[PFF]iシェアーズ米国優先株式ETFから分配金。米ドル建てで分配利回り6%前後の高利回り商品、平時は株価の変動もまったりです。 - 高配当株で配当金生活

[PFF]iシェアーズ米国優先株式ETFから分配金。米ドル建てで分配利回り6%前後の高利回り商品、平時は株価の変動もまったりです。

ここに来て少し雲行きは怪しくなって来ていますが、ここまでの2年ほどは、株式・リートなどは比較的順調な株価推移となっていましたので、配当金生活のポートフォリオでも基本的に利益確定を進める一方でした。そんな中でいくつかは買い増しした商品もありまして、そのうちの1つが今回の記事でご紹介する[PFF]iシェアーズ 米国優先株式 ETFということになりますね。

今回の記事でご紹介する[PFF]iシェアーズ 米国優先株式 ETFは株式でありながら『債券的要素』も併せ持つ商品と言われておりまして、ポートフォリオ上株式とするのか、債券とするのか非常に迷う所なんですけれども、私のポートフォリオでは『海外株式』の1つとして取り扱っています。

優先株式(ゆうせんかぶしき)とは、利益もしくは利息の配当または残余財産の分配およびそれらの両方を、他の種類の株式よりも優先的に受け取ることができる地位が与えられた株式である(会社法108条1項1・2号)。※ Wikipediaから引用

さて、この[PFF]iシェアーズ米国優先株式ETFは『優先株式』という種類の株に投資する訳なんですけれども、この『優先株式』というのはどういうものなのでしょうか!?優先株式という制度自体は日本にも準備されているものでありまして、その会社法上には上記のように記載されているんですよね。

上の条文を見るに優先株において『優先』されるものは議決権や配当・残余財産の分配などいくつかのものが考えられるようなんですけれども、投資商品としての『優先株』の場合は配当金が優先されるものと考えて良いのではないかと思います。普通の株式の場合は業績に連動して配当水準が変動するものが多いと思うのですが、優先株の場合は基本的に『○%』という利回りが事前に決まっておりまして、これが故に株式という名前でありながら債券的な性格を持つとされていますね。

PFF 過去1年間の株価
※ 上記の株価チャートはグーグルファイナンスから引用

[PFF]米国優先株式ETF 過去1年間の株価チャート:そういう特徴を持つ商品である[PFF]米国優先株式ETFは、平時であれば株式市場が活況であっても、イマイチな推移であっても我関せずの株価ヨコヨコ推移を貫く商品であるという特徴があります。

しかしながら、過去のリーマンショックの時など『○○危機』と名付けられるような場面では、ビックリするほど株価が下がった事もありました。アメリカの場合、優先株式を発行する事業体が『金融系』中心なので、この前の金融危機の時に株価が半分以下になってしまったのは致し方ない事なのかもしれませんけどね。

上記の1年チャートを見てみると、先月8月末の下落が目を引きますが、過去の暴落に比べるとこれくらいの下げはまだカワイイものですよね。過去1年間の値動きはほぼ38$〜40$の間におさまっておりまして、同じ期間の一般的な株式に比べると株価の動きに悩まされる事はなかったようです。今後は、また金融危機がやってくるかもしれませんので、これから長期に渡って安泰という訳ではないという事には要注意ですけどね。

[PFF]米国優先株式ETFから分配金をいただきました。

PFF 分配金

さて、今回は[PFF]米国優先株式ETFから1株あたり0.185445$の分配金をいただきました。保有株数は1,244株でありまして、各種税金を差し引きしますと実際に受け取った分配金の金額は176.15$でした。この記事を書いている段階での為替レートを掛け合わせしますと、20,965円を受け取った事になります。

PFF 配当金の推移
※ 上記の表は[PFF]米国優先株式ETF公式ウェブサイトから引用

[PFF]米国優先株式ETF 過去の分配金推移:[PFF]米国優先株式ETFのここ1年強の分配金の推移を見ておきたいと思います。毎月分配型の[PFF]米国優先株式ETFの分配金は、中長期的に見てみると変動があるにはあるのですが、1ヶ月単位で見てみるとそれほど大きな変動がないというのが特徴ですね。これからも、当面の間は1口=0.2$弱の分配水準が続くのではないかと思います。

[PFF]米国優先株式ETFの過去1年間の分配利回りは2015年9月を起点とする過去1年間で6%強となっています。アメリカのハイ・イールド債に投資するETFであっても、その分配利回りが5%台の昨今の事を思うと、かなり魅力的な商品のように思えるのですが、その高い利回りの裏には『いざという時に大損』するかもしれないという危険性がある事は覚悟しておいた方が良いのかもしれませんね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ