日本たばこ産業[2914]から株主優待の案内。事業売却の飲料の株主優待は終了し、今回から食品中心の優待ラインナップですね。 - 高配当株で配当金生活

日本たばこ産業[2914]から株主優待の案内。事業売却の飲料の株主優待は終了し、今回から食品中心の優待ラインナップですね。

[2914]日本たばこ産業と言えば、一般的にはどう考えても『タバコの会社』だとは思うのですが、私が同社の株式を保有していた一番の理由は『ドリンクの株主優待』目当てでありました。しかしながら、残念ながら同社は飲料事業から撤退・事業売却をしてしまいまして、予想通り株主優待から『ドリンク詰め合わせ』は消えてしまう事となってしまったのです。

さて、今回はそんな[2914]日本たばこ産業から、2015年6月に権利が確定した分の株主優待の案内をいただきました。同社から飲料部門が無くなっても、同社の1,000円相当の株主優待自体は続きます。既に記事タイトルではネタバレしてしまっていますが、今回からはどんな株主優待をいただけるのか楽しみですよね。

日本たばこ産業[2914]の株主優待(6月12月/年2回)

自社商品(飲料詰合せ等)または自社および自社グループ会社商品(飲料詰合せ等)
■ 100株以上:1,000円分
■ 200株以上:2,000円分
■ 1000株以上:3,000円分
■ 2000株以上:6,000円分

参考:日本たばこ産業[2914]の主要指標(2015年8月9日現在)

■ PER:19.95倍(予想)
■ PBR:3.36倍(実績)
■ ROE:21.4%(予想)
■ 配当利回り:2.30%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:168.5→181.1→235.5→199.6→235.5(2015/12予想)
■ 直近5期の配当推移:50→68→96→100→108(2015/12予想)

[2914]日本たばこ産業から株主優待の案内をいただきました。

2914 日本たばこ産業 株主優待

[2914]日本たばこ産業 株主優待応募ハガキ:さて、今回は[2914]日本たばこ産業から株主優待の応募ハガキをいただきました。飲料部門がなくなった同社の1,000円分の優待は食品系だと予想はしていたのですが、やはり同社の食品系子会社『テーブルマーク』の商品が新たな1,000円優待商品となりましたね。下に例示している『ご飯詰め合わせセット』が今回の1,000円分の優待という事になります。

by カエレバ

日本たばこ産業 200株保有していれば・

[2914]日本たばこ産業 200株保有していれば・・:100株保有の株主の優待は『ご飯』『寄付』の2択しかありませんでしたが、200株保有していれば優待の選択の幅が『ご飯』『カップ麺+ご飯』『スープ・調味料』に広がります。昔は200株を保有していた同社の株式ですけれども、この優待の差の事を思うと200株でキープしておくべきだったのかもしれませんね。

日本たばこ産業 テーブルマークの工場見学が実施されます

[2914]日本たばこ産業 テーブルマークの工場見学が実施されます:さて、今回の優待の案内と一緒に、大手企業では時々見かける『工場見学』の案内も同封されていました。今回の工場見学はタバコの工場ではなく、子会社のテーブルマークの『魚沼水の郷工場』ということですね。ここの工場では、同社の主力商品である冷凍麺・冷凍ご飯・パックご飯などの主食系の商品を作っているそうです。一度見てみたい工場なので応募はしましたが、募集人数80人なのでおそらく当たる事はないんでしょうね。

ということで、今回は[2914]日本たばこ産業から同社の株主優待の案内と、同社の子会社である『テーブルマーク』の工場見学の案内をご紹介しました。同社はロシア事業に強みを持っているので、ロシア市場が荒れた時に一緒に株安になってしまったのですが、今になって思うとその時は絶好の購入時でしたね。あれからまだ1年も経っていないのですが、株価は既に5割近く上げて来ているのです。今更言っても後の祭りですけどね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ