米国利上げのスタートで利回り上昇・投資口価格下落局面へ!? [VCSH]バンガード 米国短期社債ETFなどから分配金をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

米国利上げのスタートで利回り上昇・投資口価格下落局面へ!? [VCSH]バンガード 米国短期社債ETFなどから分配金をいただきました。

今までこのブログで2年以上の長きに渡って書き続けて来た『米国の利上げ』の話題。ついに、実際の利上げがなされましたけれども、先月12月の利上げについては事前に十分に織り込まれていたのか、利上げがあったとしても今の所は株式市場・債券市場にそれほど波乱が起こっているとは言えませんね。だからといって、これからも平穏な相場が続くとは限りませんので、油断せずに日々何かあるかもしれないと思って心がけておきたいと思います。

さて、今回の記事では「資産運用始めるなら!マネックス証券」で購入する事のできる『アメリカの債券』に投資する海外ETFの中から、[VCSH]バンガード 米国短期社債ETFと[VCIT]バンガード 米国中期社債ETFの2商品をご紹介することにしたいと思います。

一般に債券の利回りが上昇すれば、その債券の価格は下落します。ということは、今回の米国の利上げで米国の債券の利回り水準が上昇傾向に転ずるというのであれば、当然ながら今回の記事でご紹介するバンガード系の社債ETFの投資口価格(株価)も下落してしまうという事になるんですよね。

バンガード 米国社債系商品の過去1年間の利回り
■ [VCSH]バンガード 米国短期社債ETF:2.00%(前月比+0.06%)
■ [VCIT]バンガード 米国中期社債ETF:3.34%(前月比+0.06%)
■ [VCLT]バンガード 米国長期社債ETF:4.67%(前月比+0.08%)

さて今回の記事でご紹介するバンガード社の社債系ETFでは、その保有社債の償還期限までの長さ別に3種類のものが上場されています。今までの毎月の社債系商品の利回り推移は3銘柄ともに0.0%台後半のプラス(投資口価格はマイナス)ということになりました。

今後の債券市場の推移によっては、これ以上に債券相場の利回りが上昇する事も考えられますが、一般的な話としては債券の利回り上昇時には『残存期間が長い債券ほど豪快に価格が下落する』事は知っておいた方が良いと思います。詳細な説明は省きたいと思いますが、この法則があるからこそ私のポートフォリオでは現状[VCLT]バンガード 米国長期社債ETFには投資していないんですよね。

VCSH株価チャート
※ 上記の株価チャートはグーグルファイナンスから引用

[VCSH]バンガード 米国短期社債ETFと[VCLT]バンガード 米国長期社債ETF 過去5年間の値動き:ここで、[VCSH]バンガード 米国短期社債ETFと[VCLT]バンガード 米国長期社債ETFの過去5年間の値動きを見ておきたいと思います。上記では、残存期間の長い債券ほどその債券の価格が豪快に変動するとご紹介しましたけれども、上記の過去5年間の値動きを見るとその違いが分かるのではないかと思います。

つまり、これから債券の利回りが上がるという事が見込める場面では『[VCSH]バンガード 米国短期社債ETF』に投資するのが、これから債券の利回りが下がるという事が見込める場面では『[VCLT]バンガード 米国長期社債ETF』に投資するのが王道ということになりますね。

いつ『債券の利回りが上がるか下がるかがわかんないんだよ!』というツッコミも聞こえて来そうですが、そういう方で利回り2%程度でも十分だという方は、とりあえずは保守的な[VCSH]バンガード 米国短期社債ETFにだけ投資しておくのも作戦の1つなのではないかと思います。

バンガード社の社債系ETF2商品から分配金をいただきました。

VCIT 分配金 201512月

VCSH 分配金 201512月

さて、今回は[VCIT]バンガード 米国中期社債ETFからは1口あたり0.236$(先月比+0.05$)分の、[VCSH]バンガード 米国短期社債ETFからは1口あたり0.133$(先月比ー0.01$)分の分配金をいただきました。保有口数は前者が218口、後者が239口でありまして、国内外の源泉徴収税を差し引いた後の受け取り分配金は63.57$でした。この記事を書いている段階での為替レートを掛け合わせますと、7,683円を受け取った事になります。

米国ETFの購入には、マネックス証券が個人的にオススメです。

資産運用始めるなら!マネックス証券」
■ 他大手ネット証券より安い手数料
■ 特定口座対応で確定申告の煩わしさなし
■ 私も外国株・外国債券取引で愛用中

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ