中国株など新興国の大コケの影響で大幅マイナス状態に。[1582]iシェアーズMSCIエマージング・マーケットETFから分配金です。 - 高配当株で配当金生活

中国株など新興国の大コケの影響で大幅マイナス状態に。[1582]iシェアーズMSCIエマージング・マーケットETFから分配金です。

金融危機以降、先進国よりも相対的に値動きが良かった場面があった事から一時期はもてはやされていた『新興国株式』『新興国債券』。私は、投資先を決めるにあたっては格付けなどを重視する傾向にありますので、新興国株式・新興国債券については私のポートフォリオの『海外株式』『海外債券』クラスのうち10%を超えないようにしているのですが、中には証券会社の営業の方の影響でポートフォリオが新興国だらけになってしまったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

最近の新興国の状況は株式・債券ともに先進国に比べると軟調な推移となってしまっていまして『もう、新興国なんて投資したくないわ!』という方もいらっしゃると思います。私個人の意見からすると、そういう状況の時こそ新たな投資のチャンスだと思えてならないのですが、皆さんはどのようにお感じになりますでしょうか?

ということで、今回はそんな新興国に投資する国内上場のETFである[1582]iシェアーズ エマージング株ETFから分配金をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。このETFは決して高配当という事はありませんので、私の保有している商品の中では比較的珍しいタイプの商品という事になります。ポートフォリオに新興国株式0ではちょっと寂しいかなと思いまして、50万円分ほどだけ投資しているものになりますね。

最下位争いです

[1582]iシェアーズ エマージング株ETF 現在の成績:さて、その[1582]iシェアーズ エマージング株ETFですけれども、今年の4月に初めて投資したばかりにも関わらずわずか半年で14%のマイナスでの推移となっています。私が投資している国内上場の全銘柄を見てみると、このETFが3番目のマイナスとなっています。私のポートフォリオは全体的にプラスの銘柄が多い中で、いかにこの銘柄の値動きが悪かったがわかりますね。


※ 上記の画像はiシェアーズの公式ウェブサイトから引用

[1582]iシェアーズ エマージング株ETF 過去5年間の値動き:さて、最近はイマイチな推移が続いている[1582]iシェアーズ エマージング株ETF。その元商品である米国上場の[EEM]iシェアーズ MSCI エマージング・マーケット ETFの過去5年間の値動きを見ておきます。上記のチャートは米ドル建てである事には注意が必要ですが、その米ドル建ての過去5年間の値動きはやや軟調でありまして、この5年では1割強のマイナスとなっていますね。ただ、10年にチャートを伸ばせば5割程度のプラスとなっています。

iシェアーズ エマージング株ETF 保有国別の資産構成
※ 上記の画像はiシェアーズの公式ウェブサイトから引用

[1582]iシェアーズ エマージング株ETF 保有国別の資産構成:さて、[1582]iシェアーズ エマージング株ETFの2015年10月中旬現在の保有銘柄の国別の構成を見ておきたいと思います。全体の4分の1ほどが中国、そして韓国・台湾も大きな割合を占めておりまして、この3カ国だけで全体の半分くらいになってしまうという事には注意が必要ですね。この東アジア3カ国への投資は好まない、という方にはこの商品はオススメできませんね。

[1582]iシェアーズ エマージング株ETFから分配金です。

1582 分配金

さて、今回は[1582]iシェアーズ エマージング株ETFから1口あたり37円の分配金をいただきました。保有口数は83口でありまして、法人での源泉徴収税などを差し引きしますと、実際に受け取った分配金の金額は3,071円ということになりました。

最近は中国株など一部の新興国の相場が軟調な影響で株価推移がイマイチとなってしまっている[1582]iシェアーズ エマージング株ETFですが、逆張り精神を大切にする私としては、ここらが買い時では?とも思えてしまうんですよね。概して、こういう時は落ちるナイフを掴んでしまう事にもなりかねないのですが、保有株数自体もたいした事ありませんので、今の倍くらいまでは買い増しするのも1手なのかなと思っています。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ