分配利回り6%、平時であればほとんど値動きのない利回り系ETF。[PFF]iシェアーズ米国優先株式ETFから分配金をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

分配利回り6%、平時であればほとんど値動きのない利回り系ETF。[PFF]iシェアーズ米国優先株式ETFから分配金をいただきました。

ここ数年は株式・リート共に好調な相場であった事から、基本的には買い増しよりも『利益確定』を中心に進めて来ました。ということで、ほとんどの株式系のETFの保有口数は数年前に比べると減少しているんですけれども、そんな中で一部は保有口数を増やしている銘柄もございまして、それが今回の記事でご紹介する[PFF]iシェアーズ米国優先株式ETFという事になりますね。

この[PFF]iシェアーズ米国優先株式ETFがメインで投資している『優先株式』は、制度上はあくまで『株式』である事には間違いないのですが、安定した利回りが得られる商品であるため『債券的性格を持つ』と考える方もいらっしゃるようです。ただ、配当金生活のポートフォリオにおいては、この商品は『海外株式』として区分しています。

優先株式(ゆうせんかぶしき)とは、利益もしくは利息の配当または残余財産の分配およびそれらの両方を、他の種類の株式よりも優先的に受け取ることができる地位が与えられた株式である(会社法108条1項1・2号)。※ Wikipediaから引用

さて、この銘柄をご紹介するたびに再掲している『優先株式の定義』なんですけれども、日本での優先株式の場合は会社法上上記のように定義されています。上の条文を見るに優先株において『優先』されるものは議決権や配当・残余財産の分配などいくつかのものが考えられるようなんですけれども、投資商品としての『優先株』の場合は配当金が優先されるものと考えて良いのではないかと思います。

普通の株式の場合は業績に連動してその配当水準が変動するものが多いと思うのですが、優先株の場合は基本的に『○%』という利回りが事前に決まっておりまして、これが故に株式という名前でありながら上記で述べたように『債券的な性格を持つ』と定義する方もいらっしゃるようです。

PFF 過去5年間の株価
※ 上記の株価チャートはグーグルファイナンスから引用

[PFF]米国優先株式ETF 過去5年間の株価チャート:一般的には『債券的性格』を持つとされる事も多い[PFF]米国優先株式ETFですが、その株価チャートを見てみるとそこらの国債系のETFなみの安定した値動きとなっています。

上記でご紹介しているのは、過去5年間の[PFF]米国優先株式ETFの株価チャートなのですが、この5年間の値動きはほぼ36〜40$の間におさまっておりまして、平時の値動きがかなりまったりとしているという特徴が分かるのではないかと思います。

ただ、このチャートを10年に伸ばしてみて見ると、あのリーマンショックの時の[PFF]米国優先株式ETFの株価は大コケとなってしまっておりまして、一時ピークから7割も下落した場面がありました。というのも、そもそも『優先株式』を発行する銘柄は金融系の銘柄が多かったためなんですよね。金融危機となれば、これらの優先株式の配当が本当に支払われるのか!?元本は大丈夫!?と懐疑的になってしまうのも致し方ない事ではないでしょうか。

[PFF]米国優先株式ETFから分配金をいただきました。

さて、今回は[PFF]米国優先株式ETFから1株あたり0.173044$の分配金をいただきました。保有株数は1,244株でありまして、各種税金を差し引きしますと実際に受け取った分配金の金額は164.54$でした。この記事を書いている段階での為替レートを掛け合わせしますと、19,666円を受け取った事になります。

PFF 配当金の推移
※ 上記の表は[PFF]米国優先株式ETF公式ウェブサイトから引用

[PFF]米国優先株式ETF 過去の分配金推移:最後に[PFF]米国優先株式ETFのここ1年強の分配金の推移を見ておきたいと思います。毎月分配型のETFである[PFF]米国優先株式ETFの分配水準は、運用スタート直後はやや月ごとにぶれる傾向にあったのですが、運用開始から8年が経って保有銘柄も約300と多くなって来ている事から、最近は毎月の分配水準は安定の傾向にありますね。

過去1年間の[PFF]米国優先株式ETFの分配利回りはおおよそ6%前後となっています。先進国の債券では分配利回りが雀の涙ほどになってしまっている所が多い中、この分配水準は貴重な存在でありまして、一部の投資家の間では話題の商品になって来ているように思います。ただ、前述のように『金融系の危機には弱そう』という事だけは気をつけておかなくてはいけませんね。

米国個別株式デビューには、マネックス証券が個人的にオススメです。

資産運用始めるなら!マネックス証券
■ 他大手ネット証券より安い手数料
■ 特定口座対応で確定申告の煩わしさなし
■ 私も外国株・外国債券取引で愛用中


この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ