投資のネタはありませんが、最近の私の出来事『結婚・出産・フラット35・事務所開業・受験勉強開始』と今週の48時間の勉強の内容をまとめてご紹介。 - 高配当株で配当金生活

投資のネタはありませんが、最近の私の出来事『結婚・出産・フラット35・事務所開業・受験勉強開始』と今週の48時間の勉強の内容をまとめてご紹介。

このブログを始めた頃は気楽な1人身だったのに、いつのまにかしてしまっていた結婚、そして子供の誕生を機に事務所用のワンルームマンションを借りて、週に3〜4回はそこに出勤するようになった私。私のやっている仕事と言えば、このブログを執筆する事だけですので、朝8時から出勤して夕方の5時まで事務所にいても、それほどやらなければいけない事はないんですよね。

月に2回は領収書や株式の売買データ、配当金のデータなどを会計ソフトの『弥生会計』に入力する日があり、その日だけは比較的仕事が忙しいのですが、それ以外の日は概ね午前中にはその日のブログの編集が終わってしまっておりまして、毎日事務所で暇な日が続いていました。

なので、事務所には暇をつぶすために各種漫画・各種ゲーム機なども完備したのですが、どうせ時間が余っているのであれば英語の勉強でもしようかと思いまして、TOEICやTOEFLのための教材を買おうと思いました。また、最近合格率が上がっているという『通訳案内士』の資格を取って、私の仕事は対外的には通訳ですという事にしようと思っています。

この通訳案内士の試験は英語は日本の事を案内するために『日本史』『観光用地理』がテスト範囲に入っておりまして、英語だけではなく日本史の教材も会社に揃えられる事になります。そんなこんなと思考回路を巡らせた結果、今月に入って英語と日本史の勉強を再開しました。

また、私の最近の出来事としてはまもなく3人暮らし用の住宅に引っ越すこととなっておりまして、そのために住宅ローン『フラット35』の審査を行いました。専業投資家ながら法人で投資をしていたので、無事この審査には通りまして、家が引渡される時に数千万円を借りる事ができます。

さて、このフラット35の審査を受けるために最近の私の年収は600万円という事にしており、実際に法人から自分に月50万円の給料を支払っていたのですが、フラット35の審査が終わった事で、税理士さんのアドバイスのもと月給を20万円まで下げる事にしました。奇しくも、今年はリートの下落で法人の投資成績が悪くなっておりまして、月給を下げる合理的な理由もあるそうなんですよね。

話の寄り道が長くなってしまいましたが、どうもウェブ上で調べた所月収20万円であれば大学の授業料がタダで行けるようなんですよね。どうせ英語と日本史を勉強するのであれば、それに数学と国語を勉強してもう一度大学に行ってみるのもアリなのではないかと思いました。

ストックが十分にあるのに、フローが少ないからといって授業料がタダになるというのはちょっと心苦しい気もするのですが、今まで私は国に1億円以上は税金を払っていますので、その点についてはお許しいただければと思います。勉強・研究の内容、少しでも日本の役に立つ事をと思っておりまして、微力ながら国の役に少しでも立てるように頑張りたいと思っています。

ちなみに、私は大学2年生の時から起業しておりまして、せっかく現役時代にかなり良い大学に通っていたのにほとんど勉強せずに卒業してしまいました。理系なのに卒論は数日で適当に仕上げたものでありまして、教授からはかなりオマケの卒業認定だったように思います。大卒の経歴が役に立ったのは就職活動以外で全くありませんでしたが、教授には感謝しないといけませんね。

ということで、今度大学に入学すれば前回工学部で勉強出来なかった分も頑張って勉強・研究したいと思っています。勉強だけならわざわざ大学に入らなくてもできると思うのですが、充実した図書館や研究など大学だからコソという部分もありますよね。既に家族には入学の許可を得ていますので、まずは頑張って試験を突破したいと思っています。

さて、この『再受験勉強』も私の配当金生活の一環なので、本当はこのブログの中で展開しようと思っていたんですけれども、さすがにメインの『投資』という内容からは外れ過ぎかなと思いまして、別のブログたっちゃんの大学再受験挑戦日記を執筆する事にしました。興味のある方は、そちらのブログも合わせてご覧いただければ幸いです。投資ブログの方では、週に1回程度ダイジェストで受験生活をご紹介する予定です。

今週の勉強からピックアップ

今週の勉強の中で一番役に立ったと感じたのは、英文法の参考書である総合英語Forest 7th Editionでした。上にも書いているように『Do you have something to eat?』という文章は正しいんですけれども、これって『Do you have anything to eat?』じゃないの?と自分の拙い英語力では感じてしまっていたんですよね。

というのも、中学英語で肯定文では something、否定文・疑問文では anythingと教えられていたためなのです。中学時点ではあんまりややこしい事を教えると混乱するので、こういう教え方でも悪くはないと思うのですが、その事を鮮明に覚えていたので先日まで『Do you have something to eat?』が正しいという事を知らなかったんですよね?理由が気になるという方は、上の過去記事をご覧いただければと思います。

過去1週間の勉強はこんな感じでした。合計48時間勉強しています。


この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ