[00177]江蘇高速道路から配当金。中国上海=南京を大動脈とする高速道路などを経営、配当利回りは5%前後の業績安定&高配当株式です。 - 高配当株で配当金生活

[00177]江蘇高速道路から配当金。中国上海=南京を大動脈とする高速道路などを経営、配当利回りは5%前後の業績安定&高配当株式です。

最近は株価が上に下にと激しい動きが止まらない中国の株式。それは、香港市場に上場している中国株についても同じ事が言えるようでして、今回の記事でご紹介する[00177]江蘇高速道路につきましても、今年6月の高値と今年7月の安値で24%もの値動きがあるんですよね。銘柄によってはもっと値動きがありますので、同社は相対的にはマシだと言えると思うのですが、それでもこれだけガンガン株価が動くと少しドキドキしてしまいますよね。


※ 上記の画像は[00177]江蘇高速道路の公式ウェブサイトから引用

さて、この[00177]江蘇高速道路はその会社の名前が示しているそのままの事業でありまして、そのメインとなっている事業は中国の江蘇省における高速道路の建設・運営・管理が主な業務となっていますね。中国の省に詳しい読者の方はそれほどいらっしゃらないと思いますが、この江蘇省は南京を省都とする省でありまして、隣接している直轄市に上海市がある事から、この上海=南京の区間が大動脈となっているんですよね。

配当金生活スタート後、中国旅行がそれほど人気がなかった頃に旅行会社で上海と近隣周遊4泊5日で29,800円というツアーがありまして、そのツアーで上海と江蘇省の街を色々と廻りました。環境はそこまで良くなかったように思えるのですが、少なくとも経済的には栄えているエリアかなと感じましたね。高速道路もそれなりに手堅い業績をキープできるのではないかと思います。


※ 上記のチャートはグーグルファイナンスから引用

[00177]江蘇高速道路 過去5年間の株価推移:株価の荒れやすい中国系の株式の中で、公共系の株式はまだ投資しやすいというのが個人的な印象です。特に高速道路は地域独占がなされていますし、景気が減速したとしても物の移動が無くなる訳ではないですから、それなりの業績はキープできると期待しているんですよね。ただ、中国の事なので突然『高速道路の値段を超改訂します!』なんて言われかねないというのはちょっと心配ですけどね。

[00177]江蘇高速道路から配当金です。

さて、今回は[00177]江蘇高速道路から1株あたり0.38人民元の配当金をいただきました。ただ、実際に受け取っているのは香港ドルでありまして、今回は1株あたり0.4338HK$となっています。保有株数は4,000株でありまして、法人での源泉徴収税などを差し引きしますと、実際に受け取った配当金は1,471.76HK$となりました。円換算すると23,592円を受け取った事になります。

[00177]江蘇高速道路の主要指標(2015年8月13日現在)

■ PER:15.63倍
■ PBR:1.99倍
■ ROE:12.89%
■ 配当利回り:4.84%(実績)
■ 直近3期のEPS推移:0.4632→0.5375→0.5111人民元(2014/12実績)
■ 直近3期の配当推移:0.36→0.38→0.38人民元(2014/12実績)

では、最後に[00177]江蘇高速道路の主要な指標をチェックしておくことにしたいと思います。日々の生活・社会活動に欠かせない『高速道路』をメインの事業としているだけあって、同社の業績には安定感がありますね。また、来年には上海にディズニーランドが出来る事もあり、江蘇省からディズニーランドへのお出かけ客を取り込めるのではないかという期待もあるようです。

今後、経済の減速が心配されている中国ではありますけれども、その事に加えて前述のような政治のリスクも多少は考えておかなくてはいけませんね。その事を踏まえつつ、最低5%台の配当利回りはほしい所かなと思っています。政治の激変がないという前提で、チャンスがあれば今の倍くらいまでは買い増ししても良いと思っている銘柄ですね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ