丸亀製麺でおなじみの[3397]トリドールから100円単位の株主優待券40枚(4,000円分)をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

丸亀製麺でおなじみの[3397]トリドールから100円単位の株主優待券40枚(4,000円分)をいただきました。

私の地元・兵庫県を本拠地におく銘柄なので当ブログではゴリ推しの贔屓銘柄となってしまっている[3397]トリドール。元々は『とりどーる』というブランドの焼き鳥屋さんで地元っ子には有名だったのですが、最近はすっかり『丸亀製麺のトリドール』という地位を確立したように思いますね。

トリドール 中間報告書

[3397]トリドール 中間報告書:さて、今回はそんな[3397]トリドールから同社の第26期の中間報告書と、同社の株主優待券をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。2014年からスタートした同社の株主優待制度は、今回で2回目ということになりますね。昨年は100株で1,000円という控えめな優待内容でしたけれども、今年は優待の金額が2,000円に倍増しています。

[3397]トリドールの株主優待(9月/年1回)

優待割引券(11月下旬発送)
■ 100株以上:2,000円分
■ 500株以上:6,000円分
■ 1、000株以上:10,000円分

トリドール 3397 株主優待券

[3397]トリドール 2015年9月権利確定分株主優待券:さて、私は[3397]トリドールの株式を個人で100株、法人で100株保有しておりますので、今回はそれぞれの名義で2,000円分ずつ、合計4,000円の株主優待券をいただきました。うどんの価格帯が比較的安い『丸亀製麺』をメインブランドとしている同社なので、優待券は100円単位となっています。焼き鳥屋さんの『とりどーる』で一気に40枚使う事があれば、店員さんに枚数を数えてもらうのが大変ですよね。

オランダの会社を傘下に

オランダの外食チェーンを傘下に:実は海外展開にかなり積極的な[3397]トリドール。あまりに積極的なので、大コケの可能性もあると思うのですが、逆に大化けの可能性もあると思いますね。今回の中間報告書では、オランダのアジア系ファーストフードを展開するチェーンである『WOK TO WALK』を買収したとの記事が掲載されていました。このお店は欧州を中心に500店舗の展開を目指していくんだそうです。いつか、ヨーロッパ旅行に行った時は訪れてみたいですね。

好調な期間限定メニュー

好調な期間限定メニュー:最近好調な[3397]トリドールの業績を牽引しているものと思われるのが、同社の期間限定うどんシリーズです。同社の期間限定うどんは、お肉系でかつボリュームのあるものが多いですよね。食が細くなってきた私には多少厳しいうどんですが、一般的にはウケているようでありまして丸亀製麺の客単価の向上にも貢献しているようです。

トリドール[3397]の主要指標(2015年12月14日現在)

■ PER:23.56倍(予想)
■ PBR:3.26倍(実績)
■ ROE:9.1%(実績)
■ 配当利回り:0.82%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:77.8→82.7→21.6→48.8→87.9(2016/3予想)
■ 直近5期の配当推移:15.5→16.5→8→10→17(2016/3予想)

では、最後にトリドール[3397]の主要指標をチェックしておきたいと思います。一時期は業績の伸び悩みが見られた同社ですけれども、最近はまた業績が加速してきておりまして、今期2016年3月期については1株あたり純利益が90円近くまで伸びて来る見込みとなっています。そのため、元々13.5円だった配当予想も17円に増配予定という喜ばしい状況となっていますね。

優待利回り・配当利回りの観点から考えると、同社の株式にはそれほど魅力は感じないんですけれども、同社は『地元兵庫県応援枠』の銘柄の1つとして、これからも個人で100株・法人で100株を長期でホールドすることにしたいと思います。いずれは『世界のトリドール』と言われるようになるほどの成長に期待したいですね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ