関西エリアでは抜群の影響力を誇る阪急系の商業施設中心のリート。[8977]阪急リート投資法人から分配金と資産運用報告書です。 - 高配当株で配当金生活

関西エリアでは抜群の影響力を誇る阪急系の商業施設中心のリート。[8977]阪急リート投資法人から分配金と資産運用報告書です。

良くも悪くも関西圏でかなりの影響力を持っている会社の1つと言えば阪急電鉄ではないかと思うんですよね。今は、かつての宿敵だった阪神電車と合併しまして会社としては[9042]阪急阪神HDになってしまいましたけれども、それでもブランドとしては阪急と阪神とは今も別々だと考えている関西の方が多いのではないかと思います。

さて、私自身は今はコストパフォーマンスの良さを考えて兵庫県では比較的下町とされる阪神電車の沿線に住んでいるんですけれども、かつては阪急神戸線のエリアに生まれ育ったため、何から何まで『阪急尽くし』の生活を送っていました。その影響もあってか、今でも『阪急ブランド』に対する信頼感は絶大なんですよね。かつてと同じように『阪急尽くし』の生活を送っている読者の方もいらっしゃるのではないでしょうか?

8977 阪急リート

[8977]阪急リート投資法人 資産運用報告書:さて、今回はそんな阪急系のリートである[8977]阪急リート投資法人から第20期の資産運用報告書と分配金をいただきましたので、ご紹介することにしたいと思います。リートは半年で1期となるため20期という事は投資法人ができてから10年となります。私は初期の頃からこの銘柄を保有して来たので、もう10年も保有している事になるんですね。

阪急リート投資法人 成長戦略・運用方針

[8977]阪急リート投資法人 成長戦略・運用方針:[8977]阪急リート投資法人の特徴と言えば、やはりまずは『阪急グループ』であることにつきると思うんですよね。関西圏にお住まいでないと分かりにくいと思うのですが、関西にお住まいの方であればこれだけで信頼してしまうという方も多いのではないでしょうか。その他、基本的には商業施設に注力するリートなので、分配金はオフィス系に比べると安定的に推移する傾向にあります。結果的に方針1の『中長期的に安定した分配金』は達成されるように思いますね。

阪急リート投資法人 主力物件・西宮ガーデンズ

[8977]阪急リート投資法人 主力物件・西宮ガーデンズ:[8977]阪急リート投資法人の旗艦物件の1つが、阪急神戸線沿線で最も人気と言っても過言ではない商業施設の西宮ガーデンズです。この施設ですが、環境に配慮した物件に与えられるという『DBJ Green Building』の5つ☆認証をJ-REITの所有する商業物件としては初めて取得したということなんですよね。実際に行ってみるとこの評価も納得の西宮ガーデンズ。ご旅行などで兵庫県にいらっしゃる方は、一度見学していただければと思います。

阪急リート投資法人 アンケートの豪華景品

[8977]阪急リート投資法人 アンケートの豪華景品:さて、こういう郵便物につきものなのが『アンケート』ですけれども、[8977]阪急リート投資法人のアンケートに回答すると、上記のような豪華賞品をゲットすることができるんですよね。3種類のカレンダーは『宝塚歌劇団のカレンダー』『阪神タイガースのカレンダー』『阪急電鉄のカレンダー』とそれぞれ系統は違いますけれども、この3つのうち少なくとも1つは好きという方が多いのではないでしょうか?私は電車のカレンダーが一番のお気に入りですね。

[8977]阪急リート投資法人から分配金をいただきました。

8977 阪急リート投資法人 分配金

さて、今回は[8977]阪急リート投資法人から1口あたり2,567円の分配金をいただきました。保有口数は10口でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きした後にいただいた分配金の金額は21,739円ということになりました。


※ 上記株価チャートはヤフーファイナンスから引用

そんな感じで私個人としてはお気に入りの[8977]阪急リートなのですが、上記過去1年間の株価チャートを見てみると、今年に入ってから下がる一方である事が分かるのではないかと思います。そんな中で泣きながら10口→14口へのナンピンを行っているのですが、リートは上がる時も下がる時も一方的な展開が多いので、もしかするとさらに下ということもあり得るかもしれませんね。

個人的には[8977]阪急リートをドーンと買い増しするのであれば、分配金利回りで5%程度はほしい所かなと思うのですが、9月中旬現在で4.5%前後まで上がって来ていますので5%タッチも時間の問題かもしれませんね。同社の保有する物件の中で、特に関西エリアの商業施設については数十年単位で安定の物件が多いと思いますので、爆下げの時は頑張ってナンピンするようにしたいと思っています。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ