今回は『株式購入』でPFのリバランス。株価が下がりすぎて配当利回り6%台突入の医薬品株[GSK]グラクソ・スミスクラインなど4銘柄を涙のナンピン買いです。 - 高配当株で配当金生活

今回は『株式購入』でPFのリバランス。株価が下がりすぎて配当利回り6%台突入の医薬品株[GSK]グラクソ・スミスクラインなど4銘柄を涙のナンピン買いです。

昨日、2015年9月29日の国内株式相場は大荒れとなってしまいましたね。超大型株でも10%程度株価が下落する所もあったようでして、家か事務所でスタンバイしているのであれば思い切ってナンピン買いを披露した所だったと思います。そういう日に限ってちょうど出かけておりまして、めっちゃ株価が下がっているのを知ったのは後になってからというのは専業投資家としてはあるまじき失態だと思うんですけどね。

さて、私の配当金生活のポートフォリオでは『株式:債券:リート=37:37:26』の割合で投資する事と決めておりまして、この比率から絶対値で1%ズレる事にリバランスを行う事にしています。先日はリートの下げもヒドかったのですが、特に国内リートについては直近は反発傾向にありましたので、相対的には株式の方が下げがひどく、久しぶりに『債券とリートを売却・株式を購入』というリバランスを実行する事になりました。

2015年9月29日に売買した6銘柄です。

[IYR]iシェアーズ 米国不動産 ETF 118口売却 → 保有残高1,092口へ:さて、9月29日時点でのポートフォリオで実は相対的に一番好調なのはリートでした。最近は米国リートも一時期の最高値に比べると反落してきておりまして、ここで売却するのはちょっと悔しいという気持ちもあるのですが、そういう私情を入れずに機械的に売買するというのが私のルールですので、ここで約100万円分売却しています。

[BND]バンガード®・米国トータル債券市場ETF 60口売却 → 保有残高510口へ:続いて債券の銘柄で何を売るか迷いましたが、今回は[BND]バンガード®・米国トータル債券市場ETFを売却する事にしました。ここ数ヶ月のリバランスでは『個人向け国債』をどんどん売っていたのですが、電話せずともネット上で売却可能なSBI証券で保有していた分を全部売ってしまいましたので、ここから中途売却するには大手証券に電話が必要なんですよね。それが面倒だと思いまして、[BND]バンガード®・米国トータル債券市場ETFを60万円分売却しています。

[GSK]グラクソ・スミスクライン 110株購入 → 保有残高205株へ:そして、購入した方の1銘柄目は[GSK]グラクソ・スミスクラインです。同社はイギリス大手の医薬品のみならず、世界レベルで見ても世界有数の医薬品会社ではあるのですが、直近の業績推移がややイマイチである事から、株価は軟調な推移となってしまっていますね。その配当利回りはついに6%台に突入してしまっていますが、この水準の配当がキープされると信じてここは約50万円分涙のナンピン買いをいたしました。

その他 9月29日に購入した3銘柄です。

■ [PFF]米国優先株式ETF:109口追加→1,373口へ
■ [HDV]バンガード・米国高配当株式ETF:60口追加→319口へ
■ [7545]西松屋チェーン:100株新規購入

さて、それ以外に今回は上記の3銘柄を購入しました。[PFF]米国優先株式ETFは平時であれば安定した値動きで分配利回り6%前後が魅力のETFですね。金融危機の時は一時半額以下になってしまい、投資家を仰天させましたが、いずれ来たるかもしれない次の金融危機では持ちこたえられるでしょうか?

そして、高配当関係のETFである[HDV]iシェアーズ・コア 米国高配当株ETFを追加で購入しています。この高配当ETFは信託報酬0.12%とこの系統の商品にしては手数料が安い事が魅力的ですね。エネルギー系への投資比率が高い事が難点ですが、エネルギー系はここまでかなり株価が下がって来ているのでここらがチャンスと言えるのかもしれません。

また、新規追加の銘柄としまして[7545]西松屋チェーンをここで購入しました。足元の業績は決して良い訳ではありませんけれどもここ数年間はそれなりに安定した業績推移となっている会社です。100株保有時の優待が割引券から1,000円分の金券(年2回)に変更となりまして、使いやすくなったと思いますね。実は、地元兵庫県応援枠の1社なので、これから株価が下がるようであれば適宜買い増しを行いたいと思います。買って応援ですね。

ということで、今回は2015年9月29日の『配当金生活のポートフォリオ』のリバランスについてご紹介しました。これからしばらくは株価が上に下にと忙しい日々が続く予感がしますけれども、その波に乗って適宜リバランスしつつ、銘柄の入れ替えも効果的にできるように努力したいと思っています。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ