国内高配当株式トップ10(2015年12月11日現在)実質地元兵庫県銘柄である[8854]日住サービス。25%の増配で初ランクインです。 - 高配当株で配当金生活

国内高配当株式トップ10(2015年12月11日現在)実質地元兵庫県銘柄である[8854]日住サービス。25%の増配で初ランクインです。

今回は2015年12月11日時点での国内高配当株式のトップ10を概観したいと思います。このランキングでは、私なら投資しても良いかな〜と思える独自のスクリーニング基準を使って、基準に当てはまった銘柄の中から上位10銘柄をご紹介しているランキングです。本編に入る前に、今週の私のツイートに関する雑談からスタートです。

この週末にかけて少し雰囲気が怪しくなって来ていますが、それでもここ1〜2年ほどの株式市場はどちらかというと『好調』だったと思います。ポートフォリオを組成した時に決めたルールでは『5%上がれば売る、10%下がればナンピン』としているので、この数年は基本的に利益確定を進める一方だったんですよね。

そうすると、どうしても現金がたっぷりと三井住友銀行の口座に余ってしまうという事になるのですが、そういう時はやはり大手証券会社の個人向け国債キャンペーンが一番お手頃なのかなと思います。今の長期金利の水準では、0.5%を超えるような定期預金も滅多に見られませんしね。

たっちゃんのツイッターをフォローお願いいたします。

さて、今更ではありますが、実は私たっちゃんはTwitterのアカウントを持っております。アカウントをオープンして2年間の間は記事の更新情報を垂れ流すだけだったんですけれども、それではフォロワーさんの興味を惹き付けられないかなと思いまして、最近はそれ以外の事もはつぶやくようになりました。

私自身ののんびりした性格が災いして、このブログは『速報性』に欠ける所があるんですけれども、その『のんびりさ』についてはTwitterで速報を流す事にしてフォローしていきたいと思っています。

また、自分の保有している銘柄関連のニュース、本日の経済ニュースから自分の面白いと思ったもの、株主優待券を利用しての外食やお買い物などもご紹介したりもしています。そういうネタが面白いと思える方は、是非ともフォローをしていただければ幸いです。コメントなども出来るだけお返しするようにしておりますので、ボケつぶやきに面白いツッコミなどございましたら、お気軽にお願いします。

配当金生活向けの高配当銘柄ランキング。ランクイン基準は?

PERが20倍以下であること:タコ配傾向の銘柄はランクインしません
ROEが7%以上であること:資本コストは7%以上だと思うので
時価総額が50億円以上であること:極端な小型株は流動性の観点からカット
経常利益が前期比+であること:利益マイナスは嫌な感じがしますよね
自己資本比率が50%以上であること:財務が良い会社は安心できます

このランキングでは以上の5点を満たす銘柄を配当利回りが高い順にランク付けしています。なお、データ作成にはSBI証券のスクリーニングデータを用いています。

過去のランキング1位・2位・3位が気になる方は!?

第157回(2015/12/04):ピックアップ [4750]ダイサン
いちよし証券(4.62%)/黒田電機(4.06%)/デクセリアルズ(4.06%)
第156回(2015/11/27):ピックアップ [4718]早稲田アカデミー
いちよし証券(4.68%)/デクセリアルズ(4.11%)/黒田電機(3.96%)
第155回(2015/11/20):ピックアップ [3439]三ツ知
いちよし証券(4.72%)/日本バルカー工業(3.82%)/デクセリアルズ(3.79%)
第154回(2015/11/13):ピックアップ [6384]昭和真空
いちよし証券(4.82%)/デクセリアルズ(4.02%)/日本バルカー工業(3.88%)
第153回(2015/11/06):ピックアップ [2362]夢真ホールディングス
いちよし証券(4.82%)/デクセリアルズ(4.02%)/日本バルカー工業(3.88%)

2015年12月11日現在のランキングです

1(ー):[8624]いちよし証券:4.78%(+0.16%)
2(ー):[7517]黒田電機:4.11%(+0.05%)
3(ー1):[4980]デクセリアルズ:4.07%(+0.01%)
4(ー):[7995]日本バルカー工業:3.93%(+0.03%)
5(新):[8854]日住サービス:3.80%(-)
6(ー):△[7551]ウェッズ:3.78%(+0.10%)
7(ー2):[3439]三ツ知:3.59%(-0.11%)
8(ー):☆[4718]早稲田アカデミー:3.58%(+0.07%)
9(新):[5856]東理ホールディングス:3.52%(-)
10(再):☆[4327]日本エス・エイチ・エル:3.48%(-)
※ 参考:上記のうち現在たっちゃんが保有している銘柄には☆印を、過去に保有していた事のある銘柄には△印が付いています。

今週のランキングを見てみたいと思います。普段はあまり新規のランクインのないこのランキングですけれども、今週は一気に2銘柄が初登場ということになりました。そのうちの1社は[5856]東理ホールディングスなんですけれども、同社は先週話題になった『通信制高校の就学支援金不正受給』絡みで話題になってしまった会社です。このニュースのおかげで株価が一気に30%以上下がってしまい、はじめてのランクインとなりました。

そして、もう1社のはじめてのランクインの銘柄は[8854]日住サービスです。この会社は、関西エリアに住んでいる方の中にはご存知の方もいらっしゃると思うのですが、社名と同じ『日住サービス』という名前のお店の『不動産仲介サービス』を営んでいる会社なんですよね。

私は、この[8854]日住サービスは当然ながら全国規模の会社だろう・・と勝手に思っていたのですが、今回記事を書くために調べてみた所、本社は大阪であり、さらに基本的には関西エリアにしか出店していないという事を知りました。今住んでいる家を買う時に、この日住サービスの支店にもお世話になった事もあり、個人的には馴染みのある会社なのですが、実は関西限定の会社だったんですね。

さて、同社の業績は当然ながら不動産市況にある程度左右されるのは致し方ない事ですけれども、好況の時であっても不景気の時であっても基本的には8円の配当がキープされているようです。それが、今期2015年12月期については久しぶりに『10円へ増配』という事が発表され、高配当株式の仲間入りとなりました。25%も増配した割には、株価は1割も上がっていないようでして、結果的には配当利回りが大幅アップすることになりましたね。

日住サービス[8854]の主要指標(2015年12月13日現在)

■ PER:11.39倍(予想)
■ PBR:0.83倍(実績)
■ ROE:9.8%(実績)
■ 配当利回り:3.80%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:11.2→17.7→28.6→28.2→23.1(2015/12予想)
■ 直近5期の配当推移:8→8→8→8→10(2015/12予想)

では、最後に日住サービス[8854]の主要指標をチェックしておくことにしたいと思います。普段の生活で色々な所をウロウロしていると、あちこちでこの不動産会社を見かけるのでさぞ大きい会社なのだろうと思っていたのですが、実は38店舗のうち半分以上は兵庫県南洋部にある会社でして、実質は『地元兵庫県銘柄』と呼んでも良いように思える同社でした。

不動産仲介業なので、当然ながらある程度は景気の変動の影響を受けると思うのですが、好景気であっても不景気であってもそれなりに不動産は動くと思いますし、賃貸部門の方についてはある程度堅実な業績推移をするのではないかと思っています。過去の傾向を見る限り、今後も10円の配当がキープされると信じ、配当利回り4%以上では参入したい所ですね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ