旧村上ファンドも絡んで来る[7517]黒田電機。配当性向目安の導入で今期配当は2倍以上へ大躍進です。☆国内高配当株式トップ10(2015年7月17日現在) - 高配当株で配当金生活

旧村上ファンドも絡んで来る[7517]黒田電機。配当性向目安の導入で今期配当は2倍以上へ大躍進です。☆国内高配当株式トップ10(2015年7月17日現在)

今回は2015年7月17日時点での国内高配当株式のトップ10を概観したいと思います。このランキングでは、私なら投資しても良いかな〜と思える独自のスクリーニング基準を使って、基準に当てはまった銘柄の中から上位10銘柄をご紹介しているランキングです。本編に入る前に、今週の私のツイートに関する雑談からスタートです。

私が個人口座で米国株を購入する時にメインとしているマネックス証券から衝撃のお手紙が届きました。その内容を見てみると、2013年12月をもって配当に関する軽減税率(10%)が廃止されたのにも関わらず、2013年〜2014年の年またぎの配当について本来20%で源泉徴収すべきところ、10%で源泉徴収してしまったものがあったということなんですよね。

日本株の場合、年またぎの配当というのはなかなかないと思うのですが、米国株の場合は12月の末頃に権利の確定が来る物が多く、私も数万円単位での追加の支払いとなってしまいました。今更『徴収しますので入金をお願いします』と言っても、おそらくは入金しなさそうなお客さんもいそうですよね。それはそれとして、証券会社なのにお金の計算でミスをしてしまうとは・・・と感じてしまった一件でありました。

たっちゃんのツイッターをフォローお願いいたします。

さて、今更ではありますが、実は私たっちゃんはTwitterのアカウントを持っております。アカウントをオープンして2年間の間は記事の更新情報を垂れ流すだけだったんですけれども、それではフォロワーさんの興味を惹き付けられないかなと思いまして、最近はそれ以外の事もはつぶやくようになりました。

私自身ののんびりした性格が災いして、このブログは『速報性』に欠ける所があるんですけれども、その『のんびりさ』についてはTwitterで速報を流す事にしてフォローしていきたいと思っています。

また、自分の保有している銘柄関連のニュース、本日の経済ニュースから自分の面白いと思ったもの、株主優待券を利用しての外食やお買い物などもご紹介したりもしています。そういうネタが面白いと思える方は、是非ともフォローをしていただければ幸いです。コメントなども出来るだけお返しするようにしておりますので、ボケつぶやきに面白いツッコミなどございましたら、お気軽にお願いします。

配当金生活向けの高配当銘柄ランキング。ランクイン基準は?

PERが20倍以下であること:タコ配傾向の銘柄はランクインしません
ROEが7%以上であること:資本コストは7%以上だと思うので
時価総額が50億円以上であること:極端な小型株は流動性の観点からカット
経常利益が前期比+であること:利益マイナスは嫌な感じがしますよね
自己資本比率が50%以上であること:財務が良い会社は安心できます

このランキングでは以上の5点を満たす銘柄を配当利回りが高い順にランク付けしています。なお、私が普段から基準にしている数字なので、元々保有している銘柄も多いのですが、実際に私が保有している銘柄には☆印を付けております。なお、データ作成にはSBI証券のスクリーニングデータを用いています。

過去のランキング1位・2位・3位が気になる方は!?

第136回(2015/07/10):リベレステ(4.89%)/夢真ホールディングス(4.81%)/京都きもの友禅(4.15%)
第135回(2015/07/03):リベレステ(4.72%)/夢真ホールディングス(4.45%)/京都きもの友禅(4.06%)
第134回(2015/06/26):リベレステ(4.67%)/夢真ホールディングス(4.45%)/京都きもの友禅(4.07%)
第133回(2015/06/19):リベレステ(4.66%)/夢真ホールディングス(4.21%)/京都きもの友禅(4.08%)
第132回(2015/06/12):リベレステ(4.67%)/京都きもの友禅(4.19%)/夢真ホールディングス(4.16%)

2015年7月17日現在のランキングです

1(+1):[2362]夢真ホールディングス:4.52%(-0.29%)
2(+1):[7615]京都きもの友禅:4.12%(-0.03%)
3(初):[7517]黒田電機:3.92%(-)
4(ー):[7995]日本バルカー工業:3.58%(-0.21%)
5(初):[5990]スーパーツール:3.53%(-)
6(+1):[2763]エフティコミュニケーションズ:3.50%(-0.04%)
7(ー1):[7637]白銅:3.47%(-0.09%)
8(ー):[4718]早稲田アカデミー:3.40%(-0.13%)
9(ー):[8624]いちよし証券:3.39%(-0.13%)
10(ー):[7551]ウェッズ:3.34%(-0.15%%)

今週のランキングを見てみたいと思います。今週は週を通じて国内株式は急反発となりましたので、高配当ランキングにランクインしている銘柄も株価が大きく上昇したものが多かったですね。ただ、このランキングでは1位の常連だった[8887]リベレステが今期2016年5月期の経常利益で1割強のマイナス予想と出てしまったため、集計対象外となってしまいまして、しばらくはランキングからお別れとなっています。最近の株価も軟調に推移しているようなので、個人的には買い増しを狙っているんですけどね。

さて、今回は久しぶりに2銘柄同時の新規ランクイン銘柄が登場していまして、それが3位の[7517]黒田電機と5位の[5990]スーパーツールですね。業務内容と業績推移・会社の規模的には[5990]スーパーツールの方が私好みの会社なのですが、[7517]黒田電機の方が最近話題の会社ですので、今週号ではこちらをご紹介することにしたいと思います。

この[7517]黒田電機は電子部品の専門商社でありまして、その中でも車の部品関係や液晶関係に強いようですね。最近は好景気のおかげもあって、この周辺の完成品の売れ行きが良いためか同社の業績も特に2014年3月期以降好調に推移しています。ちょっと景気の影響は受けやすそうな銘柄なので、私好みではないんですけどね。

同社が3位にいきなりランクインしてきた理由は同社の配当性向の引き上げにあります。元々、最近の同社は30円台の配当が続いていた所、これからは配当性向40〜65%程度に設定するようでありまして、その新方針に基づき今期2016年3月期の配当が36円→94円に大増配されることとなりました。実は、この配当性向の引き上げは旧村上ファンドが絡んでいる事のようでありまして、個人的にはちょっと苦手なタイプの銘柄ではあるんですけどね。

黒田電機[7517]の主要指標(2015年7月19日現在)

■ PER:13.53倍(予想)
■ PBR:1.21倍(実績)
■ ROE:9.9%(実績)
■ 配当利回り:3.92%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:89.5→134.0→186.9→189.4→186.0(2016/03予想)
■ 直近5期の配当推移:30→30→32→36→94(2016/03予想)

では、最後に黒田電機[7517]の主要な指標をチェックすることにしておきたいと思います。同社は前述のように、旧村上ファンド絡みの銘柄でありまして、今回の配当性向の大幅引き上げもそのおかげということになりますね。昔からの同社の株主であれば喜ばしい事だとは思うのですが、既に同社の株式はやや人気化しておりまして、ここから新規で購入というのはちょっと勇気のいる所ですね。

それでも、同社のメインとなる取扱い商品である『車』『液晶』関係の好況が今後も細く長く続くと読むのであれば、指標面では悪くはない銘柄と言えるのかもしれませんね。同社は配当性向を定めているので、いずれ不景気が来て業績が減速すれば減配される事も予想されます。そう思うと、本格的に購入するのは『不景気の時』というのがセオリーなので、購入するとしても少ない株数で中期投資目当てといきたい所ですね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ