アメリカの好配当銘柄約100銘柄に分散投資して高配当をゲット!? [DVY]米国好配当株式ETFから分配金をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

アメリカの好配当銘柄約100銘柄に分散投資して高配当をゲット!? [DVY]米国好配当株式ETFから分配金をいただきました。

当ブログのタイトルは高配当株で配当金生活なので、当然ながら株式セクターにおける投資の中心は『高配当株式』ということになりますね。このうち、国内の高配当株式については元々個別株中心に投資をしていたのですが、海外の高配当株式については今までは自分の英語力の壁もあったのでETFを中心に投資を行っていたのでした。今は米国株も徐々に個別株式に乗り換え中なんですけどね。

国内で購入出来る高配当系のisharesETF
■ [DVY]iシェアーズ好配当株式ETF
■ [HDV]iシェアーズ・コア米国高配当株ETF

さて、この米国ETFにつきまして私のブログで一番好んで投資しているのは米国ブラックロック社の『ishares』シリーズです。数えるのが面倒になるほどの種類が上場しているこのシリーズは当然『高配当銘柄』に投資しているものもございまして、それが上の2つのETFなんですよね。

なぜ、高配当系のETFが別々のインデックスをベンチマークとして2通り上場されているのかは私の検索能力では見つけ出せなかったのですが、それはさておき信託報酬の面ではDVYが0.39%、HDVが0.12%なので運用報酬を重視する方であればHDVがオススメということになりますね。ただ、投資銘柄についてはDVYの方が保守的に選択されている傾向にあるようでして、S&P500指数との連動性を示す『ベータ値』という数値を見る限りはDVYの方が株価の値動きがまったりとしているようです。

業種別の投資状況
※ 上記の表はisharesの公式ウェブサイトから引用

[DVY]iシェアーズ好配当株式ETF 保有上位業種:続いては[DVY]iシェアーズ好配当株式ETFが2015年7月中旬現在で保有する上位業種を見ておきたいと思います。同社のもう1つの高配当系のETFであるHDVに比べると保守的な銘柄が選択される傾向にあるというのは前述の通りなのですが、実際の保有業種を見てみると公益事業が31%台となっておりまして、株価の値動きが相対的にまったりというのも納得の結果だと思いますよね。

また、米国株のこの系統の商品で信託報酬が0.39%というのはちょっと高いと感じられる方もいらっしゃると思います。そういう方で、さらにある程度の投資余力があるという方は、このDVYが投資している上位の銘柄に適当に分散投資しておくと良いのかもしれませんね。そういうやり方も戦略の1つなのかなと思います。

株価の動き
※ 上記チャートはグーグルファイナンスから引用

[DVY]iシェアーズ好配当株式ETF 過去5年間の値動き:さて、ここで[DVY]iシェアーズ好配当株式ETFの過去5年間の値動き(青線)をチェックしておくことにしたいと思います。比較対象としているのは、アメリカの代表的な指数の1つであるダウ平均株価です。DVYは、その銘柄選択の都合上どうしてもやや保守的な値動きになってしまうのは仕方ないと思うのですが、2015年7月14日を起点とする過去5年間の値動きを見てみるとダウ平均株価と13%程度の違いでしかないんですよね。これを大きいと見るか、小さいと見るかは人によるでしょうか。

米国好配当株式ETFから分配金をいただきました。

DVY 分配金

さて、今回は[DVY]米国好配当株式ETFから1株あたり0.646357$分の分配金をいただいています。保有株数は1,370株でありまして、各種税金を差し引きますと実際に受け取った分配金の金額は635.07$という事になりました。この記事を書いている段階での為替レートを掛け合わせまして、実際に受け取った分配金の金額は78,323円です。

[DVY]米国好配当株式ETFの過去1年間の実績分配利回りは7月中旬時点で3.2%程度となっています。高配当で3%台前半というのはちょっと物足りないという方もいらっしゃると思いますが、そういう方は前述のようにこのETFが投資している銘柄の中からチョイスするというのもアリかもしれません。投資している銘柄を個別に見てみると、4%台の配当利回りというのは決して珍しい事ではないようですしね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ