最近の軟調相場でついに分配金利回りは4%台へ!? 東証で買える商品[1590]iシェアーズ米国不動産株ETFから分配金をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

最近の軟調相場でついに分配金利回りは4%台へ!? 東証で買える商品[1590]iシェアーズ米国不動産株ETFから分配金をいただきました。

最近は世界的にちょっと不穏な空気が漂っていまして、特に株式については軟調に推移していますね。今回の記事でご紹介する米国リートは必ずしも米国株式と相関性が高いという訳ではないのですが、それでも一般的には米国株が軟調な場面ではこちらも軟調という事が多いように思います。最近の米国リートの推移はまさに『絶不調』の一言ですね。

さて、最近不調の米国リートですけれども、最近の投資口価格から計算すると『NAV倍率』という指数が1倍割れになっているようです。これは、リートの現在の投資口価格よりも(資産ー負債)の時価の方が上である事を示している訳でありまして、理論上は割安と判断することができるんですよね。

それに伴って、米国リートの分配利回りも4%台に乗せて来ているようです。ただ、今後不動産価格下落・賃料下落という場面に入るのであれば、必ずしも割安とは言い切れないのでその点については注意が必要ですね。アメリカは日本と違って人口増加社会なので、国内よりは楽観的に見ているのですが、それでも不動産が常に好調と限らないというのはリーマンショックの時にいやというほど思い知らされましたよね。

[1590]iシェアーズ米国不動産株ETFから分配金です。

1590 分配金

さて、今回は[1590]iシェアーズ米国不動産株ETFから1口あたり79円の分配金をいただきました。本家アメリカの[IYR]iシェアーズ米国不動産ETFの方は分配金が1口あたり0.657806$なのに、日本での分配になると1口=79円となってしまうのはちょっと損なような気がしますね。

通常の米国ETFであれば米国内での源泉徴収10%に加え、国内で源泉徴収をされるというのが通常なんですけれども、[1590]iシェアーズ米国不動産株ETFについては今の所は制度上アメリカで30%の源泉徴収がなされるという事になっています。分かりやすくするとこんな感じになりますね。

■ [1590]税引きの今回の分配金・・1口79円
■ 外国での源泉税額(30%)・・1口24円 329口で7,896円
■ [1590]税引きの今回の分配金・・1口55円

ということで、私の[1590]iシェアーズ米国不動産株ETFの保有口数は329口ですので、今回税引後にいただいた配当金の金額は18,095円ということになりました。外国で30%の源泉徴収がなされて、さらに国内で源泉徴収もなされるとなるとちょっと損をした気分になるのですが、私の法人口座の場合は国内での源泉徴収はなされていないようですね。

また、この取り過ぎの税金についても、最終的に税理士さんに確定申告をしてもらう事によって本来の税率に調整されているものと思います。『されています』と言い切らないのは、税理士さんが実際にどのような処理をしているのか、私の税金の知識では理解できていないためです。あまり適当すぎる事を書くわけにはいきませんからね。


※ 上記株価チャートはヤフーファイナンスから引用

[1590]iシェアーズ米国不動産株ETF 上場来の株価チャート:では、最後に[1590]iシェアーズ米国不動産株ETFの上場来の株価チャートを見ておきたいと思います。国内では2013年12月に登場したこの商品ですけれども、2013年12月頃と今を比べると、為替・リートの投資口価格が共にプラスに働いて結果的にはプラスになっているようですね。

ただ、ここ最近だけを見るとアメリカ市場の[IYR]iシェアーズ米国不動産ETFの株価が下がって来ていますので、円高とのダブルパンチという事になれば当然ながら国内上場の[1590]iシェアーズ米国不動産株ETFの投資口価格は大きく下落することになります。この事については米ドル建ての商品に投資する限りは最初から覚悟しておかなくてはいけませんね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ