持っているだけで普通預金の金利が0.12%になる『イオンカード・セレクト』の総合利用可能枠がアップ。ついに70万円まで使えるようになりました。 - 高配当株で配当金生活

持っているだけで普通預金の金利が0.12%になる『イオンカード・セレクト』の総合利用可能枠がアップ。ついに70万円まで使えるようになりました。

先週、9月18日の日本経済新聞に[3382]セブン&アイHDの総合スーパーである『イトーヨーカドー』が全店舗のうちの約2割を閉鎖するという記事が掲載されていました。国内2大総合スーパーの一角として君臨してきたイトーヨーカドーですけれども、最近は総合スーパーは専門店に押される形で業績が苦しい所が増えて来ているようですね。

それはさておき、私の住む関西圏はイトーヨーカドーのお店が近所にあまりありませんので、総合スーパーと言えばイオンかダイエーというイメージですね。かつてはライバルだったこの2社も今となっては同じグループという所に歴史の流れを感じますよね。

ということで、私のようにイオン系列のスーパーマーケットなどにお世話になる事が多い私が保有しているクレジットカードが同社のイオン銀行と連携したカードであるイオンカード・セレクトなのです。今回は、このカードから案内をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。

イオンカード 贈枠

イオンカードの総合利用枠が拡大しました:さて、クレジットカードと言うと『いつの間にか限度額が上がっている』という体験をした事がある方も多いのではないでしょうか。きちんと毎月支払いが行っている限りは定番の行事ですよね。私が保有しているイオンカード・セレクトは、デビューした時は限度額が40万円だったんですけれども、その後徐々に利用限度額は上がって来ておりまして、今回ついにその利用額は70万円ということになりました。実際の所、同社の系列のスーパーでそんなにお金を使う事はありませんけどね。

公共料金の新規支払い登録でオトクです

公共料金の新規支払い登録でオトクです:各社クレジットカードでの定番のキャンペーンと言えば『公共料金の支払い登録で○円(かポイント)プレゼント』ですよね。今回、イオンカード・セレクトからも公共料金のカード支払い登録でキャッシュバックという案内をいただきました。1社につき確実にいただける500円というのは考えようによっては美味しいのですが、私は登録を変更するのが面倒なので今回の案内はスルーすることにしました。

最大で5,000円分相当のポイントプレゼント:さて、年会費無料のイオンカード・セレクトですけれども、この記事を執筆している2015年9月の段階では新規入会で最大5,000円分相当のポイントプレゼントキャンペーンを実施しています。

この5,000円分相当のポイントバックを受けるには、2016年1月10日までにカードショッピングで30,000円分以上の利用が必要とのことなんですけれども、普段からイオン系のスーパーマーケットやショッピングモールなどで買い物をしているという方にはそこまで高いハードルではないのではないでしょうか。

イオン銀行の普通預金でサービス

イオン銀行の普通預金口座で金利サービスも:個人的にイオンカード・セレクトを保有している一番の魅力だと感じている点が、同社系列のイオン銀行の普通預金の金利が0.12%にアップするという点なんですよね。最近は定期預金でもこの水準を下回っている所も少なくなく、出し入れ自由の普通預金でこの水準であれば当面のお金のキープ先としては十分だと思うんですよね。

ということで、今回はイオン系のクレジットカードであるイオンカード・セレクトから総合利用可能額が50万円→70万円に拡大されたというネタをご紹介しました。また、10月31日まで開催中の5,000円分相当のポイントプレゼントキャンペーンについても合わせてご紹介しています。普段からイオン系のスーパーをご利用だという方には魅力的なカードだと思いますので、興味のある方はこの機会にご検討くださいね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ