ライバル他社の攻勢に負けず業績は絶賛安定推移中。配当利回りは5%前後の米国通信株[VZ]ベライゾン・コミュニケーションズから配当金です。 - 高配当株で配当金生活

ライバル他社の攻勢に負けず業績は絶賛安定推移中。配当利回りは5%前後の米国通信株[VZ]ベライゾン・コミュニケーションズから配当金です。

先日の米国大手通信株である[T]AT&Tの記事でも述べたように、業績安定・超高配当の傾向にある事から『米国の通信株』には好んで投資する傾向にあります。日本の大手3社のうち、ソフトバンクを除く2社も業績安定・配当銘柄としては悪くはないと思うのですが、日本とアメリカの違いで一番大きいと感じるのはアメリカは人口増加社会であるという事なんですよね。当面の間はアメリカの大手通信の方が伸びしろがあると思っているのですが、どうなるでしょうね?

ということで、今回は米国大手通信株の2強の一角である[VZ]ベライゾン・コミュニケーションズから四半期配当をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。

VZ ベライゾンコミュニケーションズ
※ 上記画像はベライゾンの公式ウェブサイトから引用。

さて、長らく[T]AT&Tと米国通信の2強と呼ばれている[VZ]ベライゾン・コミュニケーションですが、最近は[9984]ソフトバンク系のスプリントが料金プランなどで度々ちょっかいをかけて来る事から、個人的には将来的にやや不安がありますね。ただ、現状では短期的に魅力的な料金プランを出したからといって、同社から顧客が流れているという事はないようなのでとりあえずは安心なんですけどね。

最近の同社のネタとしては、今年国交を回復したばかりのキューバにおいてローミングのサービスを開始した事です。近くて遠い国と言われていた『アメリカとキューバ』ですけれども、国交の回復を契機として、これからはビジネス面での交流が深まり始めるのかもしれませんね。

VZ 株価推移
※ 上記チャートはグーグルファイナンスから引用した5年チャートです。

[VZ]Verizon Communications 過去5年間の株価推移:業績が安定傾向にある[VZ]ベライゾンコミュニケーションズですので、その株価推移もどちらかというと『まったり傾向』にあると言って良さそうです。ただ、2015年11月20日を起点とする過去5年間の株価推移を見てみると+39%となっています。これは、同期間のS&P500の+74%に比べると『まったり推移』と言えますが、絶対評価をするのであれば必ずしもまったりとは言えないかもしれませんね。

[VZ]ベライゾン・コミュニケーションズから配当金をいただきました。

VZ 配当金

さて、今回は[VZ]ベライゾン・コミュニケーションズから1株あたり0.565$分の配当金をいただきました。保有株数は182株でありまして、各種源泉徴収税を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は78.57$ということになりました。この記事を書いている段階での為替レートから計算しますと、実際に受け取った配当金の金額は9,659円ということになります。

[VZ]Verizon Communicationsの主要指標(2015年11月23日現在)

■ PER:18.2倍
■ PBR:14.1倍
■ ROE:37.6%
■ 配当利回り:4.98%(実績)
■ 直近5期のEPS推移:0.90→0.85→0.31→4.00→2.42(2014/12実績)
■ 直近5期の配当推移:1.92→1.98→2.03→2.09→2.16(2014/12実績)

では、最後に[VZ]Verizon Communicationsの主要指標をチェックしておく事にしたいと思います。今期も売上高・営業利益ともに堅調な推移の見込みとなっている同社ですが、前述のスプリント社などライバルとの価格競争が激しくなる予感もありまして、必ずしも今までのような安定業績をキープできるとは限らないというのが少し心配な所ですね。

ただ、同社はライバルの[T]AT&Tとおなじく連続増配中でありまして、業績自体も景気の変動の波に関係なくそれなりの水準をキープすると予想される事から、一時的に株価を下げる場面ではさらに買い増ししても良いと思っています。現在、時価にして約100万円分保有している同社の株式ですが。最大では今の倍までは買っても良さそうですね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ