている読者の方が多いのではないでしょうか?優待券はどちらのサービスにもできるのですが、ドーナツで使っているという方が多いでしょうしね。

ダスキン 株主通信ナビダス

[4665]ダスキン 株主通信ナビダス:さて、今回はそんな[4665]ダスキンから同社の株主通信にあたる『ナビタス』と株主優待券、中間配当金をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。上記の画像を見ると、左下の方に同社のお掃除用具が記載されていますね。個人的には同社の掃除用具は使ってみたいと思っているのですが、家族からは『お金がもったいない』と反対される事は必至でしょうね。

ダスキン[4665]の株主優待 (3月9月/年2回)

株主優待券(500円)
100株以上:2枚
300株以上:4枚

ヤフーオークションで[4665]ダスキンの優待相場をチェックする

ダスキン 株主優待券

[4665]ダスキン 2015年9月権利確定分株主優待券:さて、私はダスキンの株式を個人で100株、法人で300株保有していますので、今回は法人で2,000円分、個人で1,000円分、両社合わせて3,000円分の[4665]ダスキンの株主優待券をいただきました。前述のように、この株主優待券はミスタードーナツや掃除サービスで利用できるのですが、優待券提携先の企業である『モスバーガー』でも利用できるというのは覚えておいた方が良いでしょうね。

ダスキン ダスキンミュージアム開設

[4665]ダスキン ダスキンミュージアム開設:[4665]ダスキンに業績に直接関わって来る事ではないのですが、昨年の10月に同社の創業の地である大阪・吹田に同社のダスキンミュージアムがオープンしています。ドーナツ作り体験もできるミュージアムとあって、地元関西エリアでは夕方のニュースなどで取り上げられたりしましたけれども、それ以外の地域にお住まいの方はこのミュージアムを知らなかったという方がほとんどなのではないでしょうか?

[4665]ダスキンから中間配当金です。

4665 ダスキン 中間配当金

さて、今回は[4665]ダスキンから1株あたり20円の中間配当金をいただきました。保有株数は法人300株+個人100株でありまして、それぞれの源泉徴収税を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は6,675円ということになりました。

[4665]ダスキンの主要指標(2016年1月4日現在)

■ PER:38.43倍(予想)
■ PBR:0.82倍(実績)
■ ROE:2.3%(実績)
■ 配当利回り:1.86%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:71.1→95.2→71.1→56.2→55.9(2016/03予想)
■ 直近5期の配当推移:40→40→60(記)→40→40(2016/03予想)

では、最後に[4665]ダスキンの主要な指標をチェックしておくことにしたいと思います。同社の最近の業績はイマイチでありまして、今期2016年3月期の業績は前期比でほぼヨコヨコなんですけれども、実は5年前と比べると営業利益ベースでは半減してしまっているんですよね。

その間、売上高についてはほぼ変動がありませんので、良くも悪くも同社が『手堅い商売』である事は確かだと思うのですが、それでもまずは以前のような1桁台後半の営業利益率に戻れるように努力してほしい所ですね。当然ながら、私に言われるまでもなく努力はしていると思いますので、長い目でこれからも見守っていきたいと思っています。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ