業績足踏みで長らく続いた『連続増配記録』がついにストップかも!? [3834]朝日ネットから中間配当金をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

業績足踏みで長らく続いた『連続増配記録』がついにストップかも!? [3834]朝日ネットから中間配当金をいただきました。

このブログをご覧の多くの方が実際に契約しているサービスの1つであると思われる『インターネットプロバイダー』。その登場はインターネットの黎明期に遡るものでありまして、ネット関係の中ではかなり古い業種の1つであると言えると思うんですよね。かなり今更感のある業種だとは思うのですが、それでも投資するとなればこれはこれで面白い業種と言えるのかもしれません。

3834 朝日ネット 中間配当金

[3834]朝日ネット 中間報告書:さて、今回はそんな『インターネットプロバイダー』の老舗で大手の一角である[3834]朝日ネットから中間配当金と中間報告書をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。私は同社の株主なので、当然ながらインターネットプロバイダーは同社のものを利用しています。

朝日ネット 連続増配記録ついに途切れる

[3834]朝日ネット 連続増配記録ついに途切れる!?:[3834]朝日ネットの配当金は毎年毎年1株=1円のペースでジリジリと増配されていました。ただ、最近は業績が悪くはないにしろ伸び悩んでいますので、今の所の今年の配当は前期比ヨコヨコの1株=18円が予想されています。ただ、最新の会社四季報を見ると今年の配当予想は18〜19円となっているので、まだ増配の可能性は残されていると見られているようですね。

朝日ネット インターネット接続サービスがメインです

[3834]朝日ネット インターネット接続サービスがメインです:この20年を振り返ると、インターネット接続サービスはダイヤルアップ・ISDN・ASDL・光と色々なものが登場してきましたけれども、同社が最近メインとしているのは『光関係』ですね。この光サービスは意外にコストがかさんでいるそうでありまして、これが最近の同社の『増収・減益』傾向の決算の要因の1つとなっているようです。

朝日ネット 連続減益です

[3834]朝日ネット 連続減益です:そんなこんなで、ここ最近の[3834]朝日ネットの業績は売上高ベースでは毎期連続で微増という望ましい状況となっているのですが、その一方で売上高については2期連続での減少となっています。かつてはほぼ鉄壁のヨコヨコの業績推移だった同社の事を思うと、最近の同社の業績は『苦戦』と言って差し支えないのかもしれませんね。来期以降、回復なるかに注目したいですね。

[3834]朝日ネットから配当金です。

3834 朝日ネット 配当金

さて、今回は[3834]朝日ネットから1株あたり9円の配当金をいただきました。保有株数は1,000株でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は7,622円ということになりました。

朝日ネット[3834]の主要指標(2015年12月24日現在)

■ PER:20.27倍(予想)
■ PBR:1.71倍(実績)
■ ROE:10.0%(実績)
■ 配当利回り:3.47%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:31.7→17.2→29.1→29.2→25.6(2016/03予想)
■ 直近5期の配当推移:15→16→17→18→18(2016/03予想)

では、最後に[3834]朝日ネットの主要な指標をチェックしておく事にしたいと思います。同社はその安定した業績と、毎期1円ずつの連続増配が魅力的な会社でしたが、今年そのうちの片方が失われる瀬戸際となっていますね。また、1株当たり純利益についても逓減傾向にありますので、PER面でも投資の妙味は薄れて来ているように思います。

昔は売買単位が1,000株単位だったので、長らく1,000株を保有して来た同社なのですが、今は100株単位に変更となっていますので、ここらで持ち株数を半分くらいに減らすのはアリなのかなと思いますね。おそらく、連続増配が途切れたとしても減配される事はそうそうない会社だと思うのですが、利回り面ではいずれ4%台で購入するチャンスが訪れるのではないかと感じています。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ