米国の大食品会社2社の合併で誕生。[KHC]クラフト・ハインツからはじめての四半期配当をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

米国の大食品会社2社の合併で誕生。[KHC]クラフト・ハインツからはじめての四半期配当をいただきました。

そこそこ高配当で業績は安定、と言えば色々な業種が思い浮かぶ事と思いますが、個人的に好んで投資しているのは『食品株』です。国内の食品系の株式は最近ブームになってしまっておりまして、ここから新規で投資をするのは少し気が引けてしまうのですが、海外の食品株についてはそういう事もなく、今から新規で投資しても悪くはない銘柄が散見されますね。

KHCゲット
※ 上記の画像はクラフトハインツの公式ウェブサイトから引用

さて、今回はそんなアメリカの食品株の1つである[KHC]クラフト・ハインツから配当金をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。私は、元々チーズなどで有名な[KRFT]クラフトフーズの株主だったんですけれども、同社は今年に入ってケチャップのハインツと合併を行いまして[KHC]クラフト・ハインツという会社に再編されました。世界を代表する大食品会社の誕生ですね。

KHCゲット
※ 上記のチャートはグーグルファイナンスから引用

[KHC]クラフト・ハインツ 上場以来の株価推移:さて、今年7月上旬に再上場したばかりの[KHC]クラフト・ハインツ。まだ1ヶ月半くらいという事もありまして、株価の動きはそれほど大きくありませんが、直近は米国株全体が軟調なのに引っ張られてか、上場後の高値からは1割弱調整していますね。今後、配当利回りが3.5%を超えて来る場面があれば、同社の株式は買い増ししたいと思っています。

[KHC]クラフト・ハインツから配当金をいただきました。

クラフト・ハインツ 配当金

さて、今回は[KHC]クラフト・ハインツから1株あたり0.55$の配当金をいただきました。旧[KRFT]クラフトフーズとハインツの合併によって、四半期配当の水準に変更はあるのかな!?と気になっていたのですが、実際は旧[KRFT]クラフトフーズの最後の方の配当である四半期あたり1株=0.55$の水準が継続となりました。

[KHC]クラフト・ハインツの保有株数は86株でありまして、米国および日本国内での源泉徴収税を差し引きしますと、差し引きで受け取った金額は36.11$でした。日本円に換算すると4,475円を受け取った事になります。

[KHC]クラフト・ハインツの主要指標(2015年8月20日現在)

■ PER:38.3倍
■ PBR:20.1倍
■ ROE:21.84%
■ 配当利回り:2.94%(予想)
■ 直近3期のEPS推移:2.75→4.51→1.74(2014/12実績)
■ 直近3期の配当推移:0.5→2.05→2.15(2014/12実績)
※ 上記の実績は旧[KRFT]クラフトフーズのものです。

では、最後に[KHC]クラフト・ハインツの主要な指標をチェックしておくことにしたいと思います。まだ、組織が変更されたばかりの同社なので、上記の数字は参考までの数字ということになります。今後、合併して数年すれば過去の実績の数字も安定してくるのではないかと思います。どちらにしろ、同社への投資は超長期投資だと思っていますので、のんびりと構えておきたいですね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ