国内高配当株式トップ10(2015年11月20日現在)自動車の部品製造に強い[3439]三ツ知。3期連続の増配で現状は高配当株式ですね。 - 高配当株で配当金生活

国内高配当株式トップ10(2015年11月20日現在)自動車の部品製造に強い[3439]三ツ知。3期連続の増配で現状は高配当株式ですね。

今回は2015年11月20日時点での国内高配当株式のトップ10を概観したいと思います。このランキングでは、私なら投資しても良いかな〜と思える独自のスクリーニング基準を使って、基準に当てはまった銘柄の中から上位10銘柄をご紹介しているランキングです。本編に入る前に、今週の私のツイートに関する雑談からスタートです。

最近の住宅ローンの金利は過去最低水準にあると良く言われているのですが固定金利が特徴の『フラット35』についてもその金利はかなり低い水準で推移しています。なんと、その住宅ローンの金利は20年以下の借入の場合は1.28%に留まっているんですよね。これは、変動金利ではなく『固定金利』なのですから驚きは隠せません。

私はもうすぐ住宅を買う事になっておりまして、このフラット35を利用しようと思っています。本当なら住宅ローンをしなくとも、過去に利益確定したお金の範囲内で買える家を購入しているのですが、今回はこの現金をドーンと使わずに最大限フラット35を借入する予定です。

というのも、もし株式・リート市場が大荒れとなって『ナンピンライン』に到達した時に、1,000万円単位で資金を残しておかないと全くナンピンが出来なくなってしまうためなんですよね。そういう理由でなくとも、上のツイートで述べたように『現金で払えてもとりあえず最大限借りておいて、住宅に払う予定だったお金は米国電力株に投資』なんて戦略も有効かもしれません。リスクがある事なので、誰にでも薦められる訳ではないですけどね。

たっちゃんのツイッターをフォローお願いいたします。

さて、今更ではありますが、実は私たっちゃんはTwitterのアカウントを持っております。アカウントをオープンして2年間の間は記事の更新情報を垂れ流すだけだったんですけれども、それではフォロワーさんの興味を惹き付けられないかなと思いまして、最近はそれ以外の事もはつぶやくようになりました。

私自身ののんびりした性格が災いして、このブログは『速報性』に欠ける所があるんですけれども、その『のんびりさ』についてはTwitterで速報を流す事にしてフォローしていきたいと思っています。

また、自分の保有している銘柄関連のニュース、本日の経済ニュースから自分の面白いと思ったもの、株主優待券を利用しての外食やお買い物などもご紹介したりもしています。そういうネタが面白いと思える方は、是非ともフォローをしていただければ幸いです。コメントなども出来るだけお返しするようにしておりますので、ボケつぶやきに面白いツッコミなどございましたら、お気軽にお願いします。

配当金生活向けの高配当銘柄ランキング。ランクイン基準は?

PERが20倍以下であること:タコ配傾向の銘柄はランクインしません
ROEが7%以上であること:資本コストは7%以上だと思うので
時価総額が50億円以上であること:極端な小型株は流動性の観点からカット
経常利益が前期比+であること:利益マイナスは嫌な感じがしますよね
自己資本比率が50%以上であること:財務が良い会社は安心できます

このランキングでは以上の5点を満たす銘柄を配当利回りが高い順にランク付けしています。なお、データ作成にはSBI証券のスクリーニングデータを用いています。

過去のランキング1位・2位・3位が気になる方は!?

第154回(2015/11/13):ピックアップ [6384]昭和真空
いちよし証券(4.82%)/デクセリアルズ(4.02%)/日本バルカー工業(3.88%)
第153回(2015/11/06):ピックアップ [2362]夢真ホールディングス
いちよし証券(4.82%)/デクセリアルズ(4.02%)/日本バルカー工業(3.88%)
第152回(2015/10/30):ピックアップ [4980]デクセリアルズ
夢真ホールディングス(4.98%)/いちよし証券(4.82%)/日本バルカー工業(4.01%)
第151回(2015/10/23):ピックアップ [7995]日本バルカー工業
夢真ホールディングス(4.90%)/いちよし証券(4.61%)/日本バルカー工業(4.05%)
第150回(2015/10/16):ピックアップ [7615]京都きもの友禅
夢真ホールディングス(4.95%)/いちよし証券(4.73%)/日本バルカー工業(4.11%)

2015年11月20日現在のランキングです

1(ー):[8624]いちよし証券:4.72%(-0.00%)
2(+2):[7995]日本バルカー工業:3.82%(-0.01%)
3(ー1):[4980]デクセリアルズ:3.79%(-0.19%)
4(再):[3439]三ツ知:3.68%(-)
5(ー):△[7551]ウェッズ:3.66%(-0.02%)
6(+3):△[7637]白銅:3.61%(+0.03%)
7(ー):☆[4327]日本エス・エイチ・エル:3.59%(-0.04%)
8(ー2):[7517]黒田電機:3.55%(-0.11%)
9(ー1):☆[8096]兼松エレクトロニクス:3.51%(-0.09%)
10(再):☆[2763]エフティグループ:3.50%(-)
※ 参考:上記のうち現在たっちゃんが保有している銘柄には☆印を、過去に保有していた事のある銘柄には△印が付いています。

今週のランキングを見てみたいと思います。今週は株式市場が全体的に平穏でしたが、このランキングにランクインしている10銘柄についても、[4980]デクセリアルズを除くと週間の株価の値動きが1%前後以下というものが多かったようですね。個人的には株価が上がったり下がったり激しい推移をするよりも、上がりもせず下がりもせずまったり推移という方が私好みではあります。

さて、今回は今週4位にランクインしている[3439]三ツ知をご紹介することにしたいと思います。私好みの漢字の渋い会社名で、その名前からはどういう業種の会社なのか容易に想像する事は出来ませんよね。実は、同社は自動車関連の会社でありまして『自動車のシート』に使う金具などを主力の商材にしているんだそうです。

『自動車関連』の部品会社ということで、当然ながらその業績は『自動車会社の景況』に左右される可能性が高いと思います。そう思うと、今は自動車関連の会社が絶好調だと思うので、ここで新規には購入しにくい所ですよね。短期的にはまだ上はあるかもしれませんけれども、私個人の嗜好からするとちょっと手がけにくい銘柄という事になりますね。

[3439]三ツ知の主要指標(2015年11月22日現在)

■ PER:7.41倍(予想)
■ PBR:0.63倍(実績)
■ ROE:7.1%(実績)
■ 配当利回り:3.68%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:-64.8→-24.1→162.8→204.1→256.4(2016/06予想)
■ 直近5期の配当推移:15→0→45→60→70(2016/06予想)

では、最後に[3439]三ツ知の主要指標をチェックすることにしておきたいと思います。同社は最近の業績が上昇傾向にありますので、株価も2年前の今頃と比べると2倍強の水準まで駆け上がって来ています。一時期は赤字に苦しんでいた事を思うと、最近の1株当たり純利益(EPS)の伸びは心強いですよね。ただ、現状の予想では2017年6月期はヨコヨコとなる見込みのようです。

さて、2013年6月期の0円配当から今期の70円配当まで順調に配当を伸ばして来ている同社。この過去を見る限りは、同社は安定配当ではありませんで、業績の変動に応じてきっちりと増配・減配を繰り返す会社だということが分かりますね。同社が自動車のように景気の影響を受けやすい業種でなければ、買ってみても良いと思うのですが、今の所は買うにしても100株の様子見かなと思っています。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ