連続増配記録更新中のITシステム系高配当株式。[8096]兼松エレクトロニクスから第47期の報告書。今期も5〜10円の増配なるか!? - 高配当株で配当金生活

連続増配記録更新中のITシステム系高配当株式。[8096]兼松エレクトロニクスから第47期の報告書。今期も5〜10円の増配なるか!?

今となってはバリバリ成長株とは言えないものの、現代の複雑に入り組んだ情報化社会においては欠かせないのがITシステム開発・保守系の会社ですよね。私には、コンピュータは難しすぎて実際の所はよく分からないんですけれども、この系統の銘柄は今の世の中には不可欠な物であると見て、積極的に投資を行うようにしています。今更感があるのか、どちらかというと割安・高配当気味の会社が多いように思いますしね。

8096 兼松エレクトロニクス 報告書

[8096]兼松エレクトロニクス 第47期報告書:さて、今回はそんなITシステム系の銘柄の1つである[8096]兼松エレクトロニクスから第47期の報告書をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。この銘柄は当ブログで毎週更新している『私なら買っても良いと思える高配当銘柄ランキングトップ10』の常連でありまして、昨年雑誌の取材でもオススメした銘柄の1つですね。

兼松エレクトロニクス 前期は減収増益です

[8096]兼松エレクトロニクス 前期は減収増益です:同じくシステム系の『日本オフィスシステム』をTOBした事により、2013年3月期に比べると売上高が大きく伸びている[8096]兼松エレクトロニクスですが、前期2015年3月期についてはやや減収決算となっています。ただ、営業利益については前期も着実な成長となりましたね。私は売上高よりも営業利益の方を重視していますので、減収でも必ずしも悪いとは考えていません。

兼松エレクトロニクス 連続増配継続中です

[8096]兼松エレクトロニクス 連続増配継続中です:2012年3月期から毎年5円ずつのペースで増配を繰り返してくれていた[8096]兼松エレクトロニクスですが、前期2015年3月期については普段よりもさらに5円増配の65円配当ということになりました。安定的・継続的な配当を行う事を基本方針としているようなので、この65円というラインはよほどの事がない限りは継続すると期待したいですね。

[8096]兼松エレクトロニクスの主要指標(2015年8月2日現在)

■ PER:13.40倍(予想)
■ PBR:1.49倍(実績)
■ ROE:9.4%(実績)
■ 配当利回り:3.31%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:92.7→107.0→100.6→122.2→146.7(2016/03予想)
■ 直近5期の配当推移:45→50→55→65→65(2016/03予想)

では、最後に[8096]兼松エレクトロニクスの主要な指標をチェックしておく事にしたいと思います。私が同社の株式を購入した時は、1株配当が40円で、株価が800円前後の配当利回り5%という時代だったのですが、その頃からは1株配当が1.6倍程度、株価が2.5倍程度となった結果、配当利回りは3%台まで下がって来ています。それでも、相対的には高配当の銘柄と言えると思いますけどね。

さて、今期2016年3月期の1株配当は前期比ヨコヨコの65円予定と発表されています。ただ、ここ最近の同社は前期比ヨコヨコと発表しておきながら、結果的には5円〜10円増配という事が多かったんですよね。今期も70〜75円への増配なるかに個人的には注目しています。もし、70〜75円配当決定ということになれば株価にはかなりポジティブに働きそうですよね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ