[8179]ロイヤルHDの株主優待券を利用して『北海道フェア・イタリアン』に参加。前菜盛り合わせな超豪華な『ピアット・レガーロ』セットをいただきます。 - 高配当株で配当金生活

[8179]ロイヤルHDの株主優待券を利用して『北海道フェア・イタリアン』に参加。前菜盛り合わせな超豪華な『ピアット・レガーロ』セットをいただきます。

アベノミクス相場の初期の頃には『ちょっと豪華な消費銘柄』として話題になった[8179]ロイヤルHD。同社のメインブランドである『ロイヤルホスト』で販売しているちょっと高めのステーキは販売好調だったようでありまして、当時の日本経済新聞でもちょくちょく話題になったものでした。最近も、その『ちょっと豪華な路線』は継続しているようですけれども、最近の売上は一進一退の攻防となっているようですね。味自体は美味しいと思いますので、それ以外の面でここらが踏ん張り所ですね。

ロイヤルホスト 北海道フェアイタリアン

ロイヤルホスト 北海道フェアイタリアン:さて、今回はそんなロイヤルホストで9月から開催されている期間限定メニューである北海道フェアイタリアンをいただいてまいりましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。こちらのメニューのお値段は選択次第なのですが、2,000円を超えるものも中にはありまして、ファミレスという観点から考えるとちょっと高いメニューであると言えそうですね。

[8179]ロイヤルホールディングスの株主優待 (6月/12月 年2回)

優待食事券(500円)
■ 100株以上:1枚
■ 500株以上:10枚
■ 1,000株以上:24枚

参考:ロイヤルHD[8179]の主要指標(2015年10月26日現在)

■ PER:41.60倍(予想)
■ PBR:1.81倍(実績)
■ ROE:4.3%(実績)
■ 配当利回り:0.76%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:-82.4→29.5→43.1→48.4→50.7(2015/12予想)
■ 直近5期の配当推移:10→12→14→16→16(2015/12予想)

ロイヤルホストの『ピアット・レガーロ』をいただきます。

ピアット・レガーロ ドリンクバー

ピアット・レガーロ ドリンクバー:さて、今回は『北海道フェアイタリアン』のセットメニューであるピアット・レガーロをいただく事にしました。これは、前菜盛り・サラダ・主菜・フォカッチャの組み合わせのセットになりますね。ドリンクバーはこのセットに含まれていませんので、追加料金を払って注文しています。

ピアット・レガーロ 前菜盛り合わせ

ピアット・レガーロ 前菜盛り合わせ:北の大地から届いたにんじん・かぼちゃ・ブロッコリーのマリネ、北海道の水蛸〜ガスパチョ仕立て〜、紅ズワイ蟹のフリッタータ、北海道で育った豚の生ハムとソフトサラミ、十勝産乳を使ったゴーダチーズ、秋鮭スモークのリコッタチーズ詰め、真鱈ときたあかりのコロッケ、増毛に上がった甘エビのフリット、樺太シシャモのペースト。メニューのタイピングに疲れてしまうほど、豊富な内容となっていますね。

ピアット・レガーロ 国産牛ステーキ 山わさび添え

ピアット・レガーロ 国産牛ステーキ 山わさび添え:そして、今回のメインは『国産牛ステーキの山わさび添え』です。本当はこのステーキは北海道産の牛という事なのですが、このメニューが人気なため1日の予定量が終わってしまった場合は国産牛で代替という事になるようです。まあ、実際の所はこれが『どこ産の牛でしょう!?』なんて言われてもわかりませんよね。

ピアット・レガーロ フォカッチャとシーザーサラダ

ピアット・レガーロ フォカッチャとシーザーサラダ:こちらはステーキと一緒に運ばれて来たシーザーサラダとフォカッチャです。フォカッチャ自体は時々食べるパンですけれども、オリーブオイルをつけて食べるというのは、普段の生活ではなかなかしない体験ですね。ちょっと高級なイタリアンのお店に行く時くらいしかオリーブオイルでパンを食べるという経験はないような気がします。

ということで、今回は[8179]ロイヤルHDの株主優待券を利用しまして、同社のメインブランドである『ロイヤルホスト』にて、期間限定のメニューである北海道フェアイタリアン ピアット・レガーロを楽しみました。このメニュー、2,000円をやや超えてしまうのは難点ですけれども、特に前菜は凝った内容ですので、そのお値段の価値は十分にあるのではないかと思います。株主優待券が手元になかったとしても、食べてみても良いのかな!?と思えるメニューですね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ