上場から3年以内で新設合併で消滅へ。旧[3285]野村不動産マスターファンドから資産運用報告書と分配金をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

上場から3年以内で新設合併で消滅へ。旧[3285]野村不動産マスターファンドから資産運用報告書と分配金をいただきました。

何かと相性が悪かった事から、個人的にはあまり投資しないようにしていた『野村不動産系』のリート。野村不動産もわざとやっている訳ではないと思うのですが、結果的には私の利益にならないような政策が多く、買っては損をし、空売りをしたらまたまた損をしと痛い目を何度も見る結果となってしまっています。

3285 野村不動産マスターファンド 資産運用報告書

[3285]野村不動産マスターファンド 資産運用報告書:さて、そんな野村不動産系のリートは、今年2015年の9月までは3商品が上場されていました。今回は、その3商品の中で配当金生活のポートフォリオで唯一保有していた銘柄である[3285]野村不動産マスターファンドの資産運用報告書をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。

野村不動産マスターファンド 最終営業期間

[3285]野村不動産マスターファンド 最終営業期間!?:今回の[3285]野村不動産マスターファンドの資産運用報告書の中身を見てみると最終営業期間なるあまり聞き慣れない単語が掲載されていますね。文字通り、[3285]野村不動産マスターファンドは今年の9月30日で営業を終えてしまったのでまさに『最終営業期間』だった訳なんですけれども、同社に何があったのでしょうか!?

野村不動産マスターファンド 野村3兄弟が合併しました

[3285]野村不動産マスターファンド 野村3兄弟が合併しました:というのも、実は今年2015年10月1日で旧野村不動産オフィスファンド投資法人・旧野村不動産レジデンシャル投資法人・旧野村不動産マスターファンド投資法人の3リートが合併しまして、新しく[3462]野村不動産マスターファンドとして再出発することになったんですよね。この3社の合併で、国内リートトップクラスの総合リートが誕生する事になります。

野村不動産マスターファンド 実は稼働率の悪いUSJ

[3285]野村不動産マスターファンド 実は稼働率の悪いUSJ:さて、旧野村不動産マスターファンドが保有している商業施設のうち、稼働率が100%ではない物件は3つだけのようでした。そのうちの1つが、USJの目の前にあるショッピングモールのユニバーサル・シティーウォーク・大阪なんですよね。USJが大人気と聞いているのに、稼働率が94%台という事実は個人的には意外でした。大きい施設なので、端の方は行きにくいためなのかもしれませんね。

[3285]野村不動産マスターファンドから分配金です。

3285 野村不動産マスターファンド 分配金

さて、今回は[3285]野村不動産マスターファンドから1口あたり2,217円の分配金をいただきました。保有口数は5口でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った分配金の金額は9,387円ということになりました。

野村不動産系の3リートが新設合併して誕生した新しい[3462]野村不動産マスターファンド投資法人は、一気に国内4位の規模のリートに大躍進という事になりました。その分配利回りは2015年12月中旬現在で3.5%前後と、全リートの平均点くらいの数字で推移していますが、今回の合併で同社の評価が高まるのであれば、この利回りは平均を下回って来るのかもしれませんね。

私としては、今回の合併はリートでははじめての『正ののれん』が発生している事に注目しています。不景気の時のリート合併でののれんは『負ののれん』が多くこれは会計上+に働く事が多いのですが、『正ののれん』はキャッシュフロー面ではあまり影響はないにしろ、会計上の数字の面では足を引っ張る要因になってしまうように思うんですよね。同社のこれからに注目しておきたいと思います。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ