目の前で揚げたての天ぷらがリーズナブルに。[3397]トリドールの天ぷら専門店『天ぷら定食まきの 芦屋店』で天ぷら三昧のランチです。 - 高配当株で配当金生活

目の前で揚げたての天ぷらがリーズナブルに。[3397]トリドールの天ぷら専門店『天ぷら定食まきの 芦屋店』で天ぷら三昧のランチです。

丸亀製麺ブランドを全国各地・世界各地に展開し、最近は飛ぶ鳥を落とす勢いの[3397]トリドール。今までの新聞記事などを見る限りは、同社は『丸亀製麺』のブランドだけにはこだわっていないようでありまして、理想の形としては複数のブランドを数百店舗ずつ展開する形だと考えているようなんですよね。

今回は、いずれはその『数百店舗のブランド』の1つに化ける可能性のあるブランドである天ぷら定食まきのをご紹介することにしたいと思います。このお店は、神戸市の繁華街である三宮にあるお店はいつもいつも超大行列でありまして、過去3回程度『お店まで行って諦める』という涙のオチが待っていたのですが、今回はそれに比べると空いてそうな芦屋支店に行ってみる事にしました。

ちなみに、神戸三宮と芦屋は電車ではそれほど遠くなく、JR西日本の新快速でたったの7分の距離なんですよね。関西エリアに旅行に来て『天ぷら定食まきの』を試してみたいという方は、混んでいる神戸・三宮支店を避けて芦屋支店に行ってみるのも手なのかもしれません。

[3397]トリドールの株主優待(9月/年1回)

優待割引券(11月下旬発送)
■ 100株以上:2,000円分
■ 500株以上:6,000円分
■ 1、000株以上:10,000円分

トリドール 3397 株主優待券

トリドール[3397]の主要指標(2015年8月10日現在)

■ PER:27.70倍(予想)
■ PBR:3.17倍(実績)
■ ROE:5.7%(実績)
■ 配当利回り:0.73%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:77.8→82.7→21.6→48.8→67.1(2016/3予想)
■ 直近5期の配当推移:15.5→16.5→8→10→13.5(2016/3予想)

天ぷら定食まきの まきの定食『海』をいただきます、

漬け物・塩辛

まきの定食 海 漬け物・いかの塩辛:さて、天ぷら定食まきのは実験的な業態だからか、支店毎にメニューが多少異なっているようでして、今回は芦屋支店の『まきの定食 海(990円)』というものをいただく事にしました。まず、こちらは食べ放題の漬け物といかの塩辛です。これだけでご飯3杯行けそうなくらいの美味しさですが、そうするとメインの天ぷらが食べられなくなるので控えめにしたいですね。

まきの定食 海 ご飯・味噌汁

まきの定食 海 ご飯・味噌汁:続いて、こちらはご飯と味噌汁です。以前、三宮支店に行った時はご飯も味噌汁も食べ放題だったのですが、今回については食べ放題はご飯についてしか言われませんでした。言い忘れたのか、店舗毎に対応が違うのかは分かりませんが、とりあえずご飯が食べ放題なら個人的には満足でしょうか。

まきの定食 海 野菜かき揚げ

まきの定食 海 野菜かき揚げ:さて、ここからは天ぷらが揚がるたびに目の前に運ばれて来ます。まずは、丸亀製麺でも人気メニューの野菜かき揚げです。丸亀製麺の野菜かき揚げはめっちゃ大きい事が特徴だと思うのですが、まきのの場合は丸亀製麺よりは控えめなサイズとなっていますね。

まきの定食 海 茄子とじゃがいも

まきの定食 海 茄子とじゃがいも

まきの定食 海 卵の天ぷら

まきの定食 海 卵の天ぷら

まきの定食 海 卵の天ぷらの食べ方

まきの定食 海 卵の天ぷらの食べ方:卵の天ぷらなんて、どうやって食べるのだろう!?と思う方もいらっしゃると思います。お店に置いてある説明文によれば、ご飯の上にこの天ぷらを乗せて黒こしょうをかけ、そして黄身を割って卵がけご飯風にして食べるという食べ方がオススメなんだそうです。意外に美味しかったですね。

まきの定食 海 海老・いか・カレイ・とりもも

まきの定食 海 海老・いか・カレイ・とりもも:そして、今回の定食はラストスパートとなりまして、一気に海老・いか・カレイ・とりももの4品が運ばれて来ました。最初に野菜系から始まって、そして魚介類・お肉系へと進む一種の『コース料理』のような天ぷらの出し方でしたね。全体的にビックリするほど美味しいというほどではありませんが、この内容で990円ということを思うとお得感はあるのかなと思いました。

ということで、今回は[3397]トリドールが兵庫県内に3店舗、大阪府内に1店舗を実験的に出店している業態である天ぷら定食まきのをご紹介しました。この業態、日経新聞でも『人気の新業態』と紹介された事はあるのですが、実際はいつまで経っても4店舗のままなんですよね。お客さんは結構入っているのですが、収益面ではそれほど芳しくない業態なのかもしれませんね。まあ、見た目からして手間がかかりそうですしね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ