ついに業績反転傾向で足元は年初来高値更新も!? 実は高配当銘柄の世界の[MCD]マクドナルドから四半期配当をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

ついに業績反転傾向で足元は年初来高値更新も!? 実は高配当銘柄の世界の[MCD]マクドナルドから四半期配当をいただきました。

国内ではすっかり『業績イマイチ企業』としての地位を確立してしまったように思える[2702]日本マクドナルド。その日本マクドナルドが、株価だけを見るとほぼ年初来高値近辺にあるというのが株式投資の難しさですよね。同社については『株価が下がれば優待目当てで買いたい』という人がかなり多いと予想されるため、指標面だけで判断するのは危険ということなのかもしれませんね。

MCD
※ 上記の画像は本家マクドナルドの公式ウェブサイトから引用

それはさておき、今回はアメリカ本社の方の[MCD]本家マクドナルドをご紹介することにしたいと思います。日本のマクドナルドと同じ理由で、直近では世界的にやや減速傾向にあった[MCD]マクドナルドの業績ですけれども、各国の施策が+に働きはじめているのか、直近の業績は予想されていたほどは悪化していないようなんですよね。

そのためか、実は世界の[MCD]マクドナルドの株価の方はダウ平均株価などが足踏みしている中で、ここに来て年初来高値を更新する場面もあります。良くも悪くも[MCD]マクドナルドという会社は景気の変動の影響は受けにくい銘柄の1つだと思いますし、こういう世界景気の先行きが不透明な状況では、選択されやすい銘柄の1つということなのかもしれませんね。

マクドナルド 過去5年間の株価チャート
※ 上記の株価チャートはグーグルファイナンスから引用

[MCD]マクドナルド 過去5年間の株価チャート:ここ数年の[MCD]マクドナルドの業績はやや伸び悩みとなっていますので、同社の株価もここ数年は一進一退の攻防となっていますね。同社の株価は、まるで電力株かと思うような安定の推移が続いています。数ヶ月前はもう少し株価が下がって配当利回りが4%台に突入すれば買い増ししたいと思っていたんですけれども、そう思っていると株価が反転してきてしまいました。買い時というのは難しいですよね。

[MCD]マクドナルドから配当金をいただきました。

MCD マクドナルド 配当金

さて、今回は[MCD]マクドナルドから1株あたり0.85$の配当金をいただきました。保有株数は45株でありまして、個人での各種源泉徴収税などを差し引いた後の手取りの配当金額は29.22$です。この記事を書いている段階での為替レートを掛け合わせますと、日本円換算では3,511円を受け取りました。

[MCD]McDonald's Corporationの主要指標(2015年10月12日現在)

■ PER:23.9倍
■ PBR:9.2倍
■ ROE:33.0%
■ 配当利回り:3.31%(実績)
■ 直近5期のEPS推移:4.58→5.27→5.36→5.55→4.82(2014/12実績)
■ 直近5期の配当推移:2.26→2.53→2.87→3.12→3.28(2014/12実績)

では、最後に[MCD]McDonald's Corporationの主要な指標をチェックしておく事にしたいと思います。前述のように、最近は業績が伸び悩みとなっている同社。しかしながら、米国企業らしく連続増配は継続中でありまして、その分配当性向が上昇してきてしまっていますね。

世界的には業績の下げ止まり傾向が見えて来ている事から、直近は株価が反転傾向にある同社。良くも悪くもさすが『世界のマクドナルド』ということなんでしょうかね。先日の株価下落局面でも、配当利回り4%までは株価が下がる事はなく、結局買い増しのチャンスとはなりませんでした。ただ、いずれチャンスは訪れると思いますので、その時はきっちりと買い増しできるようにしたいと思っています。

米国個別株式デビューには、マネックス証券が個人的にオススメです。

資産運用始めるなら!マネックス証券」
■ 他大手ネット証券より安い手数料
■ 特定口座対応で確定申告の煩わしさなし
■ 私も外国株・外国債券取引で愛用中


この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ