吉野家HD[9861]から6,000円分の株主優待券と中間配当金をゲット。今回も優待券でゲットできる株主限定冷凍食品詰め合わせギフトを実施ですね。 - 高配当株で配当金生活

吉野家HD[9861]から6,000円分の株主優待券と中間配当金をゲット。今回も優待券でゲットできる株主限定冷凍食品詰め合わせギフトを実施ですね。

国内に上場している銘柄の中でその株主優待制度の知名度が高く、優待銘柄の王様と言っても良いものは個人的には今回の記事でご紹介する[9861]吉野家HDと、[2702]日本マクドナルドだと思うんですよね。普段、株主優待にあまり興味がないという方でも、この2銘柄だけは保有しているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

9861 吉野家HD 株主優待券

[9861]吉野家HD 中間報告書:さて、今回はそんな[9861]吉野家HDから第59期の中間報告書をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。同社の業績はいつも通り『良くはないけれども、ダメと言い切れるほどでもない』という中途半端な感じですので、今回については優待関係を中心にチェックしておくことにしたいお思います。

吉野家ホールディングス[9861]の株主優待 (2月/8月 年2回)

1枚あたり300円相当の食事券
■ 100株以上:10枚
■ 1,000株以上:20枚
■ 2,000株以上:40枚

株主優待ゲットにはまずは口座の開設から。私も利用している口座を紹介しています。
ヤフオクで[9861]吉野家の株主優待券の相場をチェック

9861 吉野家HD 株主優待券

[9861]吉野家HD 株主優待券:さて、今回は[9861]吉野家HDから1名義あたり3,000円分の株主優待券をいただいています。私は同社の株式を個人+法人で2名義分保有していますので、今回は6,000円分の株主優待券をゲットした事になりました。いずれ、嫁の分・子供の分と名義数を増やしていきたいとは思っているのですが、最近の同社の株価は同社にしては好調なので、ここからの買い増しについてはちょっとためらってしまいますね。

吉野家HD 株主優待商品引換について

[9861]吉野家HD 株主優待商品引換について:さて、今回も[9861]吉野家HDではその株主優待券と引換に冷凍食品詰め合わせセットをゲットする事が出来ます。今回の内容は前回のものとは少し変わっておりまして『牛丼の具×4』『牛すき×2』『牛ごぼうそぼろ×2』という事になっていますね。前回入っていた豚丼・親子丼はなくなって、代わりに牛すきとごぼうそぼろが登場ですね。

吉野家HD 届くのはこんな商品です

[9861]吉野家HD 届くのはこんな商品です:『牛すき』『牛ごぼうそぼろ』というのがどんな商品か気になって仕方ないという方もいらっしゃると思いますので、上記の写真をご紹介しておきたいと思います。牛すきというのは要するに吉野家のお店で販売している牛すき鍋膳に近いもののようですね。ただ、豆腐・長ネギは入っていないそうなので、必要だという方は自分で買ってくる必要がある事には要注意ですね。

[9861]吉野家HDから配当金です。

9861 吉野家HD 配当金

さて、今回は[9861]吉野家HDから1株あたり10円の配当金をいただきました。保有株数は個人で100株・法人で100株でありまして、それぞれの源泉徴収税を差し引きしますと、実際に受け取った金額は1,642円ということになりました。

吉野家HD[9861]の主要指標(2015年11月15日現在)

■ PER:83.15倍(予想)
■ PBR:1.66倍(実績)
■ ROE:1.9%(実績)
■ 配当利回り:1.33%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:25.8→-7.1→13.6→16.2→18.4(2016/2予想)
■ 直近5期の配当推移:20→20→20→20→20(2016/2予想)

では、最後に[9861]吉野家HDの主要な指標をチェックしておく事にしたいと思います。典型的な『株主優待銘柄』である同社は、個人的にはそこまで稼いでくれる事には期待していません。当然ながら、業績が良いに越した事はないんですけれども、とりあえずは『年20円の配当の継続』『株主優待の継続』さえなされるのであれば、業績については今程度で良いのではないかと思っています。これからも優待が続く限りは一生保有したい銘柄ですね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ