日本では『アキュビュー』などのコンタクトレンズでおなじみ。世界のディフェンシブ高配当銘柄[JNJ]ジョンソン・エンド・ジョンソンから配当金をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

日本では『アキュビュー』などのコンタクトレンズでおなじみ。世界のディフェンシブ高配当銘柄[JNJ]ジョンソン・エンド・ジョンソンから配当金をいただきました。

国内の代表的な企業に[4452]花王などががある『生活用品』系の会社。その業績が景気に左右されにくい『ディフェンシブ系』として注目される事もありますね。今回は、そんな『生活用品』から『医療機器』まで幅広く取り扱っている米国企業である[JNJ]ジョンソン・エンド・ジョンソンをご紹介することにしたいと思います。

JNJ
※ 上記の画像はジョンソン・エンド・ジョンソンの公式ウェブから引用

さて、前述のように同社のメインとする商材の1つが『医療機器』です。私は医療関係に従事している訳ではないので、この部門の機械の事は全然詳しくないのですが、実はこの分野では[JNJ]ジョンソン・エンド・ジョンソンが世界では1位ということなんですよね。となると、このブログをご覧の読者の皆様の中にも、同社の医療機器を使って仕事をしているという方がいらっしゃるのかもしれませんね。

by カエレバ

[JNJ]ジョンソン・エンド・ジョンソンの扱っている商品で、一般消費者向けとして国内でも幅広く使われているのではないかと思われるものの1つが、上記でご紹介しているアキュビューです。私自身は利用した事のないコンタクトレンズですけれども、毎日の生活でお世話になっているという方は、上記の医療機器よりは多いのではないでしょうか?

JNJ
※ 上記のチャートはグーグルファイナンスから引用

[JNJ]ジョンソン・エンド・ジョンソン 過去5年間の株価チャート:さて、ここで[JNJ]ジョンソン・エンド・ジョンソンの過去5年間の株価推移をチェックしておく事にしたいと思います。一般的に『ディフェンシブ』という取扱いがなされる事が多い同社は、必ずしも常に株価ヨコヨコという訳ではないのですが、過去5年間を見る限りは2013年間の1年間を除くと、概ねヨコヨコな株価推移をしているように思えますね。これからも必ずしもそういう推移をするとは限りませんが、少なくとも下に大きくぶれる時はきちんと買い増しできるように努力したいですね。

[JNJ]ジョンソンエンドジョンソンから配当金です。

JNJ 配当金

さて、今回は[JNJ]ジョンソン・エンド・ジョンソンから1株あたり0.75$分の配当金をいただきました。保有株数は48株でありまして、各種源泉徴収税を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は27.48$ということになりました。この記事を書いている段階での為替レートから計算しますと、実際に受け取った配当金の金額は3,291円ということになります。

[JNJ]Johnson & Johnsonの主要指標(2016年1月4日現在)

■ PER:19.7倍
■ PBR:4.0倍
■ ROE:22.7%
■ 配当利回り:2.92%(実績)
■ 直近5期のEPS推移:4.78→3.49→3.86→4.81→5.70(2014/12実績)
■ 直近5期の配当推移:2.11→2.25→2.40→2.59→2.76(2014/12実績)

では、最後に[JNJ]Johnson & Johnsonの主要指標をチェックしておきたいと思います。米国外の売上高が半分を超えている企業ですので、最近のドル高局面は基本的には同社の業績には逆風という事になります。それでも、前期2015年12月期は減収・増益予想となんとも『アメリカの主力株らしい底力』を見せてくれる見込みとなっていますね。

今年、2016年の相場は波乱の予感も漂って来ていますけれども、そういう時にも株価は一緒に連れ下げしてしまう『景気のブレに影響されにくい銘柄』を今年はきちんと狙いすまして買い増ししたいと考えています。もし[JNJ]Johnson & Johnsonの配当利回りが4%程度にまで上昇するのであれば、喜んで買い増ししたいですね。

米国個別株式の購入には、マネックス証券が個人的にオススメです。

資産運用始めるなら!マネックス証券」
■ 他大手ネット証券より安い手数料
■ 特定口座対応で確定申告の煩わしさなし
■ 私も外国株・外国債券取引で愛用中


この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ