国内では超老舗の総合型不動産投資信託。[8954]オリックス不動産投資法人から分配金と資産運用報告書です。 - 高配当株で配当金生活

国内では超老舗の総合型不動産投資信託。[8954]オリックス不動産投資法人から分配金と資産運用報告書です。

かなり幅広い事業を手がけており、さらにプロ野球球団まで保有していますのでどういう事業がメインかという事をイマイチ掴みづらい会社である[8591]オリックス。同社は基本的には金融業でありまして、総合リースの分野では国内で首位となっていますね。その他、今回の記事でご紹介するような『不動産分野』も同社は手がけています。

8954 オリックス不動産投資法人 資産運用報告書

[8954]オリックス不動産投資法人 資産運用報告書:さて、今回はそんな[8591]オリックス系のリートの1つである[8954]オリックス不動産投資法人から、資産運用報告書と分配金をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。一般的にはあまり『不動産』というイメージのない同社ですが、実はこのリートは国内で4番目に上場されている超老舗の銘柄の1つなんですよね。

オリックス不動産投資法人 規模を拡大中です

[8954]オリックス不動産投資法人 規模を拡大中です:ここ数年は度重なる増資でその規模を拡大させて来ている[8954]オリックス不動産投資法人。規模の拡大は株価が高い時にやりたいものですが、そういう時は不動産が割高な傾向にありますよね。なかなかタイミングは難しい所かと思いますが、最近の同社の傾向として分配金は増加傾向にありますので、その面からは最近の同社の増資は悪くはないと言えるのではないでしょうか。

オリックス不動産投資法人 低下する資金調達コスト

[8954]オリックス不動産投資法人 低下する資金調達コスト:同社に限らず、国内どこでも最近の金融緩和のおかげで資金調達コストが低下の一途を辿っていますが、[8954]オリックス不動産投資法人の資金調達コストも最近は低下傾向にありますね。借入金利が低下するという事は、単純に業績向上・分配金の上昇に貢献しますので、これからもこの水準の低い調達コストに期待したいですね。

オリックス不動産投資法人 5割台はオフィス物件です

[8954]オリックス不動産投資法人 5割台はオフィス物件です:[8954]オリックス不動産投資法人は分類としては『総合リート』ということになるんですけれども、現在その保有物件の56%程度はオフィスという事になっています。個人的にはもう少しオフィスの割合は低めの方が好みではあるんですけれども、それは別のリート銘柄に期待することにしたいですね。

[8954]オリックス不動産投資法人から分配金です。

8954 オリックス不動産投資法人 分配金

さて、今回は[8954]オリックス不動産投資法人から1口あたり2,929円の分配金をいただきました。保有口数は8口でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った分配金の金額は19,843円ということになりました。

[8954]オリックス不動産投資法人の親会社である[8591]オリックスは超大手の不動産会社に比べるとややスポンサーとしての信頼性に欠けるのか、もしくは物件の質で超大手よりは劣っているのか、同社の分配利回りは他の老舗のリートに比べるとやや高い傾向にあります。それでも、11月末現在で3.5%程度なので魅力的とは言えませんけどね。

上場順位では4番目、時価総額でも6位争い(2015年11月末現在)と老舗らしい立派な実績を残している[8954]オリックス不動産投資法人。個人的には『オリックスひいき』なのでこれからも長期で保有はしていきたいと思っているのですが、買い増しについてはしばらく様子見ということにしたいと思っています。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ