ついに来たる米国の利上げで分配利回りも3%・4%へ!? [BND]バンガード・米国トータル債券市場ETFから分配金をゲットです。 - 高配当株で配当金生活

ついに来たる米国の利上げで分配利回りも3%・4%へ!? [BND]バンガード・米国トータル債券市場ETFから分配金をゲットです。

来週開かれる米連邦公開市場委員会(FOMC)でついに利上げが行われるのではないか!?とも言われているアメリカですけれども、今月のFOMCの会合まではまだ1週間ある事ですし、過去の事を思い起こすとすんなり利上げがなされるのかというのはいざ本当に利上げがされるまでは分からないのではないかと思います。

また、米連邦公開市場委員会(FOMC)において政策金利が引き上げられたとしても、私が主に投資している中期〜長期の国債・社債などに波及してくるかというのは今の所は未知数ですよね。一般的には、短期金利があがれば中長期金利にも波及してくる事が多いと思うのですが、いつもいつもそうとは限らないのが債券の難しい所です。

さて、今回は『アメリカの債券』に投資する商品であるアメリカの運用会社超大手・バンガード社の米国上場ETFの1つでアメリカの債券市場に投資する『ベタ』な商品である[BND]バンガード・米国トータル債券市場ETFから分配金をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。

バークレイズ米国総合浮動調整インデックスは、米国における残存期間1年超の投資適格 課税対象債券市場(米国債、社債、米国以外の米ドル建て債券、モーゲージ債及びアセットバック証券など)のパフォーマンスを測定する指数です。平均残存期間は5~10年です。(バンガード社[BND]公式販売資料から引用)

さて、超低コストで知られるバンガード社の『ETF・投資信託』ですけれども、国内で購入する事のできる同社のETFは最近になって一気にその取扱い銘柄が豊富になりまして、普通の方が投資を行う上ではその商品選択に困る事はなくなったのではないかと思います。

バンガード社の取扱いしている商品で国内で購入する事のできるETFの中には、アメリカの債券に投資するETFだけでも13本も存在しています。その中で、最も運用手数料にあたる信託報酬が0.07%と低いETFが今回の記事でご紹介する[BND]バンガード・米国トータル債券市場ETFなんですよね。色々と考えるのが面倒だという方は、米国債券はこの1本だけで米国債券への投資は十分であると言えるでしょう。

BND 株価チャート
※ 上記BNDの株価チャートはグーグルファイナンスから引用

[BND]バンガード・米国トータル債券市場ETF 過去5年間のチャート:ここで、[BND]バンガード・米国トータル債券市場ETFの過去5年間の値動きをみておきたいと思います。その値動きの小さい『投資適格債券』に投資するETFなので、当然ながら過去5年間の値動きは非常にまったりとしたものとなっています。

今後、米国の利上げがなされ、短期・中期・長期の債券の利回りが上昇するのであれば、当然ながら債券の価格は下落する事になりますので、[BND]バンガード・米国トータル債券市場ETFの株価も下落する事になります。これから新規にこの商品を購入したいというのであれば、数ヶ月くらい金利の動向をチェックしてからでも遅くはないのかもしれませんね。

[BND]バンガード・米国トータル債券市場ETFから分配金です。

BND 分配金

さて、今回は[BND]バンガード・米国トータル債券市場ETFから1口あたり0.169471$分の分配金をいただきました。保有株数は510口でありまして、法人での源泉徴収税などを差し引きしますと、実際に受け取った分配金の金額は66.13$という事になりました。この記事を書いている段階での為替レートを掛け合わせしますと、実際に受け取った分配金の金額8,105円です。

ちなみに、[BND]バンガード・米国トータル債券市場ETFの過去1年間の分配利回りは2.7%程度となっています。今後、長期金利が上昇局面に入るのであればこの利回りも徐々に上昇する事が予想されますが、前述のように[BND]バンガード・米国トータル債券市場ETFの株価自体が下落する事も考えられますので、新規で投資するに当たってはご注意くださいね。

米国ETFの購入には、マネックス証券が個人的にオススメです。

資産運用始めるなら!マネックス証券」
■ 他大手ネット証券より安い手数料
■ 特定口座対応で確定申告の煩わしさなし
■ 私も外国株・外国債券取引で愛用中


この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ