西日本旅客鉄道[9021]から期末配当金となかなか当たらない施設見学会の案内。インバウンド・北陸新幹線人気で株価大ブレイク中ですね。 - 高配当株で配当金生活

西日本旅客鉄道[9021]から期末配当金となかなか当たらない施設見学会の案内。インバウンド・北陸新幹線人気で株価大ブレイク中ですね。

地元、関西を本社とする企業なので心情的には贔屓したいものの、よくよく考えると現在上場しているJR系3社の中ではどう考えても一番イマイチであるように思える[9021]JR西日本・西日本旅客鉄道。一時期は、万年ダメ・割安・高配当のまま放置の銘柄だったんですけれども、ここにきて北陸新幹線開業とインバウンド需要ブームの波に乗る形で、業績にも追い風となって来ているようです。

9021 株かチャート
※ 上記株価チャートはヤフーファイナンスから引用

[9021]西日本旅客鉃道 過去2年間株価チャート:そういう事もあってか、ここにきて[9021]西日本旅客鉃道の株価はうなぎ上りとなっているんですよね。私は同社は業績の変動の少ないディフェンシブ株式だと思って長年保有して来たのですが、ここまで株価が上がって来ると売りたくなる衝動に駆られて来てしまいますよね。300株を長期保有していると、優待の枚数が優遇されるので、できれば売りたくないんですけどね。

西日本旅客鉃道 施設見学会の案内

[9021]西日本旅客鉃道 施設見学会の案内:さて、交通系の会社では良く見かける『施設見学会』。この系統の会社の施設をタダで見学できるというのは、株主のオジサマ達からも人気が高いのか、交通系の施設見学会というのは毎回応募しているんですけれども、1回も当たった事がないんですよね。今回も、ダメじゃないかな・・と思いつつも応募はしているんですけどね。

西日本旅客鉃道 博多総合車両所見学です

[9021]西日本旅客鉃道 博多総合車両所見学です:今回の[9021]西日本旅客鉃道の施設見学は福岡県の博多総合車両所です。あれ?それってJR九州じゃないの!?と思われそうですけれども、新幹線は新大阪駅=博多駅までがJR西日本のエリアとなっておりまして、九州に入ってもしばらくは同社の営業エリアが続いているんですよね。同社の新幹線の基地は、是非とも一度見てみたいものですけれども、現実的には当たらないんでしょうね。

[9021]西日本旅客鉃道から配当金です。

9021 JR西日本 配当金

さて、今回は[9021]西日本旅客鉃道から1株当たり65円の期末配当金をいただきました。保有株数は300株でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は16,514円ということになりました。

参考:[9021]西日本旅客鉃道の株主優待制度(3月/年1回)

運賃・料金50%割引券(自社営業路線内)
■ 100株以上:100株毎に1枚
■ 1000株以上:10枚+200株毎に1枚
■ 10000株以上:55枚+300株毎に1枚
■ 20000株以上:100枚
※ 3年以上・300株以上株式を保有すると、優待の枚数が追加になります
※ その他、自社グループの旅行会社・百貨店などで使える割引クーポンもあります。

[9021]西日本旅客鉃道の主要指標(2015年7月28日現在)

■ PER:20.95倍(予想)
■ PBR:2.13倍(実績)
■ ROE:8.4%(実績)
■ 配当利回り:1.48%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:180.7→152.3→310.9→344.6→420.7(2016/03予想)
■ 直近5期の配当推移:80→90→110→125→130(2016/03予想)

では、最後に[9021]西日本旅客鉃道の主要な指標をチェックしておく事にしたいと思います。以前はPER1桁・PBR1倍割れ、配当利回りは3%台という状況だった同社。関西地区自体が首都圏などに比べて元気がないので、それも仕方ない事だと思っていたのですが、最近になって急に株価が上昇し、割安感は薄れてしまいました。

私自身は、関西エリアのこれからについては悲観的にみておりまして、ここまで株価が上がったのであればとりあえず100株は売っておくのもアリかも思っています。3年・300株保有していると優待の枚数が追加になるのでもったいないといえばもったいないのですが、それ以上に株価が上がっているのであれば今のインバウンド銘柄のブームのうちに、一度持ち株数を減らしておくのも戦略の1つと言えるんでしょうね。上がりすぎた株価は、いずれ下がるような気がしますからね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ