自分の投資の参考にしている日興アセットマネジメントの超分散型投資信託『GW7つの卵』から四半期レビューをいただきました。 - 高配当株で配当金生活

自分の投資の参考にしている日興アセットマネジメントの超分散型投資信託『GW7つの卵』から四半期レビューをいただきました。

配当金生活のポートフォリオではETFを除く投資信託は保有していないのですが、そのポートフォリオの枠外では3銘柄の投資信託を保有しています。そのうちの1つが今回の記事でご紹介する日興アセットマネジメントのGW7つの卵という事になりますね。

日興アセットマネジメント GW7つの卵 四半期レビュー

GW7つの卵 四半期レビュー:『GW7つの卵』はその信託報酬が年率1.944%であり、私の保有している商品の中ではダントツの手数料率となります。正直な所、もう売ってしまっても良いとは思っているのですが、元日興証券社員の友達に薦められて購入したものなので、売るに売られず今までずっと保有しているんですよね。既にその友達は日興を退職しているので、今となっては売ってしまっても良いものなんですけどね。このレポート自体は良いものだと思いますので、当面の間は保有し続ける事にしたいと思っています。

GW7つの卵 7〜9月の成績

GW7つの卵 7〜9月の成績:2003年という株式が低迷している時に設定された商品であるため、信託報酬年率2%弱という悪条件の中でもしっかりと結果を残しているこのGW7つの卵。ただ、7月〜9月というと、中国市場に端を発した大荒れの3ヶ月間でしたので、さすがにこの3ヶ月は大きな下落という事になりました。3ヶ月の運用成績がー8%台というのはなかなか辛い成績ですよね。

GW7つの卵 資産構成

GW7つの卵 資産構成:さて、基本的には投資信託の名前の通り『7つの卵(資産クラス)』に分散投資する商品である『GW7つの卵』。こんな感じで先進国の株式・債券にバランス良く投資する商品となっています。個人的にはもう少し株式の比率が低めでも良いのかなと思うんですけれども、インカムゲイン目当てではなく『キャピタルゲイン』メインの投資を行うのであれば、株式7割というのは悪くはないチョイスなのかもしれませんね。

GW7つの卵 通貨別の構成

GW7つの卵 通貨別の構成:続いて『GW7つの卵』の通貨別の構成比率を見ておきたいと思います。基本的には国内半分海外半分という比率を心がけているという事が分かりますね。日本に住んでいる限りは、どうしても円建ての資産が膨らみがちになるので、個人的には米国半分:それ以外半分という比率でも良いと思うのですが、少なくともこの商品についてはこの比率となっています。バランスは良いと思いますね。

GW7つの卵 私の投資成績

GW7つの卵 私の投資成績:さて、2005年に投資を開始して10年が経過した『GW7つの卵』。信託報酬2%近くを10年も支払って来たと思うと、かなりの手数料だという印象は拭えないのですが、それはそれとして最初に10万円投資した資金は10年が経って14万6千円(+46%)になっているようですね。適当にインデックスファンドを買っているだけでももっと+になったような気がするのですが、それはそれこれはこれですね。+になっているという事実は素直に喜ぶ事にしたいと思います。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ