ビックカメラ[3048]から6,000円分の株主優待券(うち長期保有相当分が4、000円)と期末配当金をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

ビックカメラ[3048]から6,000円分の株主優待券(うち長期保有相当分が4、000円)と期末配当金をいただきました。

未だ株式投資の大きなテーマの1つではありますが、特に去年後半〜今年前半にかけてその勢いがあったインバウンド関連の銘柄。今回の記事でご紹介する[3048]ビックカメラも外国人観光客が家電を爆買いする姿が見られた影響で『インバウンド銘柄の代表格』と捉えられていたように思いますね。後述のように、同社は今でも外国人観光客向けのサービスを拡大させています。

3048 ビックカメラ 期末報告書

[3048]ビックカメラ 第35期期末報告書:さて、今回はそんな[3048]ビックカメラから期末報告書と配当金、株主優待券の3点セットをいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。まずは、読者の皆様の一番の注目だと思われる『株主優待関連』からご紹介することにしたいと思います。

ビックカメラ[3048]の株主優待(2月8月 年2回)

買物優待券(1,000円)
■ 100株以上:2月2枚・8月1枚
■ 500株以上:2月3枚・8月2枚
■ 1,000株以上:2月5枚・8月5枚
■ 10,000株以上:2月25枚・8月25枚
※ 8月権利では1年以上の保有で年1枚・2年以上の保有で年2枚追加されます。

■ >>> ヤフオクでも大人気の[3048]ビックカメラの株主優待券相場チェックはこちら
■ >>> 株主優待ゲットにはまずは口座の開設から。私が利用している口座を紹介しています。

3048 ビックカメラ 株主優待券

[3048]ビックカメラ 2015年8月権利確定分株主優待:さて、私は[3048]ビックカメラの株式を個人で100株、法人で100株保有しておりますので、今回はそれぞれの名義で3,000円分ずつ、合計6,000円分の株主優待券をいただきました。なお、同社の株式を1年以上保有していると1枚、2年以上保有していると2枚の株主優待が追加となりますので、今回いただいた6,000円分のうち、2名義分×2枚の4,000円分は長期保有分でいただいた株主優待という事になりますね。

ビックカメラ 前期は業績伸び悩み

[3048]ビックカメラ 前期は業績伸び悩み:インバウンド銘柄の代表格である[3048]ビックカメラは、当然今期の業績も良いのだろうと期待していた方が多かったと思うのですが、残念ながら今期についてはインバウンド需要よりも、消費税増税の反動の方が上回ってしまったようでありまして、売上高ベースで4.5%の減少、経常利益ベースでは15%の減少ということになってしまいました。期待していた方が多かっただけに、株価にはネガティブに反応してしまいましたね。

ビックカメラ 外国人向けサービスの拡大

[3048]ビックカメラ 外国人向けサービスの拡大:さて、2020年の2,000万人という訪日外国人客の目標が前倒しで達成されるのでは!?という見方もある昨今、[3048]ビックカメラとしてもこのインバウンド消費の恩恵を受けるために、サービスの拡大を行っています。そのうちの1つが、ビックカメラの店舗で買った商品を空港に届けてくれるサービスなんですよね。これは、荷物の多い外国人観光客には、かなりウレシイサービスなのではないかと思います。

ビックカメラ[3048]から期末配当金です。

3048 ビックカメラ 期末配当金

さて、今回は[3048]ビックカメラから1株あたり5円の期末配当金をいただきました。保有株数は個人で100株、法人で100株でありまして、それぞれの源泉徴収税を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は821円ということになりました。

[3048]ビックカメラの主要指標(2015年12月4日現在)

■ PER:17.50倍(予想)
■ PBR:2.05倍(実績)
■ ROE:12.4%(実績)
■ 配当利回り:0.88%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:23.3→14.2→57.3→39.3→64.7(2016/08予想)
■ 直近5期の配当推移:10→10→10→10→10(2016/08予想)

では、最後に[3048]ビックカメラの主要指標をチェックしておきます。前期は、ほぼヨコヨコの業績予想から下方修正してしまった同社ですが、今期2016年8月期は業績が回復するという見込みになっているようですね。同社は優待目当てで長期保有している株式なので、優待制度に変動がない限りは長期ホールドする予定ではあるのですが、それでも業績が良いに越した事はありませんよね。今期の業績に期待しておくことにしたいと思います。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ