私の保有商品の中で最大の信託報酬1.944%。日興アセットマネジメントの投資信託『GW7つの卵』から四半期レビューをいただきました。 - 高配当株で配当金生活

私の保有商品の中で最大の信託報酬1.944%。日興アセットマネジメントの投資信託『GW7つの卵』から四半期レビューをいただきました。

基本的には信託報酬が高めの投資信託にはほとんど投資していない私、それでも私の投資信託への投資額が0という訳ではありませんで中にはひふみ投信のように信託報酬が1%強のものにも投資することはあります。

ただ、今回の記事でご紹介する信託報酬2%に近い商品については、なかなか投資する意義を見いだせないんですよね。そもそも私の投資の目標は年率3.5%程度の利益を生み出す事なのですが、その利益を生み出すための信託報酬が2%となると、実質5.5%の成績を残し続けないといけないという事になるんですよね。これは結構な難易度ではないかと思います。

GW7つの卵 資産運用報告書:さて、今回はそんな信託報酬の高い投資信託の中から日興アセットマネジメントが運用する老舗の投資信託であるGW7つの卵から3ヶ月に1回の資産運用報告書をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。

冒頭で信託報酬の話題を出しましたけれども、この『GW7つの卵』の信託報酬はなんとビックリの1.944%なんですよね。おそらく、今の知識を持ってすればこの商品を買う事なく普通の『分散型インデックス投信』で済ますと思うのですが、こういう商品を買ってしまった自分を戒めるためにも、この商品は10年以上保有し続けています。

運用成績

GW7つの卵 私の運用成績:信託報酬が約2%とベラボウに高いGW7つの卵なんですけれども、それでも2005年という購入した時期に救われて、最初に投資した10万円は2015年8月20日現在で約15万円に増えているんですよね。毎年2%の運用手数料を支払った上でのこの成績は満足するという方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

GW7つの卵 ポートフォリオ

GW7つの卵 ポートフォリオ:さて、GW7つの卵の2015年6月末時点ので資産構成を見ておきたいと思います。最近ですと、こういう系統の分散型投資信託にはリートが組み込まれている事が多いのですが、この商品が登場した2003年は特に国内リートについては黎明期でしたので、まだ分散型投資信託にリートを組み入れるというアイデアはなかったように思いますね。それを除くと、それなりに理にかなった資産配分になっているように思います。

GW7つの卵 国別の投資比率

GW7つの卵 国別の投資比率:国債分散投資を実践している投資家にとって『日本』をどれくらい組み込むのかというのは大きなテーマですよね。GDP比率で組み込むのであれば、日本は10%以下という事になってしまうのですが、私自身は国内:海外=1:1という比率にしています。やはり日本に住んでいるのですから、自分の国に半分くらいは投資したい所ですよね。そういう考えを持っている人にとっては、上の資産配分は自分のポートフォリオを組み立てるにあたってヒントになるかもしれませんね。

ということで、今回は日興アセットマネジメントで投資している投資信託であるGW7つの卵の資産運用報告書をご紹介しました。基本的に、この系統の世界分散型投資信託については今はインデックスファンドなどを利用して低コストで実現できますので、これから新規で買いたいという方はそのような商品を購入する事をお勧めしたいと思います。私はせっかくなので、GW7つの卵はこれからも長期でホールドしたいと思っています。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ