[9201]日本航空のJAL133便 羽田空港=伊丹空港(国内線ファーストクラス)で大阪へ。豪華な夕食の機内食をいただきます。 - 高配当株で配当金生活

[9201]日本航空のJAL133便 羽田空港=伊丹空港(国内線ファーストクラス)で大阪へ。豪華な夕食の機内食をいただきます。

最近の国内線の移動はお値段の安いLCCからスカイマークのようなソコソコのサービスにソコソコの運賃の会社、そして大手航空会社の普通席に上級クラスまで色々な選択肢の中から選べるようになって来ていますよね。そんな中から、今回は国内線での空の移動としては国内最高峰のサービスであると言っても過言ではない[9201]日本航空の国内線ファーストクラスをご紹介することにしたいと思います。

[9201]日本航空の国内線ファーストクラスは、ライバルである[9202]ANAHDのプレミアムクラスに対しサービス面では上回っていると思うのですが、設定路線が『羽田=伊丹・新千歳・福岡・那覇』の4つしかなく、首都圏にお住まいの方以外にはちょっと使いにくいサービスなんですよね。いずれは、[9202]ANAHDのプレミアムクラス並の設定路線数を目指してほしいですね。

JAL133便 羽田空港=伊丹空港(国内線ファーストクラス)の機内食です。

さて、[9201]日本航空の国内線ファーストクラスは基本的には10日に1回メニューが変わるのが通常となっています。今回の記事でご紹介するのは、2015年8月中旬に搭乗した時のメニューとなりますね。この時は北海道フェアとなっておりまして、知床の知床グランドホテル 北こぶしというホテルと提携したメニューが提供されていました。

小鉢

小鉢:道東産スパイシーサーモンとアスパラのマリネ、北こぶし特製じゃがいも豚饅頭の蟹あんかけ、ブロッコリー、山葵

お味噌汁

お味噌汁:知床羅臼の間引き昆布の味噌汁

主菜

主菜:鮭と米茄子のチャンチャン味噌焼、針葱、松の実、匠の豚斜里産サチク麦王の焼豚、やんしゅう漬、プチトマトあちゃら漬

ご飯とドリンク

ご飯とドリンク:俵ご飯 北海道の高級ブランド米『ふっくりんこ』と長命草ドリンク

デザートとドリンク

デザートとドリンク:benbeya「まっちゃクッキー」とホットコーヒー

ということで、今回は[9201]日本航空のJAL133便・国内線ファーストクラスの夕食をご紹介しました。これだけの豊富な内容の夕食なのに、東京=大阪ですと搭乗時間が45分くらいしかなく非常に慌ただしいサービスになってしまうんですよね。本当は、大阪=北海道・沖縄くらいの長距離で利用したいサービスではあるのですが、今の所はサービス提供がなされていませんので、北海道・沖縄に行く時は[9202]ANAHDで我慢しています。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ