業績急回復・株価大躍進で長年キープした高配当株式からは転落。[8119]三栄コーポレーションから配当金と中間報告書です。 - 高配当株で配当金生活

業績急回復・株価大躍進で長年キープした高配当株式からは転落。[8119]三栄コーポレーションから配当金と中間報告書です。

家具・調理用品・小型家電などの専門商社であり、さらに株主優待銘柄でもある事から当ブログでは意外に人気の高い銘柄である[8119]三栄コーポレーション。業態の性格として、海外から物を仕入れて国内で売る事の多い会社なので、アベノミクス相場以前の円高の時に業績が良く、ここ数年は円安に苦しんで業績・株価低迷という難しい状況でしたが、最近になってようやく反転傾向となって来ていますね。

[8119]三栄コーポレーション 中間報告書:さて、今回はそんな[8119]三栄コーポレーションから中間報告書と中間配当金をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。同社は株主優待銘柄なので、当然優待に興味があるという方も多いと思いますので、まずは参考までにご紹介しておきたいと思います。

参考:[8119]三栄コーポレーションの株主優待(9月 年1回)

株主優待ポイント付与(実質はカタログギフト)
■ 100株以上:2、000ポイント
■ 200株以上:3、000ポイント
■ 800株以上:6、000ポイント
■ 2,000株以上:12、000ポイント
■ 4,000株以上:20、000ポイント
☆ 3年以上の長期保有でポイント数が5割増しとなります。

[8119]三栄コーポレーション 業績急回復中です:さて、一時期は円高に苦しんだ[8119]三栄コーポレーションですけれども、最近は円安分の価格への転嫁などがちゃんと進んでまいりまして、その収益は急激に改善して来ています。今期、2016年3月期の通期での経常利益は2,000億円が予想されていますが、これはアベノミクス相場以前の円高の恩恵を受けていた時の1,381億円を上回る数字となっていますね。

[8119]三栄コーポレーション 伸びる服飾雑貨部門:元々は家庭用品などに強かった[8119]三栄コーポレーションですが、最近は服飾雑貨部門が大きく伸びておりまして、この部門の売上高は前年度比+27%程度で推移しているようです。主なブランドはサンダルの『ビルケンシュトック』、バックの『キプリング』ですね。読者の皆様の中にも、この2ブランドを良く知っているという方は多いのではないでしょうか?

by カエレバ

[8119]三栄コーポレーションから配当金です。

さて、今回は[8119]三栄コーポレーションから1株あたり50円の配当金をいただきました。保有株数は個人で100株、法人で100株分でありまして、それぞれの源泉徴収税を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は8,218円ということになりました。

三栄コーポレーション[8119]の主要指標(2015年12月4日現在)

■ PER:9.00倍(予想)
■ PBR:1.16倍(実績)
■ ROE:6.2%(実績)
■ 配当利回り:1.89%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:424.2→351.9→195.7→247.3→587.6(2016/03予想)
■ 直近5期の配当推移:90→90→90→90→100(2016/03予想)

では、最後に三栄コーポレーション[8119]の主要指標をチェックしておきます。一時期は業績が低迷し、同社の株価も2,000円台での推移となっていたのですが、今期の業績が良くなりそうだと見られるようになった夏以降は一気に株価を伸ばして来ていまして、12月4日現在では目下5,000円台での推移となっていますね。

5,000円台の推移でも、指標面では未だ割高とまでは言い切れない状況なのですが、それでも配当利回りは2%を切って来てしまっていますので、とりあえずは個人の100株分を利益確定しています。同社は長期保有で株主優待の優遇のある会社ですので、もう1名義分の100株は当面キープということにしたいと思います。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ