ネットワーク構築系の高配当株式[7518]ネットワンシステムズから配当金。購入した時期が悪く、私のワースト値動き銘柄の1つとなっています。 - 高配当株で配当金生活

ネットワーク構築系の高配当株式[7518]ネットワンシステムズから配当金。購入した時期が悪く、私のワースト値動き銘柄の1つとなっています。

配当金生活のポートフォリオでは、基本的に景気が低迷していた時代に購入している銘柄が多く、2015年12月の段階で含み損になってしまっている銘柄はそれほど多くないんですけれども、それでも中には含み損になってしまっている銘柄が存在しています。下記では、私の保有銘柄の中で『法人口座』で保有している銘柄を含み損益が悪い順番にご紹介しています。

含み損益ランキング

配当金生活のポートフォリオ(法人口座) 含み損益率ワーストランキング:さて、こちらが配当金生活のポートフォリオの法人口座の運用成績です。含み損益で下位にランクインしている銘柄は、基本的には2013年以降の株価回復局面で購入した銘柄が多いのですが、その中で常に上位にランクインしている銘柄が今回の記事でご紹介する[7518]ネットワンシステムズなんですよね。

ネットワンシステムズ 中間株主通信

[7518]ネットワンシステムズ 中間株主通信:今回はその[7518]ネットワンシステムズから中間報告書と中間配当金をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。同社は、記事のタイトルにも書いた通り『ネットワーク構築』を主要な事業としている会社でありまして、さらに主要顧客がNTT系である事からその『業績安定っぷり』に期待して購入した銘柄なのですが、残念ながらその期待は裏切られてしまう事となりました。

ネットワンシステムズ 直近の数字

[7518]ネットワンシステムズ 直近の数字:こちらは、今回の株主通信の2ページに記載されていた同社の各種数字です。営業利益率2.9%、配当性向103.2%なんてドーンと大きなフォントで数字を書くほどの成績でもないように思いますが、悪い数字であっても小さいフォントで隠す事なくきちんと掲載するというのはある意味良心的なのかもしれませんね。

ネットワンシステムズ 配当政策は

[7518]ネットワンシステムズ 配当政策は!?:さて、最近の同社は業績が大コケ状態となってしまってはいますが、最近の決算発表を見るとやや反転の兆しも見えて来ています。現在は、営業利益率が上記のようにかなり低くなってしまってはいますが、巡航ペースとしては10〜12%程度、そして配当性向の方は30%を目処としたいようですね。 また、配当については最低30円をキープしたいという考え方も持っているようですね。今のように業績が低迷している場面では心強いコメントですよね。

[7518]ネットワンシステムズから配当金です。

7518 ネットワンシステムズ 配当金

さて、今回は[7518]ネットワンシステムズから1株あたり15円の配当金をいただきました。保有株数は300株でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は3,811円ということになりました。

ネットワンシステムズ[7518]の主要指標(2015年12月10日現在)

■ PER:21.69倍(予想)
■ PBR:1.15倍(実績)
■ ROE:4.3%(実績)
■ 配当利回り:3.96%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:94.6→48.9→11.4→29.1→34.9(2016/03予想)
■ 直近5期の配当推移:31→34→34→30→30(2016/03予想)

では、最後に[7518]ネットワンシステムズの主要な指標を見ておきたいと思います。一時期は、1株利益が11.4円まで減速する場面がありまして、同社の30円台の配当水準の維持が心配されましたけれども、その後業績はやや回復傾向にありまして、今期2016年3月期についてはついに配当性向が100%を切るかという状況になっています。

業績の低迷に伴い、同社の株価も低迷してしまっていますけれども、もし以前のように1株あたり純利益が100円前後の水準に戻るとなれば、今の700円台の株価は割安すぎますよね。この見立て自体が『捕らぬ狸の皮算用』かもしれませんが、同社のような会社の業績が反転する時こそ株価はドーンと上がると思いますので、ここは敢えて買い増しの方針で臨みたいと思っています。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ