日経平均株価爆上げの中唯一独自の道を行くリートの世界。今日もドコモ・第一三共等を売却して、内外リートを2日連続で涙のリバランス買いです。 - 高配当株で配当金生活

日経平均株価爆上げの中唯一独自の道を行くリートの世界。今日もドコモ・第一三共等を売却して、内外リートを2日連続で涙のリバランス買いです。

最近は上に下にと動きがめちゃくちゃ激しくなっている株式市場。私のように、昨日泣きながらナンピンをしたという方の中には『今日いきなり超大もうけでウハウハ』という方も中にはいらっしゃるのではないかと思います。かくいう私も、昨日の爆下げの中で下のように涙のリバランスを行っていたんですよね。

それならば『私の今日のポートフォリオはウハウハなのでは?』と疑問に持つ方が多いと思うのですが、実は私の今日のポートフォリオは全然ウハウハではないんですよね。というのも、実は昨日のリバランスで購入したのはほとんどが国内リートであるためなのです。


※ 上記のチャートはヤフーファイナンスから引用

代表的な国内リートETF 今年の値動き:さて、上記はヤフーファイナンスから引用した代表的なリートETFの[1343]東証REIT指数連動型上場投信の過去1年間の値動きです。実は、リートは今年に入ってからかなり軟調な値動きになって来ておりまして、今年の最高値から見ると既に25%近く投資口価格を下げてしまっているんですよね。日経平均で例えると2万が1.5万になるのに等しい訳ですから、かなりの下げである事がわかると思います。

これと同時に、最近はアメリカのリートの値動きも冴えない事から、私の配当金生活のポートフォリオは『内外リート』が足を引っ張っている形となっています。今日も国内株式がビックリするほどの上げを演じる中で国内リートだけは我関せずの独自の値動きとなっていたんですよね。

ということで、今日も昨日に引き続き、2日連続のリバランスということになってしまいました。配当金生活のポートフォリオでは株式:債券:リート=37:37:26の投資割合から絶対値で1%ズレるとリバランスすることになっているのですが、今日は株式・債券を売却してリートを購入するリバランスという事になっています。

2015年9月9日 今日は以下の5銘柄を売買しました。

[1590]iシェアーズ 米国リート・不動産株ETF +68口 合計527口へ:まず、本日購入したのは東証に上場している米国リートETFである[1590]iシェアーズ 米国リート・不動産株ETFです。同じ銘柄は米国市場にも上場しておりまして、結果的にはどちらでかっても大差はないんですけれども、今回は国内市場で68口購入する事としました。ポートフォリオでは米国上場・国内上場の両方を2:1程度の割合で保有しています。

[8973]積水ハウス・SI レジデンシャル投資法人 +4口 合計15口へ:個人的にお気に入りの手堅い住宅リート。この春には投資口価格が15万円を超える場面もあったのですが、ついに株価が5桁に突入してしまいました。今までは利益確定する一方でしたが、ここからは反転して買い増しへと動きたいと思います。下げるようであれば最大で30口台まで買い増ししても良いと思っています。

その他 9月9日に売却した3銘柄です。

■ [1677]上場インデックスファンド海外債券:10口→0口へ
■ [9437]NTTドコモ:800株→700株へ
■ [4568]第一三共:600株→500株へ

本日は、債券の方からは超定番の[1677]上場インデックスファンド海外債券を売却し、ついに保有残高が0となってしまいました。今後、債券を売る形のリバランスを行う際は米国ETFを売らなければならず、国内上場銘柄の売買よりも売買手数料がかさんでしまいますのでリバランスを行うにはちょっと尻込みしてしまいますね。

また、株式の方は最近反落傾向にあるものの、年単位で見るとまだまだ株価絶好調の範囲内であると言える[9437]NTTドコモ、[4568]第一三共の2銘柄を最低単位ずつ売却しています。両社とも、いずれはまた1,000株台まで買い増ししても良いと思っているのですが、それは次の不況の時・・ということになるのかなと思いますね。

リバランス後のバランス

2015年9月9日 リバランス後のポートフォリオ:さて、今回のリバランスを終えて株式:債券:リートのバランスは上記のようになりました。2日連続のリバランスのおかげで株式:債券:リート=37:37:26のバランスにはかなり近づいて来たのかなと思います。昨年から今年の始めまではリートを売って、他を購入するリバランスが多かったのですが、最近はリートを購入してばかりのような気がしますね。いずれはリートも反転する場面があると思いますので、その時を気長にまちつつ、涙のナンピンを繰り返して行く事にしたいと思います。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ