最近は高配当でも安定業績でもないけれども配当は安定です。[9505]北陸電力から中間報告書と中間配当金です。 - 高配当株で配当金生活

最近は高配当でも安定業績でもないけれども配当は安定です。[9505]北陸電力から中間報告書と中間配当金です。

国内の電力株は、昔から今までを通して必ずしも高配当株式ではなかったと思うのですが、それでもその業績と配当の安定感が抜群であった事から、今から5〜6年ほど前までは『電力株で配当金生活』という言葉がちょくちょく聞かれたものですよね。

震災以降は原子力発電所関連でゴタゴタが続いている事から、原発とは元々関係のなかった[9511]沖縄電力と[9513]電源開発(こちらは原発開発中ではありますが・・)を除くと業績も大きく減速してしまい、無配に転落してしまった電力株も少なくはありませんでした。

9505 北陸電力 中間報告書

[9505]北陸電力 中間報告書:さて、今回はそんな大手国内電力株の一角である[9505]北陸電力から中間報告書と中間配当金をいただきましたので、ご紹介することにしたいと思います。全国的な原発の稼働停止の後、業績面では苦戦の続く同社ですけれども、業績の落ち込みは他電力よりはマシだったようで、同社については1株=50円の年間配当をストップすることはありませんでした。

北陸電力 志賀原発関連の話題<

[9505]北陸電力 志賀原発関連の話題:最近の同社の報告書で毎回2ページ以上の紙面が割かれているのは、同社の保有する原子力発電所である『志賀原子力発電所』の話題です。同社としては、この原子力発電所はなんとしても再稼働したい所なんでしょうけれども、その道は平坦とは言えませんよね。原発の稼働の是非については私は意見しない事にしたいと思いますが、少なくとも現状では稼働した方が同社の業績にはプラスに働く可能性が大きいんでしょうね。

北陸電力 売上高ベースでは安定です

[9505]北陸電力 売上高ベースでは安定です:[9505]北陸電力のここ5年の業績推移を見てみると、売上高ベースでは非常に安定している事がわかるのではないかと思います。経常利益の方については、ここ数年に限らず『燃料費の変動』などの悪影響を受けた年は悪くなる傾向にありましたので、短期的な変動についてはあまり気にしすぎない方が良いのかもしれませんね。少なくとも、1株50円の配当の継続に問題ないくらいの業績であれば問題ないと考えています。

[9505]北陸電力から配当金です。

9505 北陸電力 配当金

さて、今回は[9505]北陸電力から1株あたり25円の配当金をいただきました。保有株数は300株でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は6,352円ということになりました。

[9505]北陸電力の主要指標(2015年12月6日現在)

■ PER:33.17倍(予想)
■ PBR:1.07倍(実績)
■ ROE:2.7%(実績)
■ 配当利回り:2.88%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:-25.3→0.5→12.1→43.1→52.3(2016/03予想)
■ 直近5期の配当推移:50→50→50→50→50(2016/03予想)

では、最後に[9505]北陸電力の主要な指標をチェックしておきたいと思います。今期も電力の販売自体は堅調のようでありまして、売上高については堅調な推移が予想される同社ですが、それに対して原子力発電所などの先行きが不透明である事と、その一方で最近の原油安の追い風もありまして、先の利益水準を読むのは難しいという状況が続いていますね。

今後、2016年3月期以降の業績予想を見てみると、今後数年は1株あたり50円前後のEPSは確保できるのはないかという予想が出ているようです。同社の1株=50円配当は今までも鉄壁の水準でしたし、これからもよほどの事がない限りはこの50円配当が続いていく可能性が高いのではないかと思っています。どこかで、株価1,250円以下(配当利回り4%以上)になる場面がありましたら、思い切ってドーンと買い増しすることにしたいですね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ